12 8月 2017

【論文紹介】Open-Structured V2O5·nH2O Nanoflakes as Highly Reversible Cathode Material for Monovalent and Multivalent Intercalation Batteries

Advanced Energy Materials Volume 7, Issue 14 July 19, 2017;DOI: 10.1002/aenm.201770077
・V2O5·nH2Oは多電子酸化還元反応を示し、大きなイオンや多価イオンをホストすることが可能な高容量層状正極材料として注目されている。
・しかしながら、V2O5·nH2Oは構造の不安定さ、電子及びイオン伝導性の低さの課題がある。
・今回、導電性のステンレスメッシュ状に直接自己組織化花弁状V2O5·nH2Oナノフレークを水熱法で合成し、300℃で熱処理することにより、構造の安定化、電気及びイオン伝導を改善することができた。
・結果として、2.0〜4.0VでNa及びLiイオンを100サイクル挿入脱離させた後に、それぞれ110mAh/g、250mAh/gの容量を確認した。
・また、Alイオンを用いて0.1〜2.5Vで100サイクル後には80mAh/gの容量であった。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201770077/full