25 5月 2017

【論文紹介】Li4Ti5O12 composited with Li2ZrO3 revealing simultaneously meliorated ionic and electronic conductivities as high performance anode materials for Li-ion batteries

出典:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 354, 30 June 2017, Pages 16–25
・LTO負極の電気伝導性、イオン伝導性を向上させる手法について。
・LTO表面にZr4+ドーピングを伴うLi2ZrO3との複合化を行った。
・Li2ZrO3/LTO比が0.009で最も良好なレート特性が得られた。
・これは良好なイオン伝導性を有する正方晶Li2ZrO3との複合化と、LTO表面にZr4+ドーピングしたことによる電気伝導性が向上したためである。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S037877531730513X

06 5月 2015

【論文紹介】Direct carbon coating at high temperature on LiNi0.5Mn1.5O4 cathode: Unexpected influence on crystal structure and electrochemical performances

出展:http://www.sciencedirect.com/

Journal of power Sources, Volume 288, 15, August 2015, Pages 206-213
【概要】
・スピネル LiNi0.5Mn1.5O4 への新規炭素コーティングによる電池特性向上についての報告。
・不活性ガスや還元ガスを用いずに800℃で炭素コーティングを行った。
・スピネルの表面の炭素は0.6wt%程度で非晶質であり、表面積を増大させる。
・この手法で炭素コーティングすることで、カチオンの状態や三価マンガンの濃度が変化する。
・この手法で作製したLiNi0.5Mn1.5O4/Cは、分極を低減させ、高レートでのサイクル寿命や負荷特性を向上させる。