19 12月 2018

【論文紹介】Hierarchical electrode architectures for high energy lithium-chalcogen rechargeable batteries

出典:https://ars.els-cdn.com/

・GMの研究者らによる、リチウム-カルコゲン系二次電池のための導電性フレームワークについて。
・LiS電池やLi-Se電池などのリチウム-カルコゲン系電池は、高い理論的な比容量を有すために注目されているが、ポリスルフィドのシャトル効果や、それ自信の低い導電性などが課題。
・今回、階層的多孔質炭素(SPC)電極を用いることで、カルコゲン系活物質の高い目付量と、カプセル化によるシャトルの抑制、そして高い導電性を有する正極が作製できた。
・この階層的電極構造が比エネルギーを350Wh/kg以上に増加させられる可能性があるとしている。
<元記事>https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2211285518305020?via=ihub


◯解説:
LIS電池は、多くの企業がLiイオンを使った電池の究極的なエネルギー密度を実現できると考え取り組んでいる。
大きな課題は耐久性である。
Liイオン電池が比較的耐久性能を得られるのは、ロッキングチェア構造を利用しているからである。これを化学反応をベースにした蓄電システムに変えると耐久性能は極端に悪くなる。この根本的な問題を解決できる研究成果が生まれることを期待したい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

05 1月 2017

【論文紹介】Li- and Mn-Rich Cathode Materials: Challenges to Commercialization

Advanced Energy Materials 14 December 2016, DOI: 10.1002/aenm.201601284
・リチウム&マンガンリッチ層状正極(LMR)は全ての正極材の中で最もエネルギー密度の高い(900Wh/kg)材料である。
・しかしながら、LMR正極は電圧減衰、大きな初回不可逆容量、低いレート特性、短いサイクル寿命等の課題がある。
・このLMR正極に関する最近の進捗等のレビュー。
・ LMR /グラファイトのフルセル動作に影響を及ぼすLMR正極のいくつかの重要なパラメータ(初期不可逆容量、電圧減衰、粉末タップ密度、および電極密度)を系統的に分析する。
・劣化を最小限に抑えるための新しいアプローチを紹介。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201601284/full