15 4月 2018

【論文紹介】Performance and cost of materials for lithium-based rechargeable automotive batteries | Nature Energy

出典:https://www.nature.com/

Nature Energyvolume 3, pages267–278 (2018); doi:10.1038/s41560-018-0107-2
・自動車用のLIB材料、特にコストと性能パラメータに関する進歩と課題を検討。
・材料の豊富さとコストに焦点を当て、正極と負極材料の製造プロセスについて。
・自動車バッテリ用の数種類の電解質の利点と課題。
・各ケミカルシステムのバッテリーのエネルギー密度とコストを比較。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41560-018-0107-2

04 3月 2017

【論文紹介】Electrochemical performance evaluations and safety investigations of pentafluoro(phenoxy)cyclotriphosphazene as a flame retardant electrolyte additive for application in lithium ion battery systems using a newly designed apparatus for improved self-extinguishing time measurements

出典:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 342, 28 February 2017, Pages 266–272
・難燃性電解液添加剤ペンタフルオロ(フェノキシ)シクロトリホスファゼン(FPPN)についての報告。
・一般的な電解液は点火後直ぐに発火するが、FPPNを5%添加した電解液は10秒間燃えない。
・5%FPPN添加した電解液は発熱開始温度を21℃向上する。
・FPPN添加剤は初回の充電で酸化分解する挙動が見られ、正極を保護する効果もある。
・FPPNの酸化分解は初回充電でのみ観察され、500サイクル後にも電解液中にFPPNは多量に存在する。これにより、サイクル後の安全性も向上させることができる。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775316316925

06 2月 2017

【論文紹介】Evaluation of Allylboronic Acid Pinacol Ester as Effective Shutdown Overcharge Additive for Lithium Ion Cells

J. Electrochem. Soc. 2017 volume 164, issue 2, A168-A172, doi: 10.1149/2.0711702jes
・過充電時のシャットダウン添加剤についての報告。
・アリルボロン酸ピナコールエステル(ABPE)の過充電時のシャットダウン性能を調査。
・ABPEは、LiNi1/3Co1/3Mn1/3O2 (NMC-111)/graphiteセルの2.5V〜4.2Vの標準動作電圧範囲では悪影響を及ぼさない。
・リチウム基準で4.5Vで酸化分解し、正極表面にリチウムイオン絶縁層を形成し、電荷移動抵抗を大幅に増加させる。
<元記事>http://jes.ecsdl.org/content/164/2/A168

22 4月 2016

【論文紹介】Structural Changes in a Li-Rich 0.5Li2MnO3*0.5LiMn0.4Ni0.4Co0.2O2 Cathode Material for Li-Ion Batteries: A Local Perspective

J. Electrochem. Soc. 2016 volume 163, issue 6, A811-A820, doi:10.1149/2.0211606jes
・リチウムリッチ0.5Li2MnO3*0.5LiMn0.4Ni0.4Co0.2O2正極の局所的な構造変化をX線吸収分光法(XAS)によって調査。
・Li2MnO3ドメインからの酸素放出は不可逆容量を増大させ、層状MnO2を形成させる。
・Li2MnO3ドメイン中のMnの平均原子価状態は充放電中に4+で変化がない。
・Mn0.4Ni0.4Co0.2O2ドメインではNi2+/Ni4+とCo3+/Co4+に加えてMn3+/Mn4+ のレドックスが生じる。
10 6月 2015

【論文紹介】Synthesis of spinel LiNi0.5Mn1.5O4 with secondary plate morphology as cathode material for lithium ion batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of power Sources, Volume 293, 20,October 2015, Pages 137-142
【概要】
・新規な合成法により、板状の二次構造を有する構造のスピネル LiNi0.5Mn1.5O4正極活物質に関する報告。
新規形状の活物質はポリビニルピロリドンPVPを用いたスプレードライ法によって合成した。
・PVPを用いることで、八面体形状の1次粒子が密に配置された板状の二次構造が形成される。
板状の二次構造はリチウムイオンのインターカレーション速度を向上させるため、低温放電特性、放電レート特性、サイクル特性を向上させる。