09 1月 2019

【論文紹介】Recent Advances in Energy Chemistry between Solid-State Electrolyte and Safe Lithium-Metal Anodes – ScienceDirect

出典:https://ars.els-cdn.com/

Chem Available online 3 January 2019; doi: 10.1016/j.chempr.2018.12.002
・全固体リチウム金属電池に関するのレビュー論文。
・グラファイトの10倍近い比容量をもつリチウム金属は、非水系電解液よりも高い安全性を示す固体電解質との相性が良いとされているが、デンドライトの問題や、固体-固体接触界面の問題など、多くの課題を抱えている。
・リチウム金属、固体電解質のそれぞれの課題ではなく、これらを組み合わせた際に生じる課題と、近年のそれらのアプローチがまとめられている。
・「素晴らしい見通しを持っているが、 実際には克服すべき多くの障壁がある。」と結論づけている。
<元記事>https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2451929418305412?via=ihub


◯解説:
30年以上前から固体電解質とLi金属の組み合わせの研究は行われている。入力(充電)の電流が低い場合はデンドライドは生成しにくいが、高くすると生成してしまう。
実用的な電流を流した時にどうなるのかが重要なポイントの一つではないだろうか。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 8月 2016

【論文紹介】Lithium metal protection through in-situ formed solid electrolyte interphase in lithium-sulfur batteries: The role of polysulfides on lithium anode

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 327, 30 September 2016, Pages 212–220
・LiS電池の金属リチウム負極の劣化メカニズムについての報告。
・S正極から溶出したポリスルフィドが負極表面のSEIの構造に影響する。
・0.02M程度のLi2S5(硫黄としては0.1M)では、添加剤LiNO3と電解質塩とLi2S5からなる安定したSEIが形成されるが、Li2S5濃度がそれ以上ではデッドリチウムの増加に繋がり、クーロン効率効率が低下する。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775316309235