16 6月 2018

【論文紹介】High energy-density and reversibility of iron fluoride cathode enabled via an intercalation-extrusion reaction

出典:https://www.nature.com/

Nature Communicationsvolume 9, Article number: 2324 (2018) 、doi: 10.1038/s41467-018-04476-2
・インターカレーション/コンバージョン反応により高い容量を示すフッ化鉄を元素置換することで充放電の可逆性を高めた。
・フッ化鉄中へカチオンであるコバルトとアニオンである酸素を共ドーピングしたナノロッドを作製した。
・カチオンとアニオンを共ドーピングすることで、熱力学的にコンバージョン反応電位を低下させ、充放電の可逆性を高められる。
・結果として、この材料は1サイクルあたりの劣化率が0.03%で、100Wh/kgの可逆容量を示した。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41467-018-04476-2

22 12月 2016

【論文紹介】Negating interfacial impedance in garnet-based solid-state Li metal batteries : Nature Materials

出展:http://www.nature.com/

Nature Materials (2016) doi:10.1038/nmat4821
・ガーネット型固体電解質を用いたリチウム金属電池についての報告。
・ガーネット型固体電解質はリチウム金属電位から6V程度までの安定した電位窓を持つ。
・しかしながら、電極材料と固体電解質の固体ー固体界面の高い抵抗が課題だった。
・そこで、本検討では金属リチウムを固体電解質の間に、原子堆積法により極薄酸化アルミニウム膜を形成することで界面抵抗の低減を試みた。
・これにより、界面抵抗が1,710 Ω cm2 to 1 Ω cm2に低減した。
・酸化物コーティングがガーネット電解質表面と接触した金属リチウムの濡れ性を向上し、リチウム化アルミナ界面がリチウム金属アノードとガーネット電解質との間の効果的なリチウムイオン輸送を可能にすることを明らかにした。
<元記事>http://www.nature.com/nmat/journal/vaop/ncurrent/full/nmat4821.html

17 6月 2016

【論文紹介オープンアクセス】Visualizing non-equilibrium lithiation of spinel oxide via in situ transmission electron microscopy : Nature Communications

出展:http://www.nature.com/

Nature Communications 7, Article number: 11441 doi:10.1038/ncomms11441
・スピネル型の遷移金属酸化物正極の非平衡なリチオ化の可視化に関する報告。
・歪の影響を受けやすい明視野走査型透過電子顕微鏡を使用して、スピネル型マグネタイトナノ結晶のリチオ化をその場観察。
・この手法により、原子レベルでのイオン占有率を把握できる。
・本手法は他のスピネル型のリチウム金属酸化物へも応用できる。
<元記事>http://www.nature.com/ncomms/2016/160509/ncomms11441/full/ncomms11441.html