16 6月 2018

【論文紹介】High energy-density and reversibility of iron fluoride cathode enabled via an intercalation-extrusion reaction

出典:https://www.nature.com/

Nature Communicationsvolume 9, Article number: 2324 (2018) 、doi: 10.1038/s41467-018-04476-2
・インターカレーション/コンバージョン反応により高い容量を示すフッ化鉄を元素置換することで充放電の可逆性を高めた。
・フッ化鉄中へカチオンであるコバルトとアニオンである酸素を共ドーピングしたナノロッドを作製した。
・カチオンとアニオンを共ドーピングすることで、熱力学的にコンバージョン反応電位を低下させ、充放電の可逆性を高められる。
・結果として、この材料は1サイクルあたりの劣化率が0.03%で、100Wh/kgの可逆容量を示した。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41467-018-04476-2

17 1月 2018

【論文紹介(オープンアクセス)】Localized concentration reversal of lithium during intercalation into nanoparticles

出典:http://advances.sciencemag.org/

Science Advances 12 Jan 2018: Vol. 4, no. 1, eaao2608 ; DOI: 10.1126/sciadv.aao2608
・充放電中の正極活物質中のリチウムイオン濃度変化に関する新たな知見。
・米国エネルギー省(DOE)のBrookhaven National Laboratoryの研究者らは、LFPナノ粒子を放電しながら、その結晶格子サイズのサブオングストロームの変化をプロービングすることで局所的なリチウムイオンのインターカレーション挙動をリアルタイムで可視化した。
・その結果、放電中にも拘らず、局所的に活物質のリチウムイオン濃度が減少に転じる(反転する)予想外の結果が得られた。
・この反転現象は、構造的に異なる領域が存在し、それが異なる化学ポテンシャル関数を有することに起因する。
<元記事>http://advances.sciencemag.org/content/4/1/eaao2608.full