22 1月 2018

【論文紹介】The existence of optimal molecular weight for poly(acrylic acid) binders in silicon/graphite composite anode for lithium-ion batteries

出典:http://www.sciencedirect.com/

Journal of Power Sources, Volume 378, 28 February 2018, Pages 671–676
・シリコンとグラファイトの複合電極の結着剤としてポリアクリル酸を用いた多くの研究が報告されているが、本報告は、そのアクリル酸の分子量に最適値が存在するというもの。
・アクリル酸ぼ分子量は、スラリーの粘度に影響するだけでなく、乾燥後の凝集状態が変化して、それが電池特性や寿命に影響する。
・著者らはアクリル酸の分子量との電池特性への影響を詳細に調査した。
・結果、15wt%のSi含有電極について、24-150kDaの範囲のポリアクリル酸の分子量が最適であることを確認した。
<元記事>http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378775317316762

04 8月 2017

【論文紹介】Annulated Dialkoxybenzenes as Catholyte Materials for Non-aqueous Redox Flow Batteries: Achieving High Chemical Stability through Bicyclic Substitution

出展:http://www.jcesr.org/

Asvanced energy materials, :DOI: 10.1002/aenm.201701272
・非水系レドックスフロー電池のcatholyteについて。
・1,4-ジメトキシベンゼン誘導体は、高い電位および優れた電気化学的可逆性を示すために注目されているが、酸化状態のラジカルカチオンは不安定である。
・今回、 ジアルコキシベンゼンに二環式置換基およびエーテル鎖を組み込むことにより、新規な陰極液分子である9,10-ビス(2-メトキシエトキシ)-1,2,3,4,5,6,7,8-オクタヒドロ-1,4:5 、8-ジメタノアントラセン(BODMA)を合成した。
・BODMAは4.0V(vs. Li/Li+)の電位で、安定した電気化学反応を示し、150サイクルにおいて安定した電池性能を示した。
<元記事>http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/aenm.201701272/abstract