26 6月 2017

【論文紹介】Challenges of Spinel Li4Ti5O12 for Lithium-Ion Battery Industrial Applications

Advanced energy materials, Volume 7, Issue 12 June 21, 2017 ; DOI: 10.1002/aenm.201601625
・スピネルLi4Ti5O12の3つの重要な産業アプリケーションの課題(急速充電、膨潤問題、および比較的低いエネルギー密度)についての最新の研究の進捗、および将来の開発方向性などのレビュー。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201601625/full

20 7月 2015

【論文紹介】A review of cathode materials and structures for rechargeable lithium–air batteries

Energy Environ. Sci., 2015, Advance Article
DOI: 10.1039/C5EE00838G, Review Article
First published online : 04 Jun 2015
・リチウムー空気電池の正極(空気極)のレビュー。
過去10年間で、非常に多くのカソード材料、構造および製造プロセスが開発されており、カソード性能を向上させる目的で調査。
・技術的な課題を分析し、非水系リチウム空気二次電池の空気極の開発課題を克服するための研究の方向性もしめされている。
02 6月 2015

【論文紹介】Three-dimensional network macro-porous cobalt oxide as catalyst for Li–O2 cells

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of power Sources, Volume 291, 30, September 2015, Pages 255-260
【概要】
・リチウム空気電池の触媒についての報告。
・三次元ネットワークの多孔質のCoOを触媒として合成した。
・Ketjen blackのみの触媒と比較して、分極が小さく、高容量である。
・この優れた電気化学特性は、この触媒のマクロ細孔と高い触媒活性によるものである。
31 5月 2015

【論文紹介】Porous Ni0.14Mn0.86O1.43 hollow microspheres as high-performing anodes for lithium-ion batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of power Sources, Volume 291, 30, September 2015, Pages 156-162
【概要】
・LiB用負極としての、多孔質中空Ni0.14Mn0.86O1.43 粒子についての報告。
・多孔質中空Ni0.14Mn0.86O1.43 粒子は、Ni2+ とNH3の錯体形成を基にした容易な方法で合成した。
・この材料の可逆容量は615mAh/gで理論容量の90%を取り出すことができた。
・800mA/gの高電流密度で150サイクル後も408mAh/gの容量であった。