13 4月 2019

【論文紹介】Anti‐Oxygen Leaking LiCoO2 – Sharifi‐Asl – – Advanced Functional Materials

Advanced Functional Materials, 2019; 1901110 DOI: 10.1002/adfm.201901110
・イリノイ大学シカゴ工科大学の研究者らが、グラフェンで被覆したコバルト酸リチウムの熱安定性を高め、高電圧での酸素放出を抑制することを確認した。
・rGO/LCOの界面において、強いC-Ocathode結合を形成しており、それによって酸素放出を抑制する。
・このグラフェン被覆LCOは高いカットオフ電圧において、未被覆品に比べて顕著にサイクル容量維持率が向上することを確認した。
<元記事>https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/adfm.201901110

高電位で活物質が分解しない対策は、ドーパントや形状、結晶性の制御で行われることが多かった。
このような被服でも効果があるのであれば、新しい選択が増えたことになる。C-0結合云々の原理説明が正しければ三元系やNCAなどにも展開できるということになる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

08 6月 2017

【論文紹介】In Situ Chemical Imaging of Solid-Electrolyte Interphase Layer Evolution in Li–S Batteries – Chemistry of Materials

Chem. Mater., Article ASAP, DOI: 10.1021/acs.chemmater.7b00374
・LiS電池のリチウム金属負極側の劣化解析に関する報告。
・in-situ XPS, と ab initio molecular dynamics (AIMD) 計算モデルを組み合わせたケミカルイメージング解析によってLiS電池の金属負極側に堆積するSEI層の劣化解析を行った。
・まず、安定なリチウム化合物(Li2F, LiF, Li2O)から成る一次複合相の形成、そしてこれらの反応生成物と電解液の相互作用による二次マトリックス相が形成される。さらにモノアニオンポリスルフィド(LiS5)が続いて堆積する。
<元記事>http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.chemmater.7b00374

09 3月 2017

【論文紹介】Tuning the Solid Electrolyte Interphase for Selective Li- and Na-Ion Storage in Hard Carbon

Advanced Materials,7 March 2017, DOI;10.1002/adma.201606860
・ハードカーボン上に形成されるSEIについての研究報告。
・Naベース電解質中でサイクルさせることで、ハードカーボン上にNaベースのSEIを形成させた。
・興味深いことに、NaベースのSEIはその後Liイオンベースの電解液中で、Liイオンの輸送を容易にする。
・一方、LiベースのSEIは、Naイオンの輸送を遮断する。
・この研究は電気化学的アプローチにより、選択性イオン伝導体を調整するための新たな指針を提供する。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/adma.201606860/full