03 6月 2019

【論文紹介】Building aqueous K-ion batteries for energy storage | Nature Energy

出典:https://www.nature.com/

Nature Energy (2019). DOI: 10.1038/s41560-019-0388-0
・水系のカリウムイオン電池に関する報告。
・正極にプルシアンブルー誘導体(KxFeyMn1 − y[Fe(CN)6]w·zH2O)、有機物負極(3,4,9,10-perylenetetracarboxylic diimide)、電解液に22Mの高濃度KCF3SO3水溶液(Water-in-salt)を用いた。
・80Wh/kgのエネルギー密度で、100Cで10,000サイクル後に70%の容量維持率、-20℃〜60℃の温度範囲で良好な充放電が可能。
・水系にすることで、安価で安全な定置用電源としての可能性を示した。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41560-019-0388-0

この研究が実用化できるかは置いておいて、日本でも産業が起こるときは、様々な発想の研究が行われていた。
最近は、大きいものに巻かれるような状況のようにも思えて、寂しい気がする。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 9月 2017

【論文紹介】Reversible multi-electron redox chemistry of π-conjugated N-containing heteroaromatic molecule-based organic cathodes

出典:https://www.nature.com/

Nature Energy 2, Article number: 17074 (2017);doi:10.1038/nenergy.2017.74
・有機活物質に関する報告。
・環状カルボニル分子とo-フェニレンジアミンの縮合によるπ共役キノキサリン系ヘテロ芳香族分子(3Q)を合成。
・ 3Qをグラフェンとハイブリダイズし、エーテルベースの電解質を用いて充放電を行ったところ、1.2~3.9Vの電圧範囲において1Cで395mAh/gの放電容量を示し、 8A/gで10,000サイクル後にほぼ70%の容量保持率を示した。
・また、20Cでも222mAh/gの容量を示し、初期比容量の60%に相当する。
・複数の酸化還元サイトを有するヘテロ芳香族分子が、高エネルギー密度、長サイクル寿命有機蓄電池の開発において有望であると考えられる。
<元記事>https://www.nature.com/articles/nenergy201774