08 9月 2019

【ニュース】Volkswagen、 Northvolt とリチウムイオン電池製造の合弁会社を設立〜初期は16GWh〜 – Green Car Congress

・Volkswagen AGとNorthvolt ABは、リチウムイオン電池の工場を建設するために50/50の合弁会社を設立した。
・ 生産施設の建設は、2020年にザルツギッター(ニーダーザクセン)で開始する予定。
・電化戦略の一環として、フォルクスワーゲングループだけでも、ヨーロッパおよびアジアで、2025年から年間150 GWh以上の需要が発生する見込み。
・合弁事業の最終決定は、両当事者が6月に締結した合意の結果。
・ フォルクスワーゲンが投資した約9億ユーロ(9億9,300万米ドル)の一部は現在、合弁会社に流入してる。
・その見返りに、フォルクスワーゲンはスウェーデンの電池メーカーの約20%の株式と監査役会の議席を獲得した。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/09/20190906-northvolt.html

VWがついているので何らかの準備はしていると思うが、特許戦略が気になる。
中国のように、初期は特許料を払うにしても、並行して知財を取得していくのであろうか。
150GWhを作るかは未定であると思うが、1000万台クラブであれば10GWh程度は自社のお金を使って作ってみるべきなのであろう。AESCのように売り出したり、さらに強化したり、やってみるとアクションの選択肢が増えるのは間違えない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

22 8月 2019

【ニュース】ノルウェーのスタートアップFreyr ギガファクトリー建設を計画 – electrive.com

・ノルウェーのスタートアップFreyrは、ギガワット単位の生産能力を持つバッテリーセル工場を設立することを計画している。
・同社はノルウェーのラナ市に年間32 GWhの容量を持つ最初のセル工場を建設する予定。
・Freyrは、自動車市場や海上および定置用途に適したリチウムイオン電池の既存技術の権利を取得する予定。
・同時に、Freyrは、地元の水力発電の調達に加えて600 MWの風力発電所を建設することを計画しており、それによってエネルギーコストを24%削減する。
・すべてが計画通りに進んだ場合、生産は2023年に開始される。
・Freyrのビジョンは、少なくとも10の工場で「ノルディックバッテリーベルト」を作ること。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/08/20/battery-making-startup-freyr-to-build-gigawatt-factories/

最近、スタートアップ企業の質が低下しており、投資に回るお金があるのに流れが鈍化するニュースをよく耳にする。これも計画通りやりきって貰えばいいが、頓挫するようなことがあると電池全体の産業に影響を及ぼしかねない。
タピオカランドのようなことにならないように頑張ってほしい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

01 8月 2019

【ニュース】インド 少なくとも4つのバッテリーセル工場建設を計画 – electrive.com

・インド政府は伝えられるところによれば、約40億ドルを投資して10GWhの容量を持つ4つのバッテリーセル工場の建設を計画していると伝えられている。
・セルは、電気自動車用にも、電力網用および家庭用電化製品産業用の定置型エネルギー貯蔵装置用にも使用される予定。
・NITI Aayogシンクタンクのシナリオによると、インドは2025年までにそれぞれ10GWhの容量を持ち、2030年までに12個のバッテリー工場を6つ必要とするとのこと。
・インドでの半国営バッテリーセルプラントの建設計画は、今年1月にすでに発表されており、Libcoinコンソーシアムとインド国営企業のBharat Heavy Electricalsが共同でバッテリー工場を建設する予定。
・工場の生産能力は1GWhでスタートし、生産能力は年間最大30GWhまで徐々に増加する予定。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/07/27/india-is-planning-at-least-four-battery-cell-factories/

世界で最も環境汚染対策が必要な国の一つはインドであることは間違えないだろう。このような動きの背景はそれとは無関係ではないだろう。
販売するとなると知的財産が絡んでくる。海外電池メーカー各社とインド政府がペアを組むのは面白いのではないだろうか。LGはインドネシアでそのような取り組みがある。仲が悪い中国が手を出すとは思わない。村田あたり動かないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

27 7月 2019

【ニュース】イーロン・マスク テスラ欧州Gigafactoryの建設を2021年に開始

・テスラの2019年第二四半期決算報告会で、イーロン・マスクは欧州ギガファクトリーの計画について開設は2021年になると述べた。
・2018年の時点ではその候補地としてドイツを上げていたが、今年の年末までに工場設置場所を決定する。
・この欧州のgigafactory4は上海のgigafactoryと同様に、バッテリーパックとパワートレインだけでなく、最終的な自動車生産も行う。
<元記事>https://insideevs.com/news/361872/tesla-gigafactory-europe-production-musk/

テスラがマスを求めているのは個人的には寂しい。自動車の既成概念を打ち壊すことを主体にやっていって欲しい。テスラの車両OS技術はそれを実現すのに使えるはずである。製造ではなく、EVを作りたい自動車メーカーの開発支援に回ってみてはどうであろうか?多くの会社を顧客につけたら、いろいろ面白いことができると思うが。
私がgoogleやアップル側の人間であれば、テスラが潰れたら彼らの車両OS技術を購入する目的に買収も考えると思う。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

11 7月 2019

【ニュース】SVOLT 欧州で電池工場建設を計画 – electrive.com

・中国の自動車メーカー、 グレートウォールモーターから生まれたバッテリーセルメーカーのSVOLT Energy Technologyは、2025年までに合計100GWhの世界規模の生産能力を構築する計画で、ヨーロッパでも工場建設を計画している。
・建設は2020年後半に開始され、2022年に完了する予定で、初期の生産能力は20GWh。
・ SVOLT Energy Technologyは現在、中国の常州に最初の生産施設を建設中。
・当初は年間12GWhの生産が予定されていたが、後に約70GWhの生産が可能になる予定と発表している。
・ゼネラルマネージャーの Yang氏によると、米国を含む世界中で合計5つの生産拠点が計画されている。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/07/09/svolt-plans-battery-cell-factory-in-europe/

電池メーカー各社の2025年までの生産計画を足し合わせたらIEAなどの予測を十分に実現しうる量になりそうだ。
結果が出た時、振り返って彼らの存在価値が議論されることを期待したい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

12 4月 2019

【ニュース】テスラ、パナソニックとの米EV電池工場の増産投資凍結 (写真=AP) :日本経済新聞

・米電気自動車(EV)メーカーのテスラとパナソニックは米国で共同運営するEV向けの車載用電池工場の生産能力を高めるための投資を凍結する。
・2020年をめどに生産能力を5割増やす計画だったが、足元のEVの販売台数が想定を下回り、数千億円規模の先行投資はリスクが大きいと判断した。
・量産車メーカーに転じたいテスラの年産100万台という目標は遠のく。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43625640R10C19A4MM8000/

テスラは量産メーカーを目指すべきなのだろうか。会社売却を目的にした準備をするというのも面白いと思う。スタート時発表した4台の車を世に出した後。
パナソニックは期待していた売り上げが見込めなくなったことを、株主にどのように説明するのであろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

01 3月 2019

【ニュース】SKイノベーション ハンガリーEVバッテリーの第2工場を建設_Argus Media

・SK Innovationは、9452億ウォン(844.3百万ドル)を投資してハンガリーに第2バッテリー工場を建設する。
・この工場は来月に着工し、2020年上期に完成する予定。
・完成すれば、7.5GWh/年の生産能力を持つ予定。
・2022年末までにSKイノベーションを60GWhの生産能力を持つことを目指す。
<元記事>https://www.argusmedia.com/en/news/1856567-sk-to-build-second-hungary-ev-battery-plant

最近、中国国外ではSKの動きが活発である。過去にモバイル商品では低価格でシェアを得ることで韓国や中国電池メーカーが主導権を握った。今回も同様の思惑があるのであろうか。モバイルと自動車の市場や製品の違いを見極めた動きであるか注目していきたい。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

27 2月 2019

【ニュース】BYD 20 GWh EV用電池工場を着工

・BYDは最近、電気自動車用のバッテリー(EV)を生産するために、新しいギガファクトリーを着工した。
・新工場に約100億元(約14億9000万ドル)を投資しており、中国の通信社Xinhuaの報道によると、年間出力容量は20ギガワット時(GWh)。
・BYDは2019年1月に28,005台のEVを販売し(2017年1月は7,151台)、好調なスタートを切った。
<元記事>https://auto.economictimes.indiatimes.com/news/auto-components/byd-breaks-ground-on-20-gwh-ev-battery-plant/68165084

毎月3万台弱の販売をしていくなら20GWhは自社分であろう。BYDは中国で相当数のクレジットを獲得できる。
短期的にはそのクレジットで収益を得て、開発競争で差別化していくようなことを考えているのであろうか。

<弊社では、電動車ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

07 12月 2018

【ニュース】SK イノベーション 米ジョージア州に電池工場建設のため、$1.67 Billion拠出

・SK イノベーションが米ジョージア州に電池工場を建設すると発表。
・SKイノベーションによれば投資額は16億7000万ドル、2,000人以上の雇用が創出されるとのこと。
・生産能力についての詳細な発表はなかったが、米国で最も大きな生産能力を持つ(テスラgigafactoryを超える)とのこと。
・2019年から着工予定。
<元記事>https://insideevs.com/sk-innovation-battery-plant-georgia/

<X’s EYE>
◯解説:
15GWh/年程度の生産だろうか。EVだと30万台弱。市場を見ながら徐々に工場を拡大するのであろう。

18 11月 2018

【ニュース】中国 万向集団 80GWh電池工場建設 – electrive.com

・中国の万向集団は杭州に100億ドルを投資し、電気自動車の生産と研究開発センターを建設する。
・バッテーリー工場は、160ヘクタールの土地に建設され、完成すれば年80GWhの生産能力となる予定。
・また、杭州に300億ドルを投資し、 Wanxiang Innovation Energy Fusion Cityという都市を建設する。5〜7年で完了し、9万人の住民を招き入れる予定。
<元記事>https://www.electrive.com/2018/11/16/wanxiang-to-build-80-gwh-battery-factory/

<X’s EYE> 
◯解説:
100万台クラスの生産規模である。300億ドルもそれを実現するために適切な金額である。2020年以降の中国の電動車市場は

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]