13 4月 2019

【論文紹介】Anti‐Oxygen Leaking LiCoO2 – Sharifi‐Asl – – Advanced Functional Materials

Advanced Functional Materials, 2019; 1901110 DOI: 10.1002/adfm.201901110
・イリノイ大学シカゴ工科大学の研究者らが、グラフェンで被覆したコバルト酸リチウムの熱安定性を高め、高電圧での酸素放出を抑制することを確認した。
・rGO/LCOの界面において、強いC-Ocathode結合を形成しており、それによって酸素放出を抑制する。
・このグラフェン被覆LCOは高いカットオフ電圧において、未被覆品に比べて顕著にサイクル容量維持率が向上することを確認した。
<元記事>https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/adfm.201901110

高電位で活物質が分解しない対策は、ドーパントや形状、結晶性の制御で行われることが多かった。
このような被服でも効果があるのであれば、新しい選択が増えたことになる。C-0結合云々の原理説明が正しければ三元系やNCAなどにも展開できるということになる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

25 1月 2017

【論文紹介(オープンアクセス)】The influence of large cations on the electrochemical properties of tunnel-structured metal oxides

出典:http://www.nature.com/

Nature Communications 7, Article number: 13374 (2016), doi:10.1038/ncomms13374
・トンネル構造を有する金属酸化物は固体内へのイオンの迅速な挿入脱離を可能とするため、電荷貯蔵材料として注目されている。
・このトンネル内にアンモニウムイオンなどの大きなカチオンを導入することができるが、今回、陽イオンが導入されたトンネルが電荷蓄積性能に与える影響について調査した。
・特に今回、α-MnO2中のカリウムイオンに着目して、電極材料の電気化学的性質を支配するトンネルカチオンの役割を報告している。
・結果、二酸化マンガンの2×2トンネル内に陽イオンが存在することにより、電子伝導性が向上し、リチウムイオンの拡散性が向上することが示された。
<元記事>http://www.nature.com/articles/ncomms13374