13 4月 2019

【論文紹介】Anti‐Oxygen Leaking LiCoO2 – Sharifi‐Asl – – Advanced Functional Materials

Advanced Functional Materials, 2019; 1901110 DOI: 10.1002/adfm.201901110
・イリノイ大学シカゴ工科大学の研究者らが、グラフェンで被覆したコバルト酸リチウムの熱安定性を高め、高電圧での酸素放出を抑制することを確認した。
・rGO/LCOの界面において、強いC-Ocathode結合を形成しており、それによって酸素放出を抑制する。
・このグラフェン被覆LCOは高いカットオフ電圧において、未被覆品に比べて顕著にサイクル容量維持率が向上することを確認した。
<元記事>https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/adfm.201901110

高電位で活物質が分解しない対策は、ドーパントや形状、結晶性の制御で行われることが多かった。
このような被服でも効果があるのであれば、新しい選択が増えたことになる。C-0結合云々の原理説明が正しければ三元系やNCAなどにも展開できるということになる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

12 8月 2017

【論文紹介】Open-Structured V2O5·nH2O Nanoflakes as Highly Reversible Cathode Material for Monovalent and Multivalent Intercalation Batteries

Advanced Energy Materials Volume 7, Issue 14 July 19, 2017;DOI: 10.1002/aenm.201770077
・V2O5·nH2Oは多電子酸化還元反応を示し、大きなイオンや多価イオンをホストすることが可能な高容量層状正極材料として注目されている。
・しかしながら、V2O5·nH2Oは構造の不安定さ、電子及びイオン伝導性の低さの課題がある。
・今回、導電性のステンレスメッシュ状に直接自己組織化花弁状V2O5·nH2Oナノフレークを水熱法で合成し、300℃で熱処理することにより、構造の安定化、電気及びイオン伝導を改善することができた。
・結果として、2.0〜4.0VでNa及びLiイオンを100サイクル挿入脱離させた後に、それぞれ110mAh/g、250mAh/gの容量を確認した。
・また、Alイオンを用いて0.1〜2.5Vで100サイクル後には80mAh/gの容量であった。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201770077/full