12 6月 2019

【ニュース】アウディが量産型EVのE-Tron SUVをリコール、バッテリー発火の恐れ | TechCrunch Japan

・Audi(アウディ)は米国時間6月10日、バッテリー発火の恐れがあるとして、米国で電気自動車(EV)のE-Tron SUVを自主回収すると発表した。
・Audiの広報はBloombergに対し、これまでに販売された1644台で発火は報告されていない、と語った。
・発表にると、ワイヤーハーネスを通じて湿気が電池の中にしみ込むことがわかったとのことだ。これが原因の電池故障が世界で5件報告されている。
<元記事>https://jp.techcrunch.com/2019/06/11/2019-06-10-audi-recalls-its-electric-suv-over-battery-fire-risk/

新商品を世に出していくときは、このようなリコールは避けて通れない。大手自動車メーカーであれば経験や資金を活用して、このような対応ができるが、ベンチャーなどでは厳しいかもしれない。特に電池関係の部材は、他に比べて初期では気が付きにくく使っていくと問題になる事象が多い気がする。今回の気密性の問題以外に高電圧であることによる問題が色々出てくるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 5月 2019

【ニュース】Audi  1.9 MWhの使用済み電池から作成したSEEをベルリンに設置 – electrive.com

・アウディはベルリンに1.9 MWhの容量の定置型エネルギー貯蔵施設を開設した。
・使用したセカンドユースのリチウムイオン電池は開発用のe-tron車もので、電気自動車とエネルギーグリッドの間の様々な相互作用シナリオをテストする。
・AudiのReiner Mangoldは、EVバッテリーのセカンドライフアプリケーションは「電気自動車を手頃な価格にするために不可欠」であり、自動車業界が生き残るためには不可欠だと述べた。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/05/26/berlin-audi-sets-up-1-9-mwh-stationary-battery/

この取り組みで本当に電池を安くできるストーリーができているとしたら、競争力のある技術を開発したということであろう。
自動車を設計する上で、品質や性能の異なる中古の基幹部品を使用することはない。このような設計は本来自動車メーカーはやってこなかったことである。それができたということであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 9月 2018

【ニュース】アウディ初のEV『e-tron』、9月17日にデビューをライブ配信へ | レスポンス(Response.jp)

・アウディは、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで9月17日に開催する「The Charge」において、ブランド初の市販EV『e-tron』(Audi e-tron)をワールドプレミアし、その様子をライブ配信すると発表した。
・バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は95kWhと大容量。
・この効果もあり、1回の充電での航続は欧州仕様の場合、最大で400km以上の性能を備える。
・またe-tronは、最大150kWで急速充電を行うことが可能。これにより、わずか30分以内に充電を行える。
<元記事>https://response.jp/article/2018/09/13/313984.html

<X’s EYE(X氏コメント)>

ビジネス:
今後、SUVをベースにしたEVが主流になっていくと思われる。 Read More

21 6月 2018

【ニュース】現代自とアウディ、燃料電池車の技術開発で提携 | ロイター

・韓国の現代自動車と独アウディは、水素で走る燃料電池車の技術開発で提携することで合意した。
・提携では、両社が保有する知的財産への相互アクセスを認めるほか、部品も共有する。
<元記事>https://jp.reuters.com/article/hyundai-audi-idJPKBN1JG0TX

25 5月 2018

【ニュース】インド アウディ、20年にEV投入を計画(NNA)

・ドイツ高級自動車メーカーのアウディは、インドで2020年に電気自動車(EV)を投入する方針を示した。
・インド事業を統括するラヒル・アンサリ氏が「1回の充電で400キロメートル走行できるモデルを検討している」と明らかにした。
・市場に流通する現行のEVは、充電1回当たりの走行距離が150キロ程度とされる。アウディは走行距離が長いモデルを投入することにより、差別化を図る考え。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000016-nna_kyodo-asia

11 5月 2018

【ニュース】独アウディ、2025年に約80万台のEV&PHVを販売する目標発表(Impress Watch)

・独アウディAGは5月9日(現地時間)、同日に開催された株主総会において「Audi.Vorsprung.2025」と名付けられた最新の企業戦略を提示。
・その中で、2025年に約80万台のEV(電気自動車)とPHV(プラグインハイブリッド)を販売する目標を発表した。
・同社は2025年までにすべてのモデルラインアップを電動化する予定としており、2025年までに20以上の電動化モデルを投入する計画。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000101-impress-ind

24 4月 2018

【ニュース】アウディ初の市販EV、e-tron のスペック発表…航続は400km以上 | レスポンス

・アウディが、2018年末に発売予定のブランド初の市販EV、『e-tron』の一部スペックを発表。
・バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は95kWhと大容量。この効果もあり、1回の充電での航続は、欧州仕様の場合、最大で400km以上の性能を備える。
・ベルギー・ブリュッセル工場で生産され、欧州市場で2018年末に発売される予定。
<元記事>https://response.jp/article/2018/04/22/308844.html

14 3月 2018

【ニュース】アウディ、合成燃料「e-gasoline」の生産に成功…代替ガソリンとしての利用を目指す(レスポンス) – carview!

・アウディは、代替ガソリンとしての利用を目指す合成燃料、「e-gasoline」の生産に成功したと発表。
・アウディのe-gasolineは、非常に優れた耐ノッキング性を備えた高純度な合成燃料液体イソオクタン(C8H18)。
・e-gasolineは、原油に依存せず、既存のインフラと互換性があり、クローズドカーボンサイクル実現の可能性を提供する。
・さらに、燃料には硫黄とベンゼンが含まれていないため、燃焼時に汚染物質がとくに少ないことが特徴になる。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180313-10293193-carview/

13 2月 2018

【ニュース】ポルシェとアウディがEVで協力、車台プラットフォーム共同開発へ

・ドイツ・フォルクスワーゲングループ(VWG)の高級車ブランドであるアウディとポルシェが、電気自動車(EV)向け共通プラットフォーム(車台)の共同開発を計画していることが明らかになった。
・共同開発の目的は大幅なコスト削減。
・ポルシェのオリバー・ブルーメCEOは、それぞれのブランドが個別にEVプラットフォームを手がければ「30%コスト高になるだろう」とし、共同開発のメリットを強調。
<元記事>https://newswitch.jp/p/11995

05 11月 2017

【ニュース】欧米自動車メーカ ハイパワー・チャージング(HPC)ネットワークを開発・実施する合弁会社、アイオニティー設立

・BMW、ダイムラー、フォード、アウディ、ポルシェ、フォルクスワーゲン・グループは、欧州全域で電気自動車のハイパワー・チャージング(HPC)ネットワークを開発・実施する合弁会社、アイオニティーを設立。
・IONITYは、2020年までに約400台のHPCステーションを設置する予定。
・今年はドイツ、ノルウェー、オーストリアの主要道路に120km間隔で、「Tank&Rast」、「Circle K」、「OMV」と提携して合計20箇所が公開される。
・充電ポイントあたり最大350kWの容量を持つネットワークは、ヨーロッパの充電規格Combined Charging Systemを使用して、既存のシステムと比較して充電時間を大幅に短縮することができる。
<元記事>http://www.greencarcongress.com/2017/11/20171103-ionity.html