15 2月 2019

【論文紹介】Quantifying lithium concentration gradients in the graphite electrode of Li-ion cells using operando energy dispersive X-ray diffraction

出典:https://pubs.rsc.org/

Energy & Environmental Science doi: 10.1039/C8EE02373E
・オペランドエネルギー分散型X線回折を用いて、Liイオン電池のグラファイト電極中のリチウム濃度勾配の定量化を試みた。
・1Cレートでサイクル中の多孔質グラファイト電極に発生するリチウムイオンのセクションごとの濃度勾配を定量化した。
・セルが中程度の速度で充電されている場合でも、Li電析条件がグラファイト電極表面近くで満たされ得ることを示唆する結果が得られた。
<元記事>https://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2019/EE/C8EE02373E#!divAbstract

電気化学測定から予測されていた状態を分光でも確認できたということであろう。このような大型の分光装置を使った解析が重宝されることが多いが、バッテリーサイエンスの追求という視点で考えた時、必ずしも有効な使い方をしていないと感じることがある。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

30 7月 2017

【論文紹介】A materials perspective on Li-ion batteries at extreme temperatures

出展:https://www.nature.com/

Nature Energy 2, Article number: 17108 (2017);doi:10.1038/nenergy.2017.108
・LiB材料の熱特性についてのレビュー。
・広い温度範囲(-60℃〜150℃)における材料の熱挙動の観点からリチウムイオン電池の耐熱性に関する報告がまとめられている。
・正極の耐熱性(構造安定性)、負極剤の不動態化の問題、電解質の耐熱性について議論されている。
<元記事>https://www.nature.com/articles/nenergy2017108

06 5月 2016

【論文紹介】Hexagonal Boron Nitride-Based Electrolyte Composite for Li-Ion Battery Operation from Room Temperature to 150 °C – Rodrigues – 2016 – Advanced Energy Materials – Wiley Online Library

出展:http://spectrum.ieee.org/

Advanced energy materials, DOI:10.1002/aenm.201600218
・高温での寿命向上のための電解質/セパレータ複合体に関する報告。
・六方晶窒化ホウ素、ピペリジニウム系イオン液体、及びリチウム塩の混合物を電解質/セパレータ複合体として用いた。
・この材料のイオン伝導度は3mS/cmで、5Vまでの電気化学的な安定性と有する。
・一般的な電極と組み合わせた際の120℃でのサイクルでは、600サイクルで3%の容量損失であった。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201600218/full

12 11月 2015

【論文紹介】Quasi-Solid Electrolytes for High Temperature Lithium Ion Batteries

ACS Appl. Mater. Interfaces, Just Accepted Manuscript
DOI: 10.1021/acsami.5b07636
・120℃の高温でも安定して充放電できるLiB用電解質とセパレータについての報告。
・イオン液体が浸漬されたクレイを準固体電解質として用いた。
・この電解質は3.35mS/cmの伝導度。
・LTO負極のLiBで120℃での安定した動作を確認。
<元記事>http://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsami.5b07636