24 10月 2019

【ニュース】トヨタ副社長、欧州で2020年代前半にEV投入-電動化加速、米印でも – Bloomberg

・トヨタ自動車の寺師茂樹副社長は22日、都内で開かれたイベントで、欧州で2020年代前半に電気自動車(EV)を投入する考えを明らかにした。米国やインドでも販売計画が進んでおり、世界的な排ガス規制強化の流れの中で電動化への対応を急ぐ。
◯ポイント
・欧州では小さめの車から出していきたい
・米国では大きめの車も合わせて複数台のEVを投入
・インドのEVはスズキと開発、かなり小さい車をなるべく早いタイミングで出したい・・・・
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-22/PZRF8KT0G1LB01?srnd=cojp-v2

23 10月 2019

【ニュース】中電とマツダ、EV電池の再利用へ試験 年内に開始 | 中国新聞

・中国電力とマツダは17日、電気自動車(EV)の使用済みリチウムイオン電池を、家庭などの電源として再利用する試験を年内に始めると発表した。
・太陽光で発電した電気をためて夜間に使うときの蓄電池として利用できるか確認する。
・EVの普及が進む中、リサイクルの手段として実用化を目指す。
・試験には、マツダが2012年にリースを始めたEVの電池を使う。使用に伴って走行距離は短くなったが、蓄電池としては使える。20年には初の量産EVの発売を予定しており、中電に共同研究を持ち掛けた。
<元記事>https://this.kiji.is/557677891116057697?c=65699763097731077

23 10月 2019

【ニュース】GSユアサ、リチウムイオン電池提案 自動運転車の予備電源に | 日刊工業新聞 電子版

・GSユアサは次世代車の自動運転システムのバックアップ用電源として、12ボルトリチウムイオン電池(LiB)の提案を始めた。
・自動運転システムは多種多様な安全技術が必要とされる。システム故障やハッキング時などは安全確保のため、フェールセーフ(機能停止)、フェールオペレーショナル(機能継続)などの機能で安全な場所まで走行を続けたり、ドアを開けるなどが必要となる。
・この電源としてメーンバッテリーと異なるバックアップ用が要る。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00535055

その通りだと思う。このような事態に備えようとすると電池の容量は現状のものでは対応しきれない。自動運転で必要な電力を計算するとわかるが、電動化とEVは相性が悪い。シリーズハイブリッドのようなものの方がまだ相性がいい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

22 10月 2019

【ニュース】トヨタ、新型リチウム電池開発 – 一般社団法人 日本自動車会議所

・トヨタ自動車と電池子会社のプライムアースEVエナジー(PEVE、北田眞治社長)は、新たなリチウムイオン電池のセル(単電池)を開発した。
・電極材料などを見直して充放電能力を現行セルに比べ約2倍に高めた。
・来年2月発売の「ヤリス」を皮切りに順次、リチウムイオン電池搭載車に採用し、従来のタイプから切り替えを進める。
・これまでは捨てていた制動エネルギーの回収率が高まり、一段の燃費向上が見込まれる。
・ヤリスHVの燃費は年末にも公表するが、トヨタは「世界のHVのなかで最高となる」(吉田守孝副社長)としており、「プリウス」(JC08モードで39㌔㍍/㍑)を超えて40㌔㍍㍑を上回る公算が大きい。
<元記事>https://www.aba-j.or.jp/info/industry/10726/

トヨタがハイブリッドに力を入れるのは間違いないのであろうが、PEVEからの発表であることが気にかかる。何か政治的な匂いがしなくも無い。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

22 10月 2019

【市場調査】車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2019年) | 矢野経済研究所

出典:https://www.yano.co.jp/

・株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2019年の車載用リチウムイオン電池世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。
・2018年の車載用リチウムイオン電池(Lithium-ion Battery、以下LiB)世界市場規模は容量ベースで前年比192.4%の110.5GWhであった。
・市場ベース予測の2030年の車載用LiB市場規模を503.4GWhまで成長すると予測する。
・その他、世界各国の動向なども紹介。
<元記事>https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2253

矢野経済はこの手の情報機関としては、比較的現実的な数字を出している。EV販売台数でいうと、自動車の総販売台数の5%程度というところであろうか。法規対応程度という予測であろう。自動車会社が気にしているのは2030年以降ではないだろうか。この調子で法規がきつくなるのであれば、計画的な廃業や売却も自動車メーカーの選択肢にあってもいいんではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 10月 2019

【コラム】アマゾンがEV普及の引き金になる? 配送用に10万台が導入されることの意味|WIRED.jp

・配送用のヴァンとして2030年までに10万台の電気自動車(EV)を発注するというアマゾン。
・EV推進派にとって大きなチャンスの到来である。スタートアップとして創業して10年のEVメーカーであるリヴィアン(Rivian)をはじめ、多くの企業が期待を寄せている。
・重要なのは、アマゾンとそのリヴィアンが契約を結ぶことの意味。”企業が包有する車両”のエネルギー源として何を選ぶのかが、未来の輸送エネルギーの主流が電力になるかどうかを決める鍵になるかもしれない。
・ほかにも多くの企業が、徐々にEVの大規模な購入に乗り出している。電気バスの導入に意欲的な公共交通機関も増えており、特にアジアでこうした傾向が目立つ。
・企業が大規模なEVの購入を行い、こうした技術に接する人が増え、家の近所を走る電気トラックが当たり前の光景になることが、EV市場に大きく貢献するかもしれない。
<元記事>https://wired.jp/2019/10/17/amazon-all-electric-future-fleet-vehicles/

これを機に、EVは商業向けに相性がいいという認識がされていくだろうか。
自分のお金でEVを買う気になれないが、会社であれば社会貢献という付加価値が購買意欲になる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 10月 2019

【コラム】イーロン博士とマスク氏の“地獄”のテスラ工場(前篇)|WIRED.jp

・高級電気自動車(EV)で業界をけん引するテスラは、「手の届く」EVであるモデル3が年内には日本で納車が始まることでも注目だ。
・だが、完全自動運転の時代を見据え、革新的なテクノロジーをクルマにつぎ込んできた同社の道のりは、ジキルとハイドのごとき“天才”イーロン・マスクとの葛藤の物語でもある。
・『WIRED』US版のカヴァーストーリーとなった知られざるその舞台裏を2週にわたってお届けする・・・・
<元記事>https://wired.jp/membership/2019/10/17/elon-musk-tesla-life-gigafactory/

個人的には、台数を求め一般人に手が届くようにしたことが、失敗だったと思う。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

20 10月 2019

【コラム】ポルシェが“蓄電プラットフォーム”に変わる時代 – FNN.jpプライムオンライン

・化石燃料を燃やして走るか、電気で走るか?というアプリケーションの話しではなく、エネルギーを上流から眺めたとき、今私たちが立ち向かうべき社会課題は、実はエネルギーの大改革ではないだろうか。
・原子力発電と火力発電に親しんできた人類のエネルギーシステムを、根本から変える時代となったのだ。
・自然エネルギーを使い、再生可能なエネルギーがもっと普及することが、持続可能な社会を実現する唯一の方法かもしれない。その意味では大容量バッテリーが自動車によって普及すると、その副次的な効果として、電気を貯めるシステムが現実的となる。
<元記事>https://www.fnn.jp/posts/00048595HDK/201910181640_KazuoShimizu_HDK

この手の飛躍したロジックを主張するのはいつまで論じられるのであろうか。
確かに再生可能エネルギーの定着は社会を変える。自動車に蓄えてそれを使うというのは、様々視点から考えて効率が悪い。エネルギー源も重要であるが、エネルギーを有効に利用する観点でも考えてもらいたい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 10月 2019

【ニュース】インド政府とAEPPL、リチウムイオンバッテリー工場拡張に合意 – 自動車産業ポータル マークラインズ

・インド・グジャラート州政府と、スズキ、東芝、デンソーの3社が共同で設立したAutomotive Electronics Power Private Limited (AEPPL)は10月14日、リチウムイオン電池の生産工場を拡張するための覚書を締結したと発表した。
・ AEPPLはベチャラジ (Bacharaji)拠点で2段階の投資を行う。第1段階では125億ルピー (約190億円)を投じて2020年末までにバッテリーパックとモジュール製造施設を建設し、約1,000名の現地従業員を雇用する。
<元記事>https://www.marklines.com/ja/news/231731

今後、フルHEVも注目されそうである。トヨタは、インドで工場を作ることをチラつかせたら、中国との交渉がしやすくなったりするのであろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 10月 2019

【ニュース】トヨタ:立ち乗りタイプなど小型EV一気に4種類-高齢化で活用期待 – Bloomberg

・トヨタ自動車は17日、1人での立ち乗りタイプを含む小さいサイズの電気自動車(EV)を来年から再来年にかけて国内で4車種発売する予定だと発表した。
・高齢化も見据え、さまざま状況で快適に移動できることを目指す。
・トヨタが来年冬ごろに発売を予定する「超小型EV」は2人乗りで、高齢者らの日常の買い物といった近距離移動向けの需要が想定されている。4車種のうちでは最も大きく最高速度は時速60キロメートルで、充電時間は約5時間で満充電からの走行距離は約100キロ。
・高齢者の移動手段の確保や地方における公共交通の衰退といった問題を受けて、日本政府は多様なモビリティの普及・促進を目指している。経済産業省が8月に初会合を開いた「多様なモビリティ普及推進会議」では、ブリヂストンの電動アシスト自転車などとともにトヨタの超小型EVが紹介されていた。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-17/PZG2FKDWLU6C01

ホンダは似たようなもを先に作っている。しかし、販売に踏み切れない。技術以外のところで負けているのが本当の課題である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp