13 6月 2019

【ニュース】GSユアサのリチウムイオン電池、国内初のゼロエミッション船に搭載 | レスポンス

・GSユアサは、大島造船所(長崎県西海市)が6月12日に命名式を行なった国内初の完全バッテリー推進船「e-Oshima」の動力源として、同社の産業用リチウムイオン電池が搭載されたと発表した。
・e-Oshimaは、全長35メートル、総トン数340トンの、国内最大級の完全バッテリー推進船。
・同船は、GSユアサ製の約600kWhの大容量リチウムイオン電池を運航に必要な主電源装置として使用。
・リチウムイオン電池を多重に保護する管理装置を含めたシステムとなっている。
<元記事>https://response.jp/article/2019/06/12/323377.html

輸送業界のCO2排出量は極めて大きく、効率的にエネルギーを使用する商品の開発は重要であろう。ただ、この商品に限らずゼロエミッションという言葉を安易に使うのは、今後見直して行って欲しい。
充電する電気の発電ではエミッションがある。嫌なところはどこかに押し付ける、最近話題のプラスチックの問題に近いイメージを「ゼロエミッション」という言葉に感じるのは私だけだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

08 6月 2019

【ニュース】トヨタ寺師副社長、日本向け超小型車などEV戦略を公表…電動車550万台販売は5年前倒しの25年に | レスポンス(Response.jp)

・トヨタ自動車の寺師茂樹副社長は6月7日に都内で記者会見し、電気自動車(EV)普及の一環として2020年に日本で2人乗りの超小型モデルを市販すると発表した。
・また、電動車全体の普及計画も従来より5年前倒しになる見通しを示した。
・その一環として、電池については、これまでの自社開発およびパナソニックとの協業をベースにしながら、世界最大のバッテリーメーカーである中国の寧徳時代新能源科技(CATL)をはじめ、同国のBYD、日本のGSユアサ、東芝、豊田自動織機とも協力関係を構築していく方針を示した。
<元記事>https://response.jp/article/2019/06/07/323228.html

最近あまり主張していないが、トヨタは電池を使用する際は、その搭載量が少ない方が望ましいという方針をとっていた。その意思がまだあるのであろうか。ただ、それでは世の中の法規に対応しきれないところがもどかしいのかもしれない。
電動化が進んだ時、お得意のカイゼンが通用するのであろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

06 6月 2019

【ニュース】GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の開発で米国ボーイング社から最優秀サプライヤー賞を受賞

・GSユアサグループの株式会社 ジーエス・ユアサ テクノロジー(GYT)とGS Yuasa Lithium Power(GYLP)は、米国ボーイング社から、イノベーションのカテゴリで2018年最優秀サプライヤー賞を受賞した。
・GYT製の宇宙用リチウムイオン電池は、2000年代初頭に軌道上での宇宙実証が行われて以降、これまで国内・海外の多くの宇宙機に搭載されてきた。それらの実績や開発力、さらにGYLPが行ってきたボーイング社への技術サポートや対応力が、ボーイング社の人工衛星の性能向上や次世代製品の開発に大きく貢献していると評価され、今回の受賞となった。
<元記事>https://www.gs-yuasa.com/jp/newsrelease/article.php?ucode=gs190513502231_662

このような場で技術を磨くのは有効だし、企業のブランディングになるであろう。
一方で、どこかのドラマで宇宙品質という言葉が使用されていたが、唯一無二の技術では別かもしれないが、すでに実用化されているもので宇宙品質を実現しても、なかなか量産品への道が開かれていかない気がする。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 5月 2019

【ニュース】GSユアサ、車載リチウム電池に800億円超 新中計  :日本経済新聞

ジーエス・ユアサコーポレーションは13日、2022年3月期を最終年度とする新たな中期経営計画を発表した。
・今後3年間で車載用リチウムイオン電池の増産や研究開発に800億円超を投じる。
・ハイブリッド車(HV)など環境対応車や独自性の強いエンジン始動用での競争力を高める。
・全固体電池など次世代電池の開発にも注力する。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44723740T10C19A5LKA000/

技術的なハードルを考えれば、全固体電池の目標は、HEV向けが最適なのではないかと思う。
高級車向けに市場に出せるようなことがあれば世界が変わるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

25 1月 2019

【ニュース】GSユアサ リチウムイオン電池がイプシロンロケットに搭載 – 日刊ケミカルニュース

・GSユアサはこのほど、グループのジーエス・ユアサ テクノロジー(GYT)製のリチウムイオン電池が、今月18日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が内之浦宇宙空間観測所で打ち上げたイプシロンロケット4号機に採用されたと発表した。
<元記事>https://chemical-news.com/2019/01/24/gsユアサ gyt製libをイプシロンロケットに搭載/

これこそ全固体電池が目標としてもいい気がする。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

24 1月 2019

【インタビュー】ジーエス・ユアサ社長、全固体で電池の世界は一気に変わる

・「現中計でリチウムイオン電池事業の営業損益を黒字化した。車の始動用リチウムイオン電池も19年8月から量産し、手薄だった欧州系メーカーを開拓する。一方、EV、PHV用と同様、HV用も複数社への供給になりそうだ。需要が急増し、次期中計はリチウムイオン電池関連向け投資を増やす」
・―次世代電池などへの取り組みは?
「多様な電池開発に取り組んでいるが、本命は全固体電池だろう。オールジャパンの開発に参画するほか、自社でも手がけ、20年代半ばに投入したい。」
<元記事>https://newswitch.jp/p/16198

始動用電池向けの全固体の研究開発を行うのはGSユアサにとっては面白いのではないだろうか。今後、全固体電池がどのようなブレイクスルーが起きるかはわからないが、現状、EV向けよりもHEVや始動用電源などの方が相性がいいかと思われる。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 1月 2019

【ニュース】GSユアサ、車載用リチウム電池を一貫生産 ハンガリーでセルから | 自日刊工業新聞 電子版

・GSユアサは2021年度までに、ハンガリーで車載用リチウムイオン電池の基幹部品「セル」を生産する。
・すでにセル生産に必要な材料調達などの整備を始めており、19―21年度の次期3カ年計画中に体制を構築する。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00502530

ハンガリー含め周辺の国はドイツ企業向けのビジネスで成長を続けている。
ドイツ自動車メーカーは電動化を推進しており、それを見込んだ投資であろうか。

<弊社では、電池に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

26 12月 2018

【論文紹介】第15巻 第2号 テクニカルレポート  |GSユアサ

・GSユアサ:テクニカルレポート最新号(2018/12/25)を公開。
目次
◯総説
・リチウム二次電池の電解液開発動向
◯報文
・カーボンへの有機防縮剤吸着が鉛蓄電池特性へおよぼす影響
・軽量小型のCATV用無停電電源装置の開発
◯新製品紹介
・GSユアサの国際宇宙ステーション用リチウムイオン電池の第2回打ち上げが完了
・「北海道豊富町に設置する世界最大規模の蓄電池設備を受注
・GSユアサの宇宙用リチウムイオン電池が温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」に搭載
・従来型式から公称容量をアップしたPHEV用リチウムイオン電池「LEV46/LEV46-8」
◯トピックス
・ GSユアサによる蓄電池の運用監視技術の開発の歩み(その1)
・GSユアサによる蓄電池の運用監視技術の開発の歩み(その2)
・GSユアサによる蓄電池の運用監視技術の開発の歩み(その3)
<元記事>https://www.gs-yuasa.com/jp/technic/vol15_2/no2.php

<荒木>”リチウム二次電池の電解液開発動向”のLiFSIの塩、すごいみたいですが、フルセルでLiFSIの電解液のデータがありますが、LiPF6入れないで、アルミ箔溶けないんですかね?

<大木>
◯解説:
流石にわかっているんじゃないですか?電池を製造販売している会社の最前線の方なので、それは当たり前だとした前提の話をしているのだと思います、思いたいです。
この記事は電解液というか塩に焦点を置いてるのでしょうがないかもしれませんが、LIB自体は組み合わせや設計が重要で、その思想次第で価値無くなっちゃうこともあるのが実情です。
GSユアサはLiFSIを使いこなす材料の組み合わせや設計思想を持っていると受け取りました。そういうのが出てくるの期待していましょう!
昔の話ですが、ボーイングの件でGSユアサかLEJが報告していたプレスリリースが衝撃的だったのを思い出してもう一度読み返そうと思ったんですが、見つかりませんでした。誰かPDFお持ちでしたらいただけると助かります。

<弊社では、電動車に関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

22 11月 2018

【ニュース】韓国が潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用―米誌|レコードチャイナ

・2018年11月20日、米国防専門誌「ディフェンス・ニュース」は、韓国防衛事業庁の発表によると、韓国は次世代潜水艦にリチウムイオン電池を搭載する予定だと伝えた。
・従来の鉛蓄電池と比べ潜水時間を2倍に伸ばせるという。
・「潜水艦用のリチウムイオン電池は、まず安全性が重要だ。ある程度蓄電量を減らすことでより高い安全基準を確保できた。また、新たな電池は爆発や海水、火災、及び極端な温度などの劣悪な条件でのテストも経験している」
・日本の潜水艦はすでにリチウムイオン電池を採用した潜水艦を運用している。「そうりゅう型潜水艦は、すでにGSユアサが開発したリチウムイオン電池を使用している」
<元記事>https://www.recordchina.co.jp/b663982-s0-c10-d0062.html

<X’s EYE> 
◯解説:
このような用途に全固体電池を採用することを検討するのがいいのではないだろうか?軍事用であれば、「絶対燃えない」のであれば採用するメリットがあるであろう。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

10 10月 2018

【ニュース】世界最大級の風力用蓄電池 GSユアサが受注  :日本経済新聞

・GSユアサは9日、北海道北部の風力発電の蓄電池設備工事を千代田化工建設から受注したと発表。
・受注額は数百億円で、風力発電用としては世界最大級の蓄電池設備になる。
・GSユアサのリチウムイオン電池が風力発電に採用されるのは初めて。
・23年3月までに完成する予定のこの蓄電池の容量は72万キロワット時で、電気自動車に換算すると約4万5000台分に相当する。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36265520Z01C18A0LKA000/

<X’s EYE> 
◯解説:
自動車用途の電池が注目されているが、今回のような定置用や住宅用、あとは小型モビリティー向けの電池生産はビジネスとして伸びしろが望める。事業規模は自動車用途に比べると小さいが、付加価値をつけたビジネスが期待できる。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]