26 1月 2018

【論文紹介】Effective regeneration of LiCoO2 from spent lithium-ion batteries: a direct approach towards high-performance active particles

出典:http://pubs.rsc.org/

Green Chem., 2018, Advance Article ; DOI:10.1039/C7GC02831H
・従来までの方法よりも、環境に優しく、より単純で、エネルギー効率の良い、LiB正極材のリサイクル技術について。
・サイクルアニールした電極粒子を水熱処理し、続いて短時間アニールすることによってカソード材料を再生する非破壊的手法を新たに開発した。
・この新手法は、従来の化学的な抽出法または固相合成アプローチとは異なり、容易で環境にも優しい方法。
・本手法でリサイクルしたLiCoO2粒子は、それらの元の形態および構造を保持し、新品の活物質と同等の容量、レート特性を示すことを確認。
<元記事>http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/gc/c7gc02831h#!divAbstract

17 1月 2017

【論文紹介(オープンアクセス)】Electrospun core-shell microfiber separator with thermal-triggered flame-retardant properties for lithium-ion batteries | Science Advances

出典:http://advances.sciencemag.org/

Science Advances 13 Jan 2017:Vol. 3, no. 1, e1601978, DOI: 10.1126/sciadv.1601978
・リチウムイオン電池を燃えにくくするセパレータ。
・難燃剤をポリマー層で封入した繊維を電界紡糸によって不織布セパレータとした。
・電池の異常時の熱によってポリマーが溶解し、難燃剤が放出されるため、発火を抑制できる。
・通常の電池使用時には難燃剤はポリマー層に封入されているため、電池に悪影響を及ぼさない。
<元記事>http://advances.sciencemag.org/content/3/1/e1601978

15 1月 2016

【論文紹介(オープンアクセス)】Fast and reversible thermoresponsive polymer switching materials for safer batteries : Nature Energy

出展:http://www.nature.com/

Nature Energy 1, Article number: 15009 (2016) doi:10.1038/nenergy.2015.9
・熱暴走などに対する安全化技術。
・集電体上に熱により抵抗値が変化する膜を形成した。
・その膜は、熱膨張率の大きなポリマーに分散したグラフェンでコートしたスパイク状のニッケル粒子からなる。
・室温においてこの膜は50S/cmであるが、転移温度に達すると、1秒以内で7〜8桁程抵抗が上がる。
・さらに、室温に戻すと導電性は回復する。
<元記事>http://www.nature.com/articles/nenergy20159