17 5月 2019

【市場予測】EVメーカーの主戦場となる中国、来年の販売台数200万台に – Bloomberg

・ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)が15日発表したリポートによれば、中国の年間EV販売台数は2018年に初めて100万台を突破したばかりだが、来年には200万台に達する。
・世界EV販売の半分以上を中国が占める中で、他の地域も追い付き始め、中国のシェアは40年には約25%に低下する見込み。
・VWとテスラは年内に中国でEV生産を開始する計画で、日産自動車は中国EVメーカーへの出資を模索する。北京新能源汽車やBYD(比亜迪)など中国勢がこれに対抗していく。
・政府は購入補助金の削減を進め、20年には撤廃する。その後2年はこうした状況が需要に対する若干の重しとなる見込みだが、23年には販売台数が350万台に達し、成長が再び始まるとBNEFは予想している。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-16/PRKM726KLVR501?srnd=cojp-v2

以前ブルームバーグが予測していたものより下ブレしている気がするが、過去の予想を訂正するようなことをしてほしい。批判するのが目的でなく、そのような情報を加えてくれることで記事の価値が高まるし、読者にとって有用ではないだろうか。
中国都心部ではEVが定着している。数をさらに増やすには郊外でどれだけ受け入れられるか、ではないだろうか。政府がそこに何らかの政策を打ち出すことがあれば伸びるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 4月 2019

【ニュース】BNEF Shocker — 2022年に競争力のある電気自動車価格、バッテリーの価格は急落| CleanTechnica

・ブルームバーグニューエナジーファイナンス(BNEF)のチームは、電気自動車の価格を調査し、ガソリン車の価格に対して競争力がでる時期を予測している。2017年には、BNEFは、それは2026年になると予測していた。
・今回、BNEFは2022年には、電気自動車がガソリンまたはディーゼルエンジン車と価格競争力を持つようになると発表。
・この要因は、バッテリー価格の下落であり、2015年の中型車では総コストの57%がバッテリーコストであったが、2025年には20%になると予測したため。
<元記事>https://cleantechnica.com/2019/04/17/bnef-shocker-electric-cars-price-competitive-in-2020-as-battery-costs-plummet/

BNEFはまた墓穴を掘るのであろうか。「プライス」が競争力あるものになる可能性はあるが、「コスト」が予想のようになることはないであろう。そもそも、商品価値が異なるものを比較しようとしている矛盾に気がついて欲しい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

25 5月 2018

【市場予測】EVよりもEVバスの市場の伸びのほうが大きい 〜ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)〜

出典:http://www.greencarcongress.com/

・ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の最新の長期予測によると、
・電気自動車(EV)の世界市場は、2025年には1100万台に増加し、2030年には3千万に急増する。
・中国は2025年に世界のEV市場の約50%を占め、2030年には39%を占める。
・電化の比率は、2030年に欧州軽量車販売の44%、中国の41%、米国の34%、日本の17%になる。
・電池メーカのシェアは、中国は2018年に全世界の59%のシェアを締めており、2021年には73%に増加すると予測。
・ガソリンまたはディーゼルエンジン(ICE)車の数は、2020年代半ばに減少し始める。 2040年には、約6,000万台のEVが販売される見込みで、世界の小型車市場の55%に相当する。
・電気バス市場の伸びはEVよりもさらに大きくなる。
<元記事>http://www.greencarcongress.com/2018/05/20180521-bnefg.html

11 7月 2017

【市場予測】電気自動車が化石燃料車を追い越す、2040年までに販売逆転-BNEF – Bloomberg

出典:https://www.bloomberg.co.jp/

・バッテリー価格の下落で電気自動車の販売台数が伸び、今後20年のうちに化石燃料で走る従来型自動車を追い越す。
・世界の自動車業界は根底から覆され、石油輸出国は経済的な混乱に陥る。
・電気自動車用リチウムイオン電池の生産能力は現時点で90ギガワット時前後だが、2021年までに270ギガワット時に増加する。
・ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)はこうした予測を発表。
・2040年までに世界自動車台数の3分の1を電気自動車が占めるようになると見込む。実現すれば、サウジアラビアの現時点の輸出量を上回る日量約800万バレルの石油が取って代わられる公算。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-09/OSOGOO6K50XS01

08 7月 2017

【市場予測】 BNEF forecasts EVs to hit 54% of new car sales by 2040; decreasing importance of PHEVs

出典:http://www.greencarcongress.com/

・ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の最新の予測では、2040年までに世界の自動車販売台数の54%をEVが占める。これは、過去のBNEFの予測と比較して大幅にジャンプしている。
・また、2025年にかけてEVの販売が増加するとともに、システムが複雑で2つのパワートレインが必要なPHVの販売台数は減少すると予測。
・ただし、日本でのみ2030年以降もPHVは重要な役割を果たすだろうと予測。
・2029年までにはほぼ全ての市場でEVの価格がガソリン車の価格に匹敵もしくは下回ると予測。
・2010年以降、バッテリーの価格はkWhあたりで73%低下した。BNEFの予測では、2030年までに更に70%以上価格が低下する。
<元記事>http://www.greencarcongress.com/2017/07/20170706-bnef.html