26 4月 2018

【論文紹介】A highly stabilized nickel-rich cathode material by nanoscale epitaxy control for high-energy lithium-ion batteries

出典:http://pubs.rsc.org/

Energy Environ. Sci., 2018, Advance Article ;DOI:10.1039/C8EE00155C
・ニッケルリッチ正極材料の表面改質は、その構造的/熱的安定性を大幅に向上させられるが、
・今回、LiNi0.8Co0.1Mg0.1O2表面からNi2+が溶出し、そしてそれが黒鉛負極上でNi金属粒子を形成する際に負極のSEI層が劣化することが明らかとなった。
・この知見に基いて、Niリッチ正極の構造堅牢性を高めるために、エピタキシャル構造を有するナノ構造安定剤を合成した。
・これによって正極表面を改質することでサイクル中におけるニッケル欠陥が大幅に抑制されることを確認し、また、それにより、負極SEI層がサイクル後においても緻密な構造を維持する。
<元記事>http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/ee/c8ee00155c#!divAbstract

28 1月 2017

【論文紹介】Self-Induced Concentration Gradient in Nickel-Rich Cathodes by Sacrificial Polymeric Bead Clusters for High-Energy Lithium-Ion Batteries – Kim – 2017 – Advanced Energy Materials

Advanced energy materials 25 January 2017, DOI: 10.1002/aenm.201602559
・高容量、高熱安定性を示す、自己濃度傾斜ニッケルリッチ正極についての報告。
・二次粒子中の一次粒子の勾配や内部緩衝空間の形成は試薬等を用いない一段回プロセスで形成できる。
・この正極材は高い比容量、熱安定性を示す。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201602559/full