28 9月 2016

【論文紹介】Using electrochemical surface plasmon resonance for in-situ kinetic investigations of solid electrolyte interphase formation in lithium ion battery

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 330, 31 October 2016, Pages 127–131
・SEI形成の詳細を確認する新たな解析法”その場電気化学的表面プラズモン共鳴(EC-SPR)”についての報告。
・EC-SPR法は、SEIの形成速度、重量、をリアルタイムで、且つ、非破壊でその場観察可能。
・Li-Auの合金化反応を例にECによるSEIの形成を観察したところ、5.858ナノgのSEIが0.004ナノg/secで形成されることを確認。
・EC-SPRは、SEI形成のその場観察における強力なツールとなりうる。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775316311764