13 2月 2019

【ニュース】CNTの世界出荷量、2023年に約4000トンへ – EE Times Japan

・矢野経済研究所は2019年2月、CNTの世界市場(メーカー出荷量)を調査し、将来展望などを発表。
・カーボンナノチューブ(CNT)の世界出荷量は、2023年に約4000トンとなる見通し。
・多層CNTはリチウムイオン電池導電助剤向け需要が拡大。特に、EVやPHEVの生産が増加する中国市場がけん引する。
・調査データによれば、リチウムイオン電池の導電助剤市場規模は、2018年に1万トンを超える見通し。このうち、多層CNTの比率は15%強に達する。
・今後の市場も、単層CNTと多層CNTがリチウムイオン電池の導電助剤として需要をけん引すると予測。
<元記事>http://eetimes.jp/ee/articles/1902/12/news032.html

CNTを合成した際には半導体と金属が混合している。分離はできるがコストがかかる。また、電極を作った際には嵩張り電極密度を上げにくい。と、このようにメリットが考えにくいが、CNTに限らず中国は積極的に新材料や新技術を投入している。行動すると、今までの知見の延長では見えなかった世界が現れることがある。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 11月 2018

【市場調査】矢野経済研究所、リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査結果を発表  :日本経済新聞

出典:https://www.nikkei.com/

・株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、リチウムイオン電池主要4部材の世界市場を調査し、民生小型機器用や車載用などのLiBセル用途や主要4部材の出荷動向、国別の設備投資や部材価格の動向などを明らかにした。
・2017年のリチウムイオン電池(以下、LiB)主要4部材世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比149.0%の147億1,505万4,000ドルと推計した。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP495428_Z01C18A1000000/

<X’s EYE> 
◯解説:
各部材メーカーの2020年ごろに向けた工場投資も発表されてる。数年は市場は拡大すると思われる。
記事にもあるようにNEV規制までの市場はある程度見込める。一方で、2020年以降は縮小することはないが、EVを普及させた市場の反応次第であろう。ただ、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

10 11月 2018

【書籍紹介】iPhone用リチウムイオン二次電池の解体調査を実施(2018年) | 矢野経済研究所

出典:http://www.yano.co.jp/

・株式会社矢野経済研究所は、東洋システム株式会社と共同で iPhone用リチウムイオン二次電池(LiB)を解体、分析し、同電池の技術動向変化(エネルギー密度の推移、定格容量・使用部材・設計思想の変化等) を明らかにした。
・iPhone6用LiB比で単位重量当たりのエネルギー密度を比較するとiPhone7用で105.2%、iPhone8用で107.4%と増加、単位体積当たりでも113.5%、115.7%と増加が確認された。Galaxy Note 7の発火事故後でもLiB高エネルギー密度化の傾向継続が確認された。
・ほぼ同時期に発売されたiPhone8用LiBとGalaxy S8用LiBのエネルギー密度を比較すると単位重量当たりで273Wh/kg対269Wh/kg、単位体積当たりで703Wh/L対659Wh/LといずれもiPhone8用LiBの方が高い。
・LiBの正極容量と負極容量の比率であるA/C比を、それぞれの電極目付及びその寸法から計算すると、iPhone7用LiBで1.20、iPhone8用LiBで1.15となり、iPhone8用LiBでA/C比の圧縮が確認された。
<元記事>http://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2009

24 10月 2017

【市場調査】車載用リチウムイオン電池市場、2020年の世界市場119.7GWhを予測 矢野経済研究所 | レスポンス(Response.jp)

出典:https://response.jp/

・矢野経済研究所は車載用リチウムイオン電池世界市場の調査を実施し、その結果をまとめた。
・2016年の車載用リチウムイオン電池(LiB)世界市場規模は、前年比52.6%増の46.6GWhと順調に伸びた。
・EV向けが40.7GWhで全体の87.3%を占める。PHEV向けが5.3GWhで構成比が11.4%、ハイブリッド車(HEV)向けが621MWhで構成比が1.3%。
・EV向けは特に中国では100~300kWhの大容量LiBパックを用いるEVバスの販売が拡大し、市場を牽引。
・xEV市場は成長を続ける見通しだが、xEVへの補助金が徐々に削減されることや、原材料の価格高騰など、xEVを取り巻く課題もある。
・このため、2020年の車載用LiB世界市場規模は119.7GWh、2025年には254.9GWhと緩やかな成長にとどまると予測する。
<元記事>https://response.jp/article/2017/10/23/301429.html

18 10月 2017

【市場調査】矢野経済研究所、リチウムイオン電池主要4部材世界市場の調査レポートを発表 | MOTOR CARS

出典:http://motorcars.jp/

・矢野経済研究所の同調査によると、2016年のリチウムイオン電池(以下、LiB)主要4部材世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比140.1%の98億7,744万9,000ドルと推計。
・2016年で車載用LiBセル向けを含む中大型LiBセル向けの出荷数量が民生小型機器用LiBセル向けを上回った。
・原材料コストの上昇を主要因に価格が上昇トレンドとなった部材も見られ、2017年の同市場規模は、約130億ドルの規模を見込んでいる。
・2016 年におけるリチウムイオン電池(以下、LiB)主要4 部材世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比140.1%の98 億7,744 万9,000 ドル。
・2015 年後半から2016 年前半にかけての炭酸リチウム価格の高騰に続き、2017 年の年初からはコバルト価格に上昇トレンドが見られ、正極材では中国を中心にNCM(三元系正極材)価格に上昇の動きが見られる。
<元記事>http://motorcars.jp/yano-economic-research-institute-announces-survey-reports-of-the-world-market-for-the-four-major-lithium-ion-batteries20171017

20 12月 2016

【市場調査】車載用Liイオン電池、年率40%前後の成長へ – 日経テクノロジーオンライン

出展:http://techon.nikkeibp.co.jp/

・矢野経済研究所の発表によると車載用Li(リチウム)イオン電池の世界市場規模が、2016~2020年に年率40%前後で成長する。
・特に中国政府が、2020年までに累計500万台を普及させる目標を掲げるなど、優遇策を推進している。
・この結果、中国市場では100k~300kWhのLiイオン電池パック搭載の電気バスなどの需要が拡大している。
・電気自動車などは、今後も中国市場を中心に拡大していくと同研究所はみている。中国のLiイオン電池メーカーにとっても追い風であり、2016年における車載用Liイオン電池メーカーの上位5社のうち4社が中国企業になるとの見通しを示す。
<元記事>http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/15/061300053/120700007/?rt=nocnt

21 10月 2016

【市場調査】矢野経済研究所 リチウムイオン電池主要 4 部材世界市場に関する調査を実施(2016 年)

出展:http://www.yano.co.jp/

・2015 年 リチウムイオン電池主要 4 部材世界市場規模は、前年比 118.1%の 70 億 5,043 万 6,000 ドルと推計
・2015 年の LiB 主要 4 部材世界市場(メーカー出荷数量ベース)においては、引き続き中国 LiB 部材メ ーカーが存在感を高めており、正極材(62.6%)、負極材(75.2%)、電解液(75.3%)、セパレーター (44.8%)といずれも国別シェアがトップ。
・今後は急拡大する中国 xEV 市場に向けて、LiB 主要4部材の生産体制を追い付かせるといった構図に なる見通しであるが、中国 xEV 市場がの成長の継続があるか否かで、需給バランスが崩れ、極端な価格 競争に繋がる可能性も懸念される。
<元記事>http://www.yano.co.jp/press/pdf/1600.pdf

18 10月 2016

【市場調査】矢野経済研究所 車載用リチウムイオン電池市場に関する調査を実施(2016年)

◯2015 年の車載用 LiB 世界市場は 27,853MWh、2016 年は 39,349MWh の見込
・2015 年の車載用リチウムイオン電池(LiB)世界市場(搭載された xEV 生産ベース)は、前年比 210.1% の 27,853MWh と大きく伸長。
・2016 年の車載用 LiB 世界市場(同ベース)は、前年比 141.3%の 39,349MWh と見込む。
◯各国政府の普及政策を受け、PHEV 及び EV の販売が急拡大したことが市場を牽引
・2015年の車載用LiB世界市場をxEVのタイプ別でみると、EV 向けが24,112MWh(構成比 86.6%)、PHEV 向けが 3,303MWh(同 11.9%)、HEV 向けが 438MWh(同 1.6%)と、 EV 及び PHEV 向けが車載用 LiB 世界市場全体の 98.5%を占めた。
・特に中国においては、100~300kWh の大容量 LiB パックを用いる 電気バスの販売が拡大したことが市場を牽引している。
◯2020 年の車載用 LiB 世界市場は 155,430MWh に拡大すると予測
<元記事>http://www.yano.co.jp/press/pdf/1598.pdf

15 4月 2015

【市場調査】矢野経済研究所 リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査結果 2015

・中国は 2014 年の主要 4 部材市場(メーカー出荷数量ベース)において、正極材(55.2%)、負極材(70.0%)、電解液(67.0%)、セパレーター(37.6%)と、国別シェアでいずれもトップを獲得。
・2014 年におけるリチウムイオン電池主要 4 部材の世界市場規模を前年比 110.6%の 58 億 5,529 万ドルと推計。
・LiB 主要 4 部材の世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)について、2015 年は前 年比 112.6%の 65 億 9,438 万ドル、2016 年は前年比 110.0%の 72 億 5,152 万ドルになると予測。
・近年は LiB セル市場において高容量や高 安全性など高品質品への需要も増加基調にあることをきっかけに、高品質品を提供することを志向す る日系 LiB 部材メーカーに対して、世界の LiB セルメーカーからの引き合いが再び増加傾向にある。
<元記事> http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0384627_01.pdf

02 4月 2015

【書籍紹介】2015年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~ – 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

調査目的:日本および韓国、中国、台湾、欧米の有力リチウムイオン電池(以下LiB)用部材メーカー60社(延べ)の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで世界LiB用部材市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象:日系LiB部材メーカー(29社)、中国LiB部材メーカー(20社)、韓国LiB部材メーカー(7社)、欧米LiB部材メーカー(2社)、台湾LiB部材メーカー(2社)
(※中国部材メーカーについては「OVERVIEW OF THE CHINESE LITHIUM-ION BATTERY MATERIALS MARKETシリーズ」(2015年1、2発刊)収録情報を一部活用)
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2014年8月~2015年1月
<元記事>http://www.yano.co.jp/market_reports/C56119600