05 2月 2019

【論文紹介】Approaching Ultrastable High‐Rate Li–S Batteries through Hierarchically Porous Titanium Nitride Synthesized by Multiscale Phase Separation – Lim – 2019 – Advanced Materials

出典:https://onlinelibrary.wiley.com/

Advanced Materials doi: 10.1002/adma.201806547
・LiS電池の硫黄ホストとしてのマルチスケール多孔質窒化チタン(h-TiN)の提案。
・多孔質のLiS電池ホスト剤に硫黄を充填する方法は他にも試みられているが、本提案は多孔質をマルチスケールにしたTiNを提案。
・大きな穴に硫黄を充填し、より微細な細孔はポリスルフィドの溶解を抑制する。
・結果、h-TiN / Sは5 Cレートで1000サイクル後も557 mAh/gの可逆容量を示し、1サイクルあたりの容量低下はわずか0.016%であることを確認した。
<元記事>https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/adma.201806547

海外では硫黄とリチウム金属に最近注目が集まっているように感じる。燃料電池や全固体電池のように、昔から定期的にブームになる。ブームになった背景を分析してみると、いろいろ見えてくるものがある。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

01 8月 2015

【論文紹介】Ultrafast synthesis of MoS2 or WS2-reduced graphene oxide composites via hybrid microwave annealing for anode materials of lithium ion batteries

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of power Sources, Volume 295, 1,November 2015, Pages 228-234
【概要】
・LiB用の負極としての金属硫化物/グラフェンコンポジットの新規合成法の紹介。
・今回、還元した酸化グラフェン(RGO)上にMoS2やWS2のナノ結晶を均一に分散した状態で固定化した。
・これは、ハイブリットマイクロウェーブアニーリング法(HMA法)により、わずか45秒で合成できる。
・本方法で合成したMoS2/RGO複合体は512mAh/gの容量を示した。これは、これまで報告された金属硫化物の中で最も高い容量。
・その他、優れたレート特性、寿命等についても咆哮している。