25 4月 2016

【論文紹介】Advanced carbon materials/olivine LiFePO4 composites cathode for lithium ion batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 318, 30 June 2016, Pages 93–112
・LFP正極とカーボンのコンポジット電極に関するレビュー。
・電気伝導性を高めるためのCNT等の1次元カーボン、グラフェン等の2次元カーボン、高度な3次元カーボンに焦点をあてて、LFPの高出力化のアプローチ方をまとめている。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775316303494

25 3月 2016

【論文紹介】A novel approach to facilely synthesize mesoporous ZnFe2O4 nanorods for lithium ion batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 718–723
・高容量負極に関する報告。
・メソポーラスZnFe2O4 ナノロッドを共沈法&熱分解により合成した。
・ユニークなナノ構造により、リチウムイオンの拡散経路を短縮し、且つ、充放電に伴う体積変化を吸収する。
・この負極は100mA/gの電流で50サイクル後に983mAh/gの高容量を示した。

<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S037877531530714X

24 3月 2016

【論文紹介】Benzimidazole-derived anion for lithium-conducting electrolytes

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 573–577
・新規なリチウム塩5,6-dicyano-2-(trifluoromethyl)benzimidazolide (LiTDBI)についての報告。
・270℃までの熱安定性と、4.7V(vs. Li/Li+)以上で安定している。
・EC/DMC=1/2の高濃度の電解液で、1mS/cmの伝導度であり、輸率は0.74と非常に高い。
・この電解液を用いたハーフセルは非常に高い容量維持率を示す。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315306212

23 3月 2016

【論文紹介】Facile synthesis of SiOx@C composite nanorods as anodes for lithium ion batteries with excellent electrochemical performance

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 459–466
・長いサイクル寿命のSiOx@Cナノロッド複合負極についての報告。
・SiOx@Cナノロッドは熱分解、テンプレート支援水熱合成と容易な経路によって合成できる。
・個々のロッドは多数の相互接続されたナノ粒子からなり、65.4wt%のSiOxと34.6wt%の炭素で構成されている。
・このSiOx@Cナノロッドは100mA/gの電流で350サイクル後も720mAh/gの容量を維持する。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315306765

22 3月 2016

【論文紹介】Synthesis of sub-10 nm copper sulphide rods as high-performance anode for long-cycle life Li-ion batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 408–412
・LiB用の高容量、長寿命な負極としての硫化銅ナノロッドの報告。
・テンプレートや複雑な処理を用いること無く、容易なゾルゲル法のみで合成した。
・LiB負極材として、高いクーロン効率と大きな可逆容量、優れたサイクル安定性を示した。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315306613

20 3月 2016

【論文紹介】Highly ordered and ultra-long carbon nanotube arrays as air cathodes for high-energy-efficiency Li-oxygen batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 402–407
・リチウム空気電池のエネルギー効率の増加と、長寿命を達成する空気極についての報告。
・空気極として、高度に配向した超ロングCNTをTa上の成長させた正極を合成した。
・高度に配向したCNTはリチウムイオンや酸素の拡散のための優れた通路となり、また、電気化学反応のための大きな表面積を有する。
・テトラジメチルグリコールベースの電解液にLiIレドックスメディエータを併用することで82%のエネルギー効率を達成。
・200mA/gの電流で1000mAh/gの放電容量を200サイクル以上繰り返すことが出来る。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315306558

17 3月 2016

【論文紹介】Hydrogenation effects on the lithium ion battery performance of TiOF2

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 309–316
・高容量、高出力な負極としての、新規なTiOF2ナノ材料について。
・水素化TiOF2を簡単な水熱法と水素化処理によって合成した
・水素化TiOF2は、水素化していないものに比べて118.4mAh/g高い、1053mAh/gの高容量であった。
・レート特性も3倍程度の向上が見られた。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315306455

12 3月 2016

【論文紹介】Three-dimensional tin dioxide/carbon composite constructed by hollow nanospheres with quasi-sandwich structures as improved anode materials for lithium-ion batteries

出展http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 213–218・LiB用負極としての、高耐久・高出力の酸化スズについての報告。
・3次元のカーボンフレームワークとナノスケールの中空SnO2粒子を準サンドイッチ構造で組み合わせた複合体SnO2/Cを合成した。
・カーボンフレームワークにより、良好な電気伝導とイオン伝導を兼ね備える。
・結果として、500サイクル後も576.6mAh/gの高容量維持し、5A/gのレートにおいても411.7mAh/gの高レート特性を示した。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315306406

02 3月 2016

【論文紹介】An investigation of functionalized electrolyte using succinonitrile additive for high voltage lithium-ion batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 70–77
・高充電圧正極LMNO向けの電解液添加剤についての報告。
・EC/DEC=1/1,LiPF6=1Mに1wt%のスクシノニトリル系添加剤を加える事で、5.4V(vs.Li/Li+)まで酸化電池窓を広げ、且つ、熱安定性を向上させることを確認。
・スクシノニトリル系添加剤は高充電電圧でのLMNO電池のサイクル特性を向上させる。
・これはLMNO正極表面に形成されたcathode electrolyte interface (CEI)に起因する。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315304924

01 3月 2016

【論文紹介】Si@SiOx/graphene hydrogel composite anode for lithium-ion battery

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 306, 29 February 2016, Pages 42–48
・シリコン負極に関する報告。
・表面を極薄のSiOx層でコーティングしたSiと複合化した多孔性3Dグラフェンヒドロゲルを自己組織化で作製した。
・多孔性3Dグラフェンヒドロゲルは相互接続された導電性ネットワークを有し、リチウムイオンの拡散が容易になる。
・SiOx層で表面処理することでSiの凝集を抑制する。
・71wt%のSiを含む電極は、140サイクル後も1640mAh/gの容量を示し、4A/gのハイレートでも1020mAh/gの容量維持率を示す。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775315306005