24 12月 2018

【論文紹介】Directing Mg-Storage Chemistry in Organic Polymers toward High-Energy Mg Batteries – ScienceDirect

出典:https://ars.els-cdn.com/

Joule doi: 10.1016/j.joule.2018.11.022
・トヨタのアメリカ研究所とヒューストン大学の研究者らによるマグネシウム電池に関する報告。
・これまでMg電池用の正極として シェブレル構造の硫化モリブデンが一般的であったが、Mgイオンの伝導が遅く、容量も出力もリチウムイオン電池を上回る電池を作製することはできていない。
・本報告では、キノン系の有機正極、負極にマグネシウム金属、塩化物フリーの電解液を用いて、高容量(243Wh/kg)、高出力(3400W/kg)のマグネシウム電池を達成した。
・この電池は2500サイクル後にも87%の容量を維持した。
<元記事>https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2542435118305713?via=ihub


◯解説:
kg に市場の電池の構造が加味されておらず誤解を招くかもしれない。
さて、先日もMg電池の論文を本サイトで取り上げた。

【論文紹介】Tailoring the electrochemical activity of magnesium chromium oxide towards Mg batteries through control of size and crystal structure – Nanoscale


それを踏まえて、この論文の価値を考えてみる。
学術的には大変面白いかもしれない。
2価のイオンを無機物のように骨格が固定の材料に収納するのではなく、比較的フレキシブルな骨格に収納している。それにより、2価のイオンが伝導しやすくなっているのかもしれない。
イオンの伝導は、電子と比較して研究が進んでいない。その理由として、大きな質量と体積を持つため難易度が極端に上がる。また、その見かけ上の体積が変化する。
このような研究をきっかけに伝導の理解を高める研究が進むことを期待したい。

【論文紹介】Tailoring the electrochemical activity of magnesium chromium oxide towards Mg batteries through control of size and crystal structure – Nanoscale

<弊社では、研究から開発まで電池技術に関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

02 11月 2018

【論文紹介】Novel and versatile room temperature ionic liquids for energy storage

出典:https://pubs.rsc.org/

Energy & Environmental Science doi: 10.1039/C8EE02437E
・トヨタ自動車とモナッシュ大の研究チームらは、二次電池の電解質用のボロン系室温イオン液体を開発した。
・新規イオン液体は、ホウ素クラスターでできたcarboraneアニオンと呼ばれる二十面体のサイコロ状イオンであり、還元耐性が高く、かつガラス転移温度が低い。
・これにより、リチウムやマグネシウムの金属電位においても安定している。
<元記事>https://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2018/EE/C8EE02437E#!divAbstract

<X’s EYE>
◯解説:
イオン液体は一時期安全性を高める材料として研究が盛んに行われていたが最近下火である。燃えにくい、発火する温度が高いというのが必ずしも電池の安全につながらない。詳しく説明すると、


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]