10 5月 2019

【論文紹介】Aqueous Li-ion battery enabled by halogen conversion–intercalation chemistry in graphite | Nature

出典https://www.nature.com/

Nature, 2019. DOI: 10.1038/s41586-019-1175-6
・460 Wh / kgのフルセルエネルギー密度で4V級の水系リチウムイオン電池を実証。
・正極にグラファイトとLiBr/LiClの複合電極を用いて、高濃度水系電解液「water-in-salt」、負極にもグラファイトを組み合わせた。
・正極反応では、臭化物イオンと塩化物イオンが酸化されてグラファイトにインターカレートされる。
・この反応は正極のエネルギー密度を970 Wh / kgに高められる。
・非常の高いエネルギー密度を水系電解液で達成したが、サイクル寿命、使用温度範囲には課題がある。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41586-019-1175-6

日本やアメリカなどではフッ素イオンに注目していた。活物質との相互作用が強く充放電させるのに様々な工夫をしていた。一方、この論文はイオン自体を変えることでこのような成果に至った。
製品になるかどうかは置いておいて、固定概念に縛られることがない発想が中国で増えてきたように感じる。新しい電気化学デバイスが生まれるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 7月 2018

【論文紹介】Non-flammable electrolyte enables Li-metal batteries with aggressive cathode chemistries

出典:https://www.nature.com/

Nature Nanotechnology doi: 10.1038/s41565-018-0183-2
・リチウム金属の低電位と、LiCoPF4等の高電位正極を安定して用いることができる不燃性電解液。
・fluoroethylene carbonate(FEC)/3,3, 3-fluoroethylmethyl carbonate(FEMC)/1,1,2,2-tetrafluoroethyl-2′,2′, 2′-trifluoroethyl ether(HFE) (FEC:FEMC:HFE, 2:6:2 by weight)の組成の電解液を用いた。
・この電解液はリチウムデンドライトの成長を抑制し、高クーロン効率でリチウムの析出溶解を可能にする。
・正極側では5〜10nm厚の中間層を形成するため、NMC811およびLCP正極でそれぞれ99.93%,98.81%のクーロン効率で充放電可能。
・Li/NMC811、Li/LCPのフルセルでは1000サイクル後に90%以上の容量を維持することを確認。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41565-018-0183-2

18 4月 2018

【論文紹介】Highly reversible zinc metal anode for aqueous batteries | Nature Materials

出展:https://www.nature.com/

Nature Materials (2018);doi:10.1038/s41563-018-0063-z
・亜鉛金属電池の高効率、高耐久化について。
・高濃度電解液(Water-in-salt)を用いることで、クーロン効率がほぼ100%で亜鉛をデンドライト形成無しで析出溶解可能であることを確認。
・LiMn2O4正極と組み合わせることで180Wh/kgのエネルギー密度で4000サイクル後に80%の容量を保持。
・空気正極と組み合わせることで、300Wh/kgのエネルギー密度で200サイクル以上繰り返すことができた。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41563-018-0063-z