05 1月 2019

【市場調査】2018年の電気自動車バッテリー市場…中国が掌握、日本は独走、韓国は後退 | 中央日報

・4日、エネルギー業界市場調査機関「SNEリサーチ」によると、昨年1~11月の世界電気自動車(EV、PHEV、HEV)用バッテリー出荷量は前年比73%増となる76.9GWhだった。
・上位10社には日本が3社、中国が5社、韓国が2社それぞれ入った。
1位:パナソニック、17.6GWh
2位:CATL、16.1GWh
3位:BYD、9.3GWh
4位:LG化学、6.1GWh
5位:AESC、2.7GWh
6位:サムスンSDI、2.7GWh
7位:Farasis Energy
8位:力神
9位:国軒
10位:PEVE、1.7GWh
<元記事>https://japanese.joins.com/article/780/248780.html?servcode=300§code=300

08 5月 2018

【コラム】「EV電池」争奪戦前夜、最大手パナも正念場  :日本経済新聞

・中国で数年内に始まると確実視されるのが、電気自動車(EV)電池市場の争奪戦だ。
・日中企業同士のつばぜり合いがにわかに激しさを増してきた。
・力神は車載電池では12年に電動バス向けの供給を始めたにすぎない新興メーカーだが、驚異的な成長曲線を描く。17年には車載用と民生用を合わせた電池の生産能力で10ギガワット時に到達。
・「電気自動車(EV)需要の高まりに対応するため、20年には30ギガワット時、25年には60ギガワット時まで伸ばしていく」
・中国電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は20年に50ギガワット時規模まで増産する計画を発表。
・1年後に控えるNEV規制という号砲は、従来の完成車メーカーと電池メーカーの序列を変える可能性すら秘める。
・パナソニックを筆頭とする「日の丸電池」にとっては難しいかじ取りを迫られる半面、最大のチャンスにもなる。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30095740S8A500C1XA0000/

25 4月 2018

【ニュース】中国 天津力神 ドイツにEV用電池販売拠点を準備

・中国のバッテリーメーカーの天津力神(Tianjin Lishen)がドイツにEV用バッテリーの営業拠点を構える。
・ドイツを中心にヨーロッパでのEV用電池の販売に力をいれる。
・非公開の情報によると、天津力神は既にフォルクスワーゲンやダイムラーと交渉中とのこと。
<元記事>https://www.channelnewsasia.com/news/business/china-s-lishen-plans-first-european-sales-office-for-electric-10168248

03 10月 2012

iPhone 5を分解 – [その3]2次電池は中国Lishen社製:ITpro

電池の表面には製造メーカーも記されていた。「天津力神電池」、すなわち中国Lishen社である。中国の4大電池メーカー(ATL社、BAK社、BYD社、Lishen社)のうちの1社だ。ちなみにiPhone 4Sの電池には「東莞新能源科技」と記されていた。これはATL社を意味する。高級スマートフォンでも中国製の電池が当たり前に採用される時代になったことを実感した。

詳細はこちら→ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120927/425726/

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120927/425726/01s.jpg