04 8月 2017

【論文紹介】Annulated Dialkoxybenzenes as Catholyte Materials for Non-aqueous Redox Flow Batteries: Achieving High Chemical Stability through Bicyclic Substitution

出展:http://www.jcesr.org/

Asvanced energy materials, :DOI: 10.1002/aenm.201701272
・非水系レドックスフロー電池のcatholyteについて。
・1,4-ジメトキシベンゼン誘導体は、高い電位および優れた電気化学的可逆性を示すために注目されているが、酸化状態のラジカルカチオンは不安定である。
・今回、 ジアルコキシベンゼンに二環式置換基およびエーテル鎖を組み込むことにより、新規な陰極液分子である9,10-ビス(2-メトキシエトキシ)-1,2,3,4,5,6,7,8-オクタヒドロ-1,4:5 、8-ジメタノアントラセン(BODMA)を合成した。
・BODMAは4.0V(vs. Li/Li+)の電位で、安定した電気化学反応を示し、150サイクルにおいて安定した電池性能を示した。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201701272/abstract

20 7月 2017

【論文紹介】Burning lithium in CS2 for high-performing compact Li2 S–graphene nanocapsules for Li–S batteries | Nature Energy

出典:https://www.nature.com/

Nature Energy 2, Article number: 17090 (2017) doi:10.1038/nenergy.2017.90
・LiS電池の硫黄正極の大きな体積変化による容量劣化の対策としてLiドーピング状態の硫黄をグラフェンでカプセル化した。
・リチウムフォイルをCS<sub>2</sub>蒸気中で燃焼させることによってLi<sub>2</sub>Sが数層のグラフェンでカプセル化する。
・膨張状態でグラフェンカプセル化することで、硫黄正極の大きな体積変化においても安定したサイクルを示す。
<元記事>https://www.nature.com/articles/nenergy201790

21 3月 2017

【論文紹介】Oxidatively Stable Fluorinated Sulfone Electrolytes for 5-V Lithium-ion Battery

出典:http://www.greencarcongress.com/

Energy Environ. Sci., 2017, Accepted Manuscript, DOI: 10.1039/C7EE00035A
・アルゴンヌの研究者らによる、5V級正極用電解液についての報告。
・耐酸化性電解液として、α-トリフルオロメチル基を有するフッ素化スルホン電解液(トリフルオロメチルエチルスルホン(FMES)とトリフルオロメチルプロピルスルホン(FMPS))を合成した。
・この電解液は低粘度でセパレータの濡れ性が向上する。
・LiNi0.5Mn1.5O4/Graphiteセルにて、4.6Vでサイクルさせることで、その耐久性向上を確認した。
<元記事>http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2017/EE/C7EE00035A#!divAbstract

11 11月 2016

【論文紹介】Salty batteries: Sodium-oxygen batteries have improved cycle life due to highly concentrated electrolytes — ScienceDaily

Angewandte Chemie International Edition, Early View, Version of Record online: 3 NOV 2016, DOI: 10.1002/anie.201608607
・ナトリウム空気電池への高濃度電解質化に関する報告。
・ジメチルスルホキシド(DMSO)はこの電池にとって有望な溶媒であるが、Naに対するその不安定性のため、Na-O2電池では実用的ではないと考えられてきた。
・3mol/kg以上の高濃度のトリフルオロメタンスルホンイミドナトリウム(NaTFSI)塩を用いたDMSO溶媒中では、NaはNa(DMSO)3(TFSI)溶媒和を形成し、遊離DMSO分子が減少するため、DMSOの分解が抑制される。
・よって、サイクル寿命が改善する。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201608607/abstract