03 6月 2019

【論文紹介】Building aqueous K-ion batteries for energy storage | Nature Energy

出典:https://www.nature.com/

Nature Energy (2019). DOI: 10.1038/s41560-019-0388-0
・水系のカリウムイオン電池に関する報告。
・正極にプルシアンブルー誘導体(KxFeyMn1 − y[Fe(CN)6]w·zH2O)、有機物負極(3,4,9,10-perylenetetracarboxylic diimide)、電解液に22Mの高濃度KCF3SO3水溶液(Water-in-salt)を用いた。
・80Wh/kgのエネルギー密度で、100Cで10,000サイクル後に70%の容量維持率、-20℃〜60℃の温度範囲で良好な充放電が可能。
・水系にすることで、安価で安全な定置用電源としての可能性を示した。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41560-019-0388-0

この研究が実用化できるかは置いておいて、日本でも産業が起こるときは、様々な発想の研究が行われていた。
最近は、大きいものに巻かれるような状況のようにも思えて、寂しい気がする。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

27 1月 2017

【論文紹介】Understanding the effects of surface reconstruction on the electrochemical cycling performance of the spinel LiNi0.5Mn1.5O4 cathode material at elevated temperatures

出典:http://pubs.rsc.org/

J. Mater. Chem. A, 2017,5, 822-834, DOI: 10.1039/C6TA08636E
・高充電圧正極LiNi0.5Mn1.5O4のTiO2による表面改質の影響を詳細に調査した。
・TiO2による表面改質により、55℃におけるサイクル性能が飛躍的に向上する。
・高温での表面改質プロセス中にチタンイオンがLiNi0.5Mn1.5O4のTiO2の表面に移動し、1〜3nmの表面でスピネル構造が岩塩型構造に再構成され、数nmの表面で安定な疑似岩塩型の構造になることを明らかにした。
<元記事>http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2017/ta/c6ta08636e#!divAbstract

25 11月 2015

【論文紹介】Review—Nano-Silicon/Carbon Composite Anode Materials Towards Practical Application for Next Generation Li-Ion Batteries

J. Electrochem. Soc. 2015 volume 162, issue 14, A2509-A2528
・ナノシリコン/カーボン複合負極についてのレビュー。
・シリコンアノードは体積変化や副反応物の堆積などの課題が多く、ナノシリコン/カーボン複合負極が実用的であると考えられている。
・本論文では、ナノシリコン/カーボン複合電極の課題と、その対策についての最近の研究がまとめられている。
<元記事>http://jes.ecsdl.org/content/162/14/A2509.abstract