12 2月

【コラム】電気自動車か燃料電池車か? トヨタの今と、これからをウォッチする | carview!

・トヨタは、1997年にRAV4をベースに、ニッケル水素電池を搭載したRAV4 EVの開発から始まり、2012年9月に超コンパクトカーの「iQ」をベースとしたEV、「eQ」を限定発売するなど、EV開発を進めてきた。
・こうしたEVの試行錯誤の経験を経て、トヨタはリチウムイオン・バッテリーの価格が今後も大幅に低減できる見通しが暗いこと、大量生産に不向きであることなどから次世代のクルマの主流にはふさわしくないと判断した。
・トヨタは、現状のリチウムイオン・バッテリーに否定的で、事業として成立しないという判断も関わらず、アメリカ、中国、そして近いうちにインドでもEVを製造する必要に迫られ、その結果、マツダ、スズキとの協業という選択肢が選ばれた。
・一方で、トヨタはFCV(燃料電池車)の開発も継続する。
・もともとFCVは日本政府のエネルギーミックス戦略の中で水素エネルギーを新エネルギーとして位置付けたことに端を発し、いわば国家プロジェクトとしてFCVの「ミライ」が開発された・・・
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190210-10382619-carview/

このようなどちらが市場を席巻するかのような議論は不毛である。ICE、EV、FCV、もしくはそれらのハイブリッドを比較すると、それぞれいいところ悪いところがある。技術進化によって各環境に合わせたパワートレーンを選択できるようになったと考えるべきではないだろうか。

<弊社では、電動車ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

09 2月

【ニュース】新潟県と東北電力、佐渡と粟島「自然エネルギーの島」構想で連携 | 日経 xTECH(クロステック)

・新潟県と東北電力は2月6日、エネルギーなど6分野で包括的な連携協定を締結した。
・合わせて、佐渡や粟島などの離島への再生可能エネルギー導入を目指す「自然エネルギーの島」構想を発表した。
・エネルギー分野では、VPP(仮想発電所)実証プロジェクト、水素エネルギーの普及啓発、離島での再生可能エネルギー利用促進などに取り組んでいく。
<元記事>https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/020811958/

四国電力では、エネルギー事業のベンチャー投資を行っている。投資先は極めてユニークである。
自然エネルギーの活用は地域の特徴に合わせて、採用する技術が変わってくる。安易な選択がされないことを期待したい。

<弊社では、エネルギービジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 1月

【ニュース】中国は燃料電池車に軸足を 「EV産業の父」主張 日本勢に追い風 – SankeiBiz

・中国はリチウムイオン電池を搭載した電気自動車(EV)から、水素燃料電池技術を使った自動車開発に軸足を移すべきだと、万鋼前科学技術相が主張。
・万氏は先月、共産党機関紙・人民日報に掲載された論説で、燃料電池自動車(FCV)のメリットとして航続距離の長さや短い燃料補給時間、温室効果ガスを排出しない点などを列挙した。
・万氏は、現状ではより人気を集めているEVは航続距離の短さや長い充電時間を理由に長距離バスやタクシー、都市の物流、長距離輸送のニーズを満たすことができないと分析した。
<元記事>https://www.sankeibiz.jp/business/news/190116/bsa1901161230007-n1.htm

FCVは自動車メーカーのビジネスモデルと相性がいい。中国政府がインフラ投資や補助金を実行するのであれば、確かに喜ぶ日米企業は多いのではないだろうか。

<弊社では、電動車に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

12 1月

【ニュース】トヨタ、米メーカーと燃料電池大型トラックを共同開発 | 日経 xTECH(クロステック)

・トヨタ自動車の北米統括会社であるToyota Motor North Americaは2019年1月8日、米国の大型トラックメーカーのケンワース(Kenworth Truck Company)とゼロエミッション・トラックを共同開発すると発表した。
・Kenworthの「T680」10台にトヨタの水素燃料電池パワートレーンを搭載する。
・水素燃料電池は水素ガスと大気中の酸素を反応させて発電し、モーターを動かしつつLiイオン2次電池を充電する。
・水素燃料電池パワートレーンを搭載したT680の航続距離は、300マイル(約483km)以上となる。
<元記事>https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/03796/

最近、海外でトヨタがFCトラックの事業に積極的である。トラックや電車ではFCの良さを引き出せるところがある。
ところで、日野でなく地場の有力メーカーを選択した点は面白い。このような動きは2輪などでよく見られるが、今後4輪事業でも導入される事例は増えていくのではないだろうか。

<弊社では、自動車事業に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

27 12月

【ニュース】いわきの20社、燃料電池車導入 バッテリーバレー推進  :日本経済新聞

・東洋システム、常磐共同ガスなど福島県いわき市の20社あまりの企業が連携し、次世代エコカーとされる燃料電池車を年度内をメドに導入する。
・いわき市の官民は蓄電池関連の企業集積を目指す「バッテリーバレー構想」を進めている。
・将来大きなバッテリーの需要を生むとみられる燃料電池車について地元が率先して普及を後押しする。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3935836025122018L01000/


◯解説:
燃料電池にも二次電池を使いますが、それほど数は使用しない。
最近、税金を搾取する目的でコンサルする方がいるのを耳にする。そういうものと関係ないことを祈りたい。

<FCV含む電動車の調査分析や相談を受け付けております。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

19 12月

【ニュース】中国は燃料電池車に軸足を-「中国EV産業の父」が訴え – Bloomberg

・中国はリチウムイオン電池を搭載した電気自動車(EV)から、水素燃料電池技術を使った自動車開発に軸足を移すべきだと万鋼前科学技術相が主張した。
・「中国EV産業の父」として知られる万氏は、現状ではより人気を集めているEVは航続距離の短さや長い充電時間を理由に長距離バスやタクシー、都市の物流、長距離輸送のニーズを満たすことができないと分析。
・FCVを巡る同氏の見解は「ミライ」を2014年から販売するトヨタ自動車や、ホンダなどのメーカーにとって追い風となる可能性がある。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-17/PJVEW26KLVRB01


◯解説:
ガソリン車がEVやFCVに取って代わるというような議論は不毛である。
ガソリン/ディーゼル車、HEV、PHEV、EV、FCVを比較した時に、優れている点もあれば劣っている点もそれぞれにある。
それを踏まえてモビリティーが多角化して、パワートレーンの仕組みが多様化していくのが実際だと思われる。
全方位で対応しないといけない大手にとっては研究費の増大になるが、新規や中小にとっては市場を絞ることによってチャンスを掴める。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

23 11月

【ニュース】ホンダ、スマート水素ステーション 70MPa の受注開始 FCVにフル充填可能(レスポンス)

・ホンダは11月21日、高圧水電解型の水素ステーション「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」の受注を開始した。
・SHS 70MPaは、高圧水電解型として世界初となる充填圧力70MPa・製造圧力82MPaを実現した水素ステーション。
・燃料電池自動車(FCV)に供給する高圧水素を製造・貯蔵・充填できる。
・2016年10月に環境省の支援制度を活用し、東京都江東区青海で開始した実証実験を経て商品化した。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181121-10361973-carview/?mode=short

<X’s EYE> 
◯解説:
(会員様限定)

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方(有料)>[/sg_popup]

20 11月

【ニュース】豪が水素開発に注力、拡大する日本需要などに照準

・オーストラリアが、エネルギー源としての水素の開発に力を入れている。
・水分が多く低品質とされる石炭「褐炭」や太陽光、風力発電を活用し、次世代のエネルギー産業として育成したい考え。
・コンサルタント会社ACILアレンがオーストラリア再生可能エネルギー局向けにまとめた調査では、2030年までに中国、日本、韓国、シンガポールで合わせて70億ドル規模の水素需要が生じる見通しで、オーストラリア政府が供給元となることを目指す。
<元記事>https://blogos.com/article/339765/

<X’s EYE> 
◯解説:
http://www.khi.co.jp/hydrogen/
川崎重工が水素船を開発している。
天然ガスも同様であるが、ガス燃料の問題は輸送コストである。さらに水素の場合、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

15 11月

【ニュース】世界初のプラグイン燃料電池車メルセデス・ベンツ GLC F-CELLが初納車!|オートックワン

・メルセデス・ベンツのプラグイン燃料電池車”GLC F-CELL”の最初の車両が顧客の元に届けられた。
・水素による燃料電池だけなく、外部から充電可能な13.8kWhのリチウムイオン蓄電池を搭載しているので、水素の残量が少なくなっても、電気自動車用の充電ステーションで充電することが可能となっている。
・水素だけを使う燃料電池車が持つ不安を解消したゼロエミッションのハイブリッドカーだ。
<元記事>https://autoc-one.jp/news/5003179/

<X’s EYE> 
◯解説:
今回の電池搭載量を加味するとユーザーにどのようなメリットがあるかは思いつかないが、今後パワートレーンが多様化していくので、適所があるかもしれない。それは自動車ではなく電車やバスなどかもしれない。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

06 11月

【コラム】世界中でトーンダウンした燃料電池車の現在と中国の野望 – WEB CARTOP

・いまから3年前、2015年には燃料電池車に関する報道が相次いだ。そのなかには、必ずといってよいほど「水素元年」という言葉が使われていた。言い出したのは、経済産業省・エネルギー資源庁だ。
・それから3年経って、水素ステーションは徐々に増えているとはいえ、「MIRAI」や「クラリティフューエルセル」が人気車になってはいないどころか、日産は従来型の燃料電池車開発を中断するなど、日系メーカー全体で燃料電池車の普及に向けた推進力が鈍っている印象がある。
・アメリカは全米規模での普及に至っていない。
・ここに一石を投じているのが、中国だ。2025年までには、燃料電池車の販売台数で世界一を目指すことを国策として掲げている。
<元記事>https://www.webcartop.jp/2018/11/290773

<X’s EYE>
◯解説:
この筆者は最近のトヨタのトラックや電車への展開を把握しているのであろうか?
以前にも触れたが、FCを含めパワートレーンは、それぞれに特徴を生かして多様化していく。どれが生き残るとかそういう問題ではない。技術的であったり事業性を理解しないとこういう記事になってしまうのであろう。


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]