03 6月 2019

【論文紹介】Building aqueous K-ion batteries for energy storage | Nature Energy

出典:https://www.nature.com/

Nature Energy (2019). DOI: 10.1038/s41560-019-0388-0
・水系のカリウムイオン電池に関する報告。
・正極にプルシアンブルー誘導体(KxFeyMn1 − y[Fe(CN)6]w·zH2O)、有機物負極(3,4,9,10-perylenetetracarboxylic diimide)、電解液に22Mの高濃度KCF3SO3水溶液(Water-in-salt)を用いた。
・80Wh/kgのエネルギー密度で、100Cで10,000サイクル後に70%の容量維持率、-20℃〜60℃の温度範囲で良好な充放電が可能。
・水系にすることで、安価で安全な定置用電源としての可能性を示した。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41560-019-0388-0

この研究が実用化できるかは置いておいて、日本でも産業が起こるときは、様々な発想の研究が行われていた。
最近は、大きいものに巻かれるような状況のようにも思えて、寂しい気がする。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 6月 2016

【論文紹介オープンアクセス】Visualizing non-equilibrium lithiation of spinel oxide via in situ transmission electron microscopy : Nature Communications

出展:http://www.nature.com/

Nature Communications 7, Article number: 11441 doi:10.1038/ncomms11441
・スピネル型の遷移金属酸化物正極の非平衡なリチオ化の可視化に関する報告。
・歪の影響を受けやすい明視野走査型透過電子顕微鏡を使用して、スピネル型マグネタイトナノ結晶のリチオ化をその場観察。
・この手法により、原子レベルでのイオン占有率を把握できる。
・本手法は他のスピネル型のリチウム金属酸化物へも応用できる。
<元記事>http://www.nature.com/ncomms/2016/160509/ncomms11441/full/ncomms11441.html