18 6月 2019

【コラム】EVを安く作る力がないトヨタ、章男社長「仲間作り」の成否

・「トヨタは大丈夫というのが私にとって一番危険な言葉だ」。13日開催した株主総会で、トヨタ自動車の豊田章男社長は改めて危機感をあらわにした。
・「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」の中でも、特にトヨタが危機感を募らせるのが電動化
・「EVについては技術的に遅れてないが、すぐに売れる原価でできるかと言うとトヨタ1社では厳しい」との認識。
・豊田社長が掲げる「仲間づくり」でできた仲間と共にEVを普及する考え。
・地域や機能ごとに必要な分野で相互補完し、シナジーを最大化する―。トヨタは資本の強い結びつきを前提とした提携でなく、業務提携や少額出資という緩やかな連携で仲間づくりを進め新たな時代に臨んでいる。
<元記事>https://newswitch.jp/p/18067

特にトヨタに限ったことでなく既存の自動車メーカー全てに当てはまることである。自動車メーカーは生産技術がコアである。高性能の商品を安く作り産業障壁を作ってきた。その世界での生き方がトヨタにあっていたわけであるが、この記事の指摘するような家電メーカーが通ってきた道を選択するのがいいのだろうか。VWやGMなどと何ら変わらない。その中で生きていかなければならないのかもしれないが、あまりハッピーストーリーは想像できないのは私だけだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 6月 2019

【ニュース】テスラはバッテリー用鉱物確保のため採掘業に参入か | TechCrunch Japan

・テスラCEOのイーロン・マスク氏は年次株主総会で、電気自動車のバッテリーに使用されている鉱物を採掘するビジネスに参入するかもしれないと述べた。
・製品のラインアップを拡大し、生産量を上げるために必要となるから。
・テスラが生産量を「非常に高いレベル」に増やすとすれば、「サプライチェーンをずっと下の方まで見直して、採掘事業に参入するかもしれません。まだよく分かりませんが、その可能性がないわけではない」と、マスク氏は言い放った。
<元記事>https://jp.techcrunch.com/2019/06/14/2019-06-11-tesla-might-get-into-the-mining-business-to-secure-minerals-for-electric-batteries/

新規の技術提案があるのであろうか?
NiやCu鉱山では、HPALの検証が行われている。この領域の技術チャレンジで市場に刺激を与えられるかもしれない。
ただ、テスラにとって生産過程の律速ではない気がするが。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 6月 2019

【調査レポート】多様化するパワートレーン政策 | 知的資産創造 | 野村総合研究所(NRI)

・電動車シフトが進む中、中心部品である車載LIB(リチウムイオン電池)において、欧州・中国では事業支援を伴う保護主義政策が採られた。その中で日系LIBメーカーは非常に厳しい事業環境に立たされてきている。日系OEM、LIBメーカーは積極的に政策に関与し、政府支援策をより事業支援型にシフトするよう働きかけるべきである。
・グローバル個々のエリアの状況により、電動化以外のパワートレーンの多様化も進んでいる。その中でインド、ブラジルについては保護主義政策の影響を受け、CNG、ハイブリッドFFVなどの車両投入が進む一方で、米国ではこれまで積極的に進められてきたFCEVが、トランプ政権成立後、不透明な状況に変化し始めている。今後、関連プレイヤーの事業機会を検討するに当たっては、こうした国際経済状況を踏まえた政策変化を、車両そのものとインフラの両面から注視していく必要がある。
・保護主義時代には、エンドユーザーのニーズに加え、各地域の政府政策の意向を捉える必要性が高まり、市場ニーズが従来以上に細分化される。そのため、差別化と効率化を両立させる開発フローの革新が求められ、長期の開発では、シンポジウムなどを活用した協業を促進する仕組み作り、中期の開発では、変動部分と固定部分の仕様を最適に設定する基盤開発の強化が必要である。
<元記事>https://www.nri.com/jp/knowledge/publication/cc/chitekishisan/lst/2019/04/05

SDGsなどと言う言葉がでてくる数十年前から自動車メーカーは、地球環境のことを自ら考えて技術開発を続けてきた。
最近は、政治的な理由に振り回される傾向が強くなってきた。法規は適正な数値目標を設定した場合、継続的な経済活動を活発化させることができる。最近の数値目標は手段を指定する傾向があり、それでいいのか疑問である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【コラム】VWのバッテリー投資、高リスクも他に選択肢なし – WSJ

・VWは13日、バッテリー生産に約10億ドル(約1080億円)投資することを発表した。その一部はスウェーデンのバッテリー新興企業ノースボルトとの合弁会社設立に充て、EV用バッテリーの中核コンポーネントであるセルを生産する。
・VWは、技術の変化が激しいこの時代に、実績のないバッテリーメーカーと組んで巨費を投じることになる。
・ドイツのニーダーザクセン州はVWの議決権株式20%を保有している。VWとノースボルトの合弁工場が、同州 ザルツギッター に建設されるとみられるのも意外ではない。同地には世界最大のエンジン工場の1つがある。
・EVが従来車に取って代われば、内燃エンジン関連の雇用はバッテリー関連の雇用に置き換えられることになる。
・VWは、排ガス不正で約340億ドルの代償を払うことになったことを考えれば、バッテリー生産はさほど高い賭けではないかもしれない。
<元記事>https://jp.wsj.com/articles/SB12720290320763713670604585364220989643474

決して小さい金額ではないが、数年で10億ドルであれば技術投資としては巨額とまではいう数字ではない気もするが。
この連携でVWが電池価格を下げる取り組みをしなければならない。それができなければ、この費用は無駄になるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【ニュース】ホンダ e、EV専用プラットフォームを発表…前後重量配分は50対50 | レスポンス

・ホンダの欧州部門は6月13日、新型EVの『ホンダe』(Honda e)のプラットフォームを発表した。
・バッテリーはホイールベースの中央に配置。
・リチウムイオンバッテリーは蓄電容量35.5kWh。バッテリーパックは、水冷式。
・充電は、「タイプ2」のAC接続、または「CCS2」のDC急速充電器に対応する。1回の充電での航続は200km以上を達成する予定だ。急速充電なら、30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。
<元記事>https://response.jp/article/2019/06/14/323446.html

ホンダにはMM思想と言うものがある。また、走行性能にこだわりがある。売り方には問題があるが、お客様目線では価値の高いものを提供している。EVでもそれを積極的に考えた商品であることは間違えない。
ただ、これを利益が取れるようにしていくのは苦手である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【ニュース】VW、自動運転車・EV開発へフォードと提携で合意近い=CEO – ロイターニュース – 経済:朝日新聞デジタル

・自動車大手の独フォルクスワーゲン(VW)と米フォード・モーターは、自動運転車と電気自動車(EV)の開発に向けた提携で合意に近づいている。VWのディース最高経営責任者(CEO)が13日、明らかにした。
・両社は3月にピックアップトラックの開発で提携合意しており、自動運転・モビリティーサービスのほか、フォードがVWのEVプラットフォーム「MEB」を利用するなど提携分野の拡大に向け協議してきた。
<元記事>http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN1TE3BJ.html

フォードは最近騒がれているCASEを数十年前から検証してきた。そこにVWが注目したのかもしれない。
技術連携以外で分析してみると、VWが北米が弱く、フォードは中国でイマイチである。補完関係をとるような連携にも見えなくはない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【ニュース】SKC、EV電池用銅箔メーカーを買収 – NNA ASIA・韓国

・SKCは、電気自動車(EV)バッテリー向け銅箔を製造するKCFTテクノロジーズを買収すると発表した。
・KCFTは最長50キロメートル、髪の毛の30分の1の薄さの銅箔を生産する技術を有し、世界のバッテリーメーカー向けに供給している。
・SKCはKCFTの生産能力を2022年までに現在の3倍に増強する計画
<元記事>https://www.nna.jp/news/show/1914317

SKグループは、セパレーターの増産をすでに発表している。今回は銅箔である。両者とも比較的利益が取りやすい部材である。このような買収や量産によって、電池の価格を下げるのであろう。100GWhを超える生産に向けて本気度を感じる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 6月 2019

【ニュース】「波は来てからでは遅い」(永守会長)-日本電産のEV待ち伏せ戦略

・日本電産が電気自動車(EV)をターゲットに車載事業の規模を大きく拡大する。
・100年に1度と言われる自動車業界の激変期。車の3要素「走る・曲がる・止まる」に関わるモーターなどの製品群をそろえる日本電産は、2025年をめどにEV用プラットフォーム(車台)事業へ参入し、同事業で30年度に約1兆円の売上高を目指す方針だ。
・日本電産は車の電動化、EV化の波を見据えて車載事業の強化を進めてきた。18年度の車載事業の売上高は10年度比4倍強の2973億円。全体の売上高に占める割合も同約10ポイント増の19・5%と存在感が増している。波は「来てからでは遅い。いわば『待ち伏せ』だ」。永守会長は力を込める・・・
<元記事>https://newswitch.jp/p/18013

PTの電動化は進みモーターの需要も間違えなく増えていくのであろう。
待ち伏せしていることは同業他社が見ていると思うが、大丈夫であろうか。リスクを考えて、絞りきらずいくつかのケーススタディを考え選択肢を用意しておく考え方もあるが、これは凡人の考えなのかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 6月 2019

【ニュース】LG化学、中国業界1位の吉利自動車とバッテリー合弁法人設立 | Joongang Ilbo | 中央日報

・LG化学は13日、中国吉利自動車と電気自動車用バッテリーの合弁法人を設立すると明らかにした。
・合弁法人はLG化学と吉利自動車が50対50で株式を持ち合うもので、それぞれ1034億ウォン(約94億円)を出資する。
・工場の場所と法人名は未定であるが、年末に着工し2021年末までに電気自動車用バッテリー10ギガワット時の生産能力を備える計画だ。
<元記事>https://japanese.joins.com/article/405/254405.html?servcode=300§code=300&cloc=jp|main|breakingnews

中国に限らず、自動車メーカーと電池メーカーのこのような連携がこれから加速していくのであろう。LGは供給先が確保でき、吉利は自社の仕様に合わせた電池が確保できる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 6月 2019

【ニュース】フォルクスワーゲン Northvoltとの共同電池事業に10億米ドル投資し、株式の20%を取得 – Green Car Congress

・フォルクスワーゲンAGはNorthvolt ABとの共同バッテリー事業に9億ユーロ(10億1900万米ドル)を投資する。
・これにより、フォルクスワーゲンはNorthvolt ABの株式の約20%を取得する。
・今年中にヨーロッパで16GWhのバッテリーセル工場を建設するための50/50の合弁事業を計画。
・生産施設の建設は最短で2020年に開始される予定。フォルクスワーゲンのバッテリーセル生産は2023年末/ 2024年頃に開始される予定。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/06/20190612-vw.html

トヨタが5000億円程度をパナソニックの連携で出すことを考えると、投資の規模はそれほど大きくないとも見える。
EVがICEを圧倒する市場は今ずぐには想像できないが、着実に伸びていくことは間違えない。10年後20年後を見据えれば、このような投資と事業検討が企業の成長につながるのであろう。FCV事業を検討することで、日本企業は視野が広がり成長した。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp