01 4月 2019

【ニュース】SK Innovation ポーランドにセパレータ工場建設

・SK Innovationは、2019年第3四半期にポーランドにあるLiB用セパレータと、セラミックスコーティングセパレータの新工場を着工し、2021年の第3四半期に量産を開始する予定、と発表。
・工場が完成すると、年間3億4000万平方メートルのセパレータと1億3000万平方メートルのセラミックスコーティングセパレータ生産能力をとなる。
・最近、同社は中国やポーランドを含む他の国々にもプラントを建設する一連の計画を発表しており、中国とポーランドでの海外工場の完成により、SK Innovationsの生産能力は年間12億平方メートルに拡大する予定。
<元記事>https://www.prnewswire.co.uk/news-releases/sk-innovation-announced-its-plan-to-build-a-libs-plant-in-poland-808861243.html

セパレーターは電池材料の中でも単価の高い材料である。それを電池メーカーが自ら作ることで電池単価を下げられる可能性がある。
SKIは電池工場投資に積極的であり、それに合わせた増産であろう。
余談であるが、昔、自動車メーカーは高い部品があれば自ら作ることで単価を下げることをしてきた。それが参入障壁になり高い利益率を得る仕組みにつながった。最近、その壁が一つ一つ崩されている。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 3月 2019

【ニュース】SKイノベーション ハンガリー第二電池工場建設開始 – electrive.com

・3月8日、SK Innovationは正式に2月末に発表したハンガリーで第2のバッテリーセル工場の建設を開始した。
・SK Innovationは、2025年までに100億ドルを投資し、その生産能力を年間約100GWhに増やす予定。
・この工場は2020年初頭にセル生産を開始する予定で、2022年に完成すると、年間生産能力は7.5 GWhになる。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/03/19/hungary-sk-innovation-starts-construction-of-2nd-battery-factory/

SKIは売り上げ5兆円、営業利益3000億円程度である。1兆円は会社の規模から考えるとかなり大型である。EV市場の成長にかけているのであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

01 3月 2019

【ニュース】SKイノベーション ハンガリーEVバッテリーの第2工場を建設_Argus Media

・SK Innovationは、9452億ウォン(844.3百万ドル)を投資してハンガリーに第2バッテリー工場を建設する。
・この工場は来月に着工し、2020年上期に完成する予定。
・完成すれば、7.5GWh/年の生産能力を持つ予定。
・2022年末までにSKイノベーションを60GWhの生産能力を持つことを目指す。
<元記事>https://www.argusmedia.com/en/news/1856567-sk-to-build-second-hungary-ev-battery-plant

最近、中国国外ではSKの動きが活発である。過去にモバイル商品では低価格でシェアを得ることで韓国や中国電池メーカーが主導権を握った。今回も同様の思惑があるのであろうか。モバイルと自動車の市場や製品の違いを見極めた動きであるか注目していきたい。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 2月 2019

【ニュース】PolyPlusとSKがリチウム金属電池の共同開発契約を締結- Green Car Congress

・イオン伝導性ガラスセパレータを備えた最初のリチウム金属二次電池の開発を行っているPolyPlus Battery CompanyとSK Innovationは共同開発契約を締結した。
・PolyPlus Battery Companyは、カリフォルニア州バークレーに本社を置き、リチウム硫黄、リチウム空気、リチウム水電池のコア技術である保護リチウム電極(PLE)を発明し、特許を取得している。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/02/20190220-polyplus.html

ここ2年ぐらいは、電池ベンチャーへの投資が過熱している。市場に影響するようなものを出せるかは懐疑的であるが、研究リソーセスを有効に使うためにこのような投資をしていくのは有効である。スピードをあげるのにも有効で、固定資産や人員を抱えるリスクも低減できる。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

11 1月 2019

【ニュース】SKイノベーション VWからの大量発注を受けて $10 Billion のバッテリー投資へ – Bloomberg

・SKイノベーションの現在の電池生産能力は年間4.7GWhであるが、2022年までに60GWhに達する目標を掲げた(これまでは55GWhと発表していた)。
・先月、同社は、フォルクスワーゲン、ダイムラー、現代自動車グループなどへの供給のため、16億7000万ドルを投資して米国工場を建設することを発表した。
・このジョージア州の施設は2025年までに50GWhの容量まで拡張する予定で、およそ50億ドルの投資となる。
・ また、中国に2つの工場とハンガリーに1つの工場を建設している。
<元記事>https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-01-10/sk-innovation-eyes-10-billion-battery-bet-after-major-vw-order

アメリカでは政府の援助を受けてLGがすでに大型の工場を稼働させている。VW、ダイムラー、現代はそれを選択しなかったことになる。日系の企業はどのような選択をするか注目していきたい。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 12月 2018

【ニュース】韓国の車載向け電池、中国以外も開拓  :日本経済新聞

・韓国の車載向けリチウムイオン電池メーカーが「中国+1」の市場開拓に走り出した。
・新興勢力のSKイノベーションは2022年までに米欧などで新工場を稼働。
・世界4位のLG化学は19年秋に中国で稼働させる工場で輸出に注力する。
・中国は車載向け電池の需要が世界最大だが、政府の規制や地場大手との競争が厳しい。電気自動車(EV)の成長が見込める欧州なども開拓し、シェア拡大を狙う。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39482180X21C18A2FFJ000/


◯解説:
今後、電池メーカーの特色が出てくるかもしれない。今回のニュースのように他者に先んじて中国以外の地域に力を入れたり、乗用車向け以外の市場に注力するなど。
地域ならインドや東南アジアなどの化石燃料の輸入国、商品であれば大型の車両や定置用。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

07 12月 2018

【ニュース】SK イノベーション 米ジョージア州に電池工場建設のため、$1.67 Billion拠出

・SK イノベーションが米ジョージア州に電池工場を建設すると発表。
・SKイノベーションによれば投資額は16億7000万ドル、2,000人以上の雇用が創出されるとのこと。
・生産能力についての詳細な発表はなかったが、米国で最も大きな生産能力を持つ(テスラgigafactoryを超える)とのこと。
・2019年から着工予定。
<元記事>https://insideevs.com/sk-innovation-battery-plant-georgia/

<X’s EYE>
◯解説:
15GWh/年程度の生産だろうか。EVだと30万台弱。市場を見ながら徐々に工場を拡大するのであろう。

28 11月 2018

【ニュース】SKイノベーション アメリカ初の電池工場建設 – electrive.com

・韓国のバッテリーメーカーSKイノベーションは、米国で初めて電気自動車市場向けの工場を計画している。
・SKは、ジョージア州の生産拠点に約10億ドルを割当て、2019年に建設を開始する予定。
・SKイノベーションは、2022年以降、年間9.8GWhのバッテリーを供給する計画。
<元記事>https://www.electrive.com/2018/11/26/sk-innovation-to-build-first-battery-cell-factory-in-usa/

<X’s EYE> 
◯解説:
従来USの環境規制はカリフォルニア州が先導し、それの追随する形でアメリカ全土に広がっていく。今回のEVに重きを置いた法規は思ったほど波及していかない。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方(有料)>[/sg_popup]

14 11月 2018

【ニュース】 韓国主要電池メーカー 1000億ウォン(約78百万ユーロ)のファンドを創設- electrive.com

・韓国の3大電池メーカであるSKイノベーション、LGケミカル、サムスンSDIは、1000億ウォン(約78百万ユーロ)のファンドを創設し、電池技術の研究開発を促進し、有望な新興企業を支援することを目指す。
・このような資金の支援は、韓国の電池メーカーが主に中国に対して市場シェアを失っていることへの対応策である。
・ソン・ユンモ(ソン・ユンモ)貿易産業資源部長官は、ソウルで開かれた会議に出席し、電池市場を「メモリ半導体を超える新興高成長産業」と呼び、電池メーカーが韓国の電池会社による新技術への投資に対する積極的な支援を期待できると付け加えた。
<元記事>https://www.electrive.com/2018/11/13/korea-major-battery-cell-makers-form-₩100bn-fund/

◯解説:
企業の研究開発費の負担が減ることになるので、コスト競争力がつくのは間違えないであろう。過去に韓国は国で電力を負担するなどして支援をしていたが、それに比べるとまともな政策である。ただ、CATLに比べ単価で大きく負けているわけではない。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

14 11月 2018

【ニュース】フォルクスワーゲングループ「MEB」用の電池サプライヤーとして、SKイノベーションを選択 – Green Car Congress

・フォルクスワーゲングループは、次世代のEV向けに新開発したモジュラープラットフォーム、「MEB」用の電池の第4の主要サプライヤーとして、SKイノベーション(SKI)を選択した。
・ロードマップEの枠組みの中で、フォルクスワーゲングループのブランドは、2025年までに50種類の新しいフル電気モデルを道路に投入する予定で、そのためには2025年まで年間150GWhを超えるバッテリー容量を必要としている。
・これにより、フォルクスワーゲングループは、LG Chem、Samsung、SKIを欧州の戦略的パートナーとして迎え入れたことになり、これらのパートナーは2019年からのバッテリーを供給する。
・加えてSKIは2022年からのグループの北米市場への需要をカバーする予定。
・CATLは中国の戦略的パートナーとして指名され、2019年からグループの自社電動化車両用バッテリーを供給する。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2018/11/20181113-vw-1.html

<X’s EYE> 
◯解説:
現状、電池は各社で仕様や性能が変わる。これを使いこなすためには相当の開発費をかけることになる。電池の選択肢が増えることは経営上安定するように思えるが実際には、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]