13 7月 2019

【コラム】新幹線の“電池走行”、技術はどこまで進化したか

・JR東海は10日、2020年7月に投入を予定する新型の新幹線車両「N700S」で採用する機能の一つ、バッテリー自走システムによる走行試験を公開した。
・電池を動力源とできる高速鉄道車両の実用化は世界初。
・二次電池を標準搭載するN700Sでは、災害で長時間停電した際、トンネルや橋りょうの中間部に停車したとしても、架線からの電力を使わず、自力で安全な場所まで移動できるのが特徴。
・東芝の二次電池「SCiB」を搭載した。容量などは非公表。
<元記事>https://newswitch.jp/p/18391

SCiBは回生をとるのには適した電池である。原理的には温度依存の耐久性能もいい。インフラ関係で需要を伸ばしておりさらに市場が拡大するのではないだろうか。しかも、世の中どこもかしこも自動車ばかり見ていてライバルが少ない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

11 7月 2019

【ニュース】東芝 SCiB性能向上へ | 化学工業日報

・東芝は、独自のリチウムイオン2次電池(LiB)「SCiB」の性能向上に磨きをかける。
・2030年以降の実用化を目指し、セラミックスとリチウムイオン伝導性ゲルポリマーによるハイブリッド固体電解質の開発を進める。
・電極と電解質の界面を改善し、バイポーラ型電池を実現する。
・20年代前半には、電池容量で現在採用しているLTO(チタン酸リチウム)の3倍のポテンシャルを持つNTO(チタンニオブ系酸化物)負極や、電極に直接絶縁膜を形成するSCdEの開発を推進。
・段階的にSCiBのポテンシャルを最大化していく。
<元記事>https://www.chemicaldaily.co.jp/東芝は scib性能向上へ/

バイポーラはHEVなどの電池容量がそれほど必要がない用途には価値があるかもしれない。もちろん電池容量も大きくなればいいが、他の性能をおとすぐらいなら使わない方がいい。二つの技術を盛り込んだ電池を開発しているようだが、切り分けて考えた方がおもしろいのでは。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

08 5月 2019

【ニュース】日産 デイズ・三菱 eKワゴン・eKクロス 新型 東芝の二次電池SCiBを採用 | レスポンス

・東芝は5月7日、同社の二次電池「SCiB」が日産『デイズ/デイズハイウェイスター』および三菱『eKワゴン/eKクロス』に採用されたと発表。
・新型デイズおよびeKワゴンは、減速時の運動エネルギーを高効率に充電し、発電によるエンジンの負担を軽減、燃料消費を抑制し低燃費を実現する充電制御、不要なアイドリングによる燃料消費をカットするためのアイドリングストップ機構。
・また、新型デイズハイウェイスターおよびeKクロスは、発進時および走行時のモータアシストを可能とするマイルドハイブリッド機構を搭載。
・SCiBの需要は拡大しており、東芝では設備投資やアライアンス等により製造能力の拡充を推進。国内では、現在の製造拠点である柏崎工場に加え、同社横浜事業所内に新たな製造工場の新設を計画、海外ではスズキ、デンソーとの合弁によるインド工場の設立を進めている。
<元記事>https://response.jp/article/2019/05/07/322032.html

先日、CATLの電池を使って45度以下で制御という記事があった。それが事実であれば、SCiBようなエネルギー密度が低い電池にも注目が集まるのではないだろうか。自動車メーカーは車両として価値がある電池をもう一度見直してはどうだろうか?

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

30 4月 2019

【コラム】日産「デイズ」に東芝電池が採用された深いワケ | 東洋経済オンライン

・経営再建中の東芝が次の成長の柱に掲げるリチウムイオン2次電池「SCiB」で日産自動車から初めて受注した。
・「新型デイズは東芝製電池でないと多くの条件を満たせなかった」。日産の開発エンジニアはそう明かす。
・自動車の運転は加減速が多いため、急速な充電が必要なうえ、高い耐久性と安全性が求められる。東芝製電池はこうした急速充電、安全、長寿命の評価が高く、使いやすいという。
・東芝の高見則雄・研究開発センター首席技監は「われわれが狙っているのはロングドライブよりも、カーシェアなど近距離で利用頻度が高い領域」としたうえで、「長い距離はエネルギー密度やコスト面などで東芝製が不得意なのは確かだ。だが、逆にコミューターやコンパクト、シェアカーには合っており、そこで力を発揮できる。(高級EV車でロングドライブする)テスラへの搭載を目指すわけではない」と説明する・・
<元記事>https://toyokeizai.net/articles/-/278852

日産というよりは三菱自動車の知見が反映されているのかもしれない。三菱自動車は、iMieVでLTOを使用したSCiBとグラファイトを用いたLIBの両方を使った実績がある。
電動車はまだ数が少ない。数が少ない今だからからこそ自動車メーカーは周りや過去の知見に縛られないチャレンジをすべきではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

12 4月 2019

【ニュース】東芝、日産から蓄電池を初受注  :日本経済新聞

・東芝は日産自動車からリチウムイオン2次電池を初めて受注した。
・全面刷新してこのほど発売した主力の軽自動車「デイズ」に採用され、減速時に電力をためるブレーキに使う蓄電池として組み込まれている。
・東芝の自動車向けの電池は採用が増えており、新たな柱に育てたい考えだ。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43595170Q9A410C1916M00/

SCiBなのであろうか?
SCiBは使ってみるとその魅力がわかる電池である。グラファイトを使用した電池より、ランニングコストの視点でみると優れている。車両のように長期で商品を保証したいものに対しても。
初期コストだけで電池を選択しない考え方は近いうちに多くの方が理解するのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

06 3月 2019

【ニュース】ハイブリッドの貨物船公開 国内初リチウムイオン電池搭載 – SankeiBiz(サンケイビズ)

・新日鉄住金グループのNSユナイテッド内航海運(東京)は4日、国内初となるリチウムイオン電池を搭載したハイブリッド型の貨物船を東京都内で公開した。
・東芝製のリチウムイオン電池24個で構成したユニットを2828個設置した。
・市販のハイブリッド車(HV)で約2700台分の電池に相当する。
・電池だけで最大約6時間の航行が可能。
<元記事>https://www.sankeibiz.jp/business/news/190305/bsc1903050500007-n1.htm

CO2の排出を減らしていくには、このような輸送部門の努力が必要不可欠であり今後さらに電動化が進むであろう。
市場自体は乗用車ほどではないが、利益率で考えるのであれば有望な領域ではないだろうか。また、求められる二次電池性能は耐久性能や出入力密度であり、電池の進化をチャレンジするアイテムとしても面白いのではないだろうか。

<弊社では、モビリティ全般に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

28 12月 2018

【ニュース】東芝 東芝インフラストラクチャシステムからSCiB電池事業を取得

出典:https://bioage.typepad.com/

・東芝は、東芝インフラストラクチャシステム&ソリューションズコーポレーション(TISS)からSCiB電池事業を取得し、東芝の独立事業部とした。
・この再編は、11月8日に発表された東芝の次期計画の戦略によるものであり、電池事業を新たな成長事業として位置付ける。独立した事業として位置づけることで、より迅速な意思決定を可能にする。・
・SCiBの需要は高まっており、東芝は設備投資を行い生産能力を拡大している。 国内では、神奈川県横浜市に生産拠点を新設し、新潟県の生産拠点の柏崎事業所を増強する。・
・現在、電気自動車用のチタンニオブ酸化物アノードの高エネルギー密度電池の開発を進めている。
・ビジネスチャンスの拡大を推進することで、2030年に4,000億円(36億米ドル)の売上を目指す。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2018/12/20181227-scib.html


◯解説:
電池だけを販売しようとすると、電池の仕様の自由度が下がる。一方、パック、システムまで自社で手がけると電池自体の仕様は自社の思いを注入することができる。それを体現した例かもしれない。
一般的には、このような戦略は低コスト化にもなる。ただ、東芝の受注先は行政絡みが多い。コスト視点でも魅力が出てくれば民間も獲得しやすくなるかもしれない。もしくは、「ロケット品質」みたいに・・・

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 11月 2018

【ニュース】東芝 ジョンソンコントロールズとのリチウムイオン電池事業で協業- CNET Japan

・東芝インフラシステムズ株式会社とジョンソンコントロールズパワーソリューションズは、車載システム向けリチウムイオン電池事業で協業することに合意。
・両社はミシガン州ホランドのJCIの工場でリチウムイオン電池の製造および鉛蓄電池と組み合わせた車載向け製品の開発・製造を行う。
<元記事>https://japan.cnet.com/release/30283079/

<X’s EYE> 
◯解説:
48Vや鉛代替向けの連携だと思われる。SCiBはそれ向けに適した充放電プロファイルを持っている。正負極材料の選択が重要である。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方(有料)>[/sg_popup]

21 11月 2018

【ニュース】JR九州:電力貯蔵装置、唐津変電所に初導入 – 毎日新聞

・JR九州は20日、電車が減速する際に生じる「回生電力」を蓄えて走行に再利用する電力貯蔵装置を、筑肥線の唐津変電所(佐賀県唐津市)に初めて導入した。
・JR九州は筑肥線福吉(福岡県糸島市)-西唐津(唐津市)間(19キロ)に電力を供給する唐津変電所に設置。両駅間の年間使用電力の8%に相当する36万5000キロワット時(一般家庭約90世帯分)を削減できる。
・東芝子会社のリチウムイオン電池システムを活用する。
<元記事>https://mainichi.jp/articles/20181121/k00/00m/020/083000c

<X’s EYE> 
◯解説:
コスト面でこれが多くの一般家庭に普及する姿は描けないが、ニッチかもしれないが事業者向けなどで採用されていくかもしれない。また、電車以外のインフラの回生エネルギーを有効活用にも参考になる実証試験になるであろう。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

07 11月 2018

【ニュース】栃木の2社、電動運搬車を5分で充電 豊洲市場に導入  :日本経済新聞

・栃木県の自動車関連企業2社が連携し、年内にも東京・豊洲市場(江東区)に運搬用の電動三輪車を複数台同時に5分程度で充電できる急速充電器を設置する。
・従来は1台のフル充電に約5時間を要していた。電動車の課題となっている充電時間を短縮して利便性を高め、将来的には電気自動車(EV)などへの応用にもつなげる考えだ。
・電池は、東芝のリチウムイオン電池「SCiB」が用いられる。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37388420V01C18A1L60000/

<X’s EYE> 
◯解説:
急速充電できるLIBがないわけではない。商品性を担保し、高エネルギー密度と両立したLIBがないだけである。最近の技術の多くはそのような背景を無視したものが多い。SCiBのエネルギー密度は200Wh/L程度である。BECやPanaなどが生産しているHEV向けの電池はもう少しエネルギー密度が低いがSCiBより圧倒的に高い充電性能を示す。これら、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]