27 12月 2018

【ニュース】日立は車載リチウムイオン電池も諦める、官民ファンドとマクセルに売却(MONOist)

・日立製作所は2018年12月25日、100%子会社で車載リチウムイオン電池事業を担う日立ビークルエナジーの資本関係を再編し、官民ファンドのINCJとマクセルホールディングス(以下、マクセル)との共同出資体制に移行することで合意したと発表。
・日立ビークルエナジーの出資比率はINCJ47%、マクセル47%、日立オートモティブシステムズが6%となり、日立の連結対象から外れる。
・日立ビークルエナジーが手掛ける車載リチウムイオン電池事業は、韓国や中国など海外メーカーが台頭し、厳しいグローバル競争環境にある。
・日立ビークルエナジーは2004年7月、当時の日立グループでリチウムイオン電池を手掛ける3社(日立、新神戸電機、日立マクセル)が合弁で設立した車載リチウムイオン電池に特化した事業会社。
<元記事>http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1812/26/news042.html

<荒木>
大木さんは色々な車載用電池メーカの電池を比較検討する立場にあったと思いますが、もともと日立ビークルエナジーの強みって何だったと思いますか?
<大木>
性能は良かったみたいです。ただ、コストと開発スピードでネガティブな話は聞いたことがあります。大容量電池には注力していないです。
このニュースは、個人的にすごく面白いなと思ってます。日立は、今年の初めぐらいに子会社を半分以下にするって発表しています。自動車向け電池に関しては削る方だったってことなります。マクセルはすでに連結対象外です。他にも材料の子会社を日立は抱えています。どうなるか見守りたいですね。また、日立本体自体も組織編成があると思うので、それからも削る子会社が見えてくるかもしれないです。
半導体やディスプレイに似たような流れですね。

<弊社では、電池・電動車に関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

27 12月 2018

【ニュース】CATLと広汽集団のプロジェクトの1つが始動 | ビジネス短信 – ジェトロ

・CATLは12月14日、広州汽車集団(GAC Motor)と共同設立を予定する駆動用バッテリーの新会社2社のうち、「時代広汽動力電池」に関するプロジェクト詳細を発表した。
・時代広汽動力電池は資本金10億元(約160億円、1元=約16円)で、うちCATLが51%、広汽集団が43%、広汽集団の新エネルギー車子会社の広汽新能源汽車が6%を出資する。
・リチウムイオンバッテリー、駆動用バッテリー、電力貯蔵用大容量バッテリーの開発、生産、販売を行うほか、アフターサービスおよび技術サポートを提供する予定。
・完成は2年後を予定している。
<元記事>https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/12/018e099715ae6577.html

<大木>
◯解説:
電池の製造販売だけしていれば電池が売れるということはもうない。市場のニーズに合わせて電池製造の周辺事業にも乗り出していく必要がある。CATLは他の電池メーカーに比べ積極的である。
確かに電池自体には不安を覚えるが、ビジネスのやり方は学ぶところが多い。

<弊社では、電池・電動車に関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

27 12月 2018

【ニュース】CATL Geely子会社と合弁会社設立

・CATLとGeely Auto(吉利汽車)の子会社であるZhejiang Jirun Automobileは、バッテリー、パック、モジュールの研究開発、製造販売を目的とした合弁会社を設立する。
・合弁会社はCATL Geely Power Battery Co. Ltd,と命名され、新規合弁会社の登録資本金は10億人民元(約160億円)。
・両社は補完的な優位性を享受し、新エネルギー車における「助成金後の時代」に備えるため協力する。
・11月、Geely Autoの新エネルギー車販売台数は月間1万台を突破し、前年同月比31%増となった。
<元記事>https://insideevs.com/catl-battery-deal-geely-volvo/

<荒木>吉利汽車も伸び率はすごいですね。2018年の新エネ車の車種別販売台数http://ev-sales.blogspot.com/2018/11/global-top-20-october-2018.htmlでも、BEVの第13位に、Geely Emgrand EVが24,110台(2018/1~10月合計)でランクインしていますね。勢いのある両社のタッグ、恐ろしやー。
CATLの弱点って無いのですか?特許とか?昔電池メーカにいた頃にあれだけ色々特許出したのに(僕じゃなく周りが、ですが)、意味ないのですか?

<大木>
◯解説:
吉利は電動車に力を入れています。あとはボルボ買収してタクシー車両にも注力しています。
この合弁は戦略次第では面白いかなと思っています。この会社のパックを活用して、吉利は電動車の製造会社に力を入れるとか。スマホみたいに。
電動車を自社で作りたくない会社は多いです。NEVにしてもZEVにしても販売台数であって自社製造台数ではありません。吉利が電動車の製造依頼一気に引き受けて数が確保できれば、安くもできますしね。面白いこといくつか思いつきますが、話が尽きないのでやめておきます。
特許に関しては、最近中国もケアしています。確かに他社の知財を使わないと世に出せないかもしれませんが、その知財を有している企業に対価を支払えばいいだけです。対価を受け取る側も法外な価格をふっかけて妨害するようなことはないと思います。
弱みとか不安ですが、日本人感覚ではいっぱいあります。でも、中国の方と話していると文化の違いを感じます。市場の小さな日本の感覚で中国を語るのが最近違和感を感じています。

<弊社では、電動車に関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 11月 2018

【ニュース】CATLドイツ工場 BMW iNEXTに電池を供給 – Green Car Congress

・第3四半期の初めに、BMWグループは中国の会社CATLとバッテリー供給に関する長期契約を締結した。
・2021年以降、DingolfingのBMW Group工場で製造されるBMW iNEXTのセルは、新しいCATL工場から供給される。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2018/11/20181109-catl.html

<X’s EYE>
◯解説:
http://lithiumion.info/myblog/?p=17503
現時点ではCATLの電池単価は思ったほど安いわけではない。また、中国国外で作って安くできるかは疑問もある。
また、技術的にも


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

19 9月 2018

【ニュース】日野自動車とVWグループ、電動車と調達での協力で合意(レスポンス)

・日野自動車とフォルクスワーゲン(VW)グループの商用車部門であるトレイトンは、電動車と電動技術での協力と、調達の合弁会社を設立することで合意したと発表。
・新たに設立予定の調達の合弁会社は「両社平等な権利」のもと、調達のシナジーを高めるため、小さな組織で効果的な運営を目指す。両社の既存部品、将来技術に関わる部品をグローバル調達していく。2019年後半に設立する予定。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000005-rps-bus_all

<X’s EYE(X氏コメント)>
ビジネス:
乗用車部門では研究開発費の削減にために企業間連携の話が出始めている。 Read More

31 7月 2018

【コラム】中国自動車業界の協業相次ぐ 新エネルギーと動力電池を中心に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

・中国の自動車業界ではこの1年、国の政策や市場の変化に応じるため、合弁会社の設立や提携が、さまざまなブランドや関連企業の間で結ばれた。
・2017:寧徳時代新能源科技(CATL)は上海汽車集団(SAIC Motor)との合資会社、「時代上汽」と「上汽時代」の2社を設立
・2018.4:長安汽車(Changan Automobile)と比亜迪汽車(BYD)が新エネルギー分野での提携を発表。
・2018.4:CATLは東風汽車(Dongfeng Motor)傘下の東風電動車と合資会社「東風時代」を設立。
・2018.6:北京汽車新能源(BAIC BJEV)とカナダのマグナ・インターナショナル(Magna International)が電動自動車の研究開発と製造を行う合資会社を設立。
・2018.6:北京汽車集団(BAIC Group)と華晨汽車集団(Huachen Auto Group)と業務提携。
・2018.7:BMWが長城汽車(Great Wall Motor)と合資会社「光束汽車」の設立に合意。
・2018.7:フォルクスワーゲン(Volkswagen)は、中国の安徽江淮汽車集団(JAC)とスペインのセアト(SEAT)と共同で研究開発センターを設立
・2018.7:CATLと広州汽車集団(GAC Group)は共同出資で、「時代広汽動力電池」と「広汽時代動力電池システム」の2社を広州に設立することで合意。
・2018.7:BYDは長安汽車と電池の生産や販売を行う合資会社の設立に合意
<元記事>http://www.afpbb.com/articles/-/3184290?cx_part=top_category&cx_position=3

19 7月 2018

【調査レポート】複雑な中国の自動車業界、提携関係を整理してみた 日本の自動車メーカーはどこと提携しているのか? | JBpress(日本ビジネスプレス)

出典:http://jbpress.ismedia.jp/

・中国の自動車業界は外資系メーカーの進出についてさまざまな規制が設けられている。
・中国で現地生産しようとする場合、単独出資による現地生産会社の設立は認められていない。必ず中国の現地メーカーと提携し、合弁生産会社を設立しなければならない。その際、外資系メーカーの出資比率は過半数を超えてはいけない。
・ドイツ系や米国系自動車ブランドを含め、中国自動車市場における主だったブランドの出資構造や関係をできるだけ分かりやすく解説されている。
・外資系メーカー1社が提携できる中国メーカーは2社までという制限がある。
・この規制の例外として、中国が普及に力を入れている電気自動車(EV)に代表される新エネルギー車(新エネ車)を生産する場合に限っては、一部特区内で単独出資による現地生産会社設立が認められている・・・
<元記事>http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53544

07 7月 2018

【ニュース】ホンダ・パナソニック、蓄電池提携 二輪・ロボ向け  :日本経済新聞

・ホンダとパナソニックは持ち運びできる蓄電池で提携する。
・二輪車やロボットなど複数の用途に使える着脱式の電池を共同開発する。
・ホンダが2018年秋に日本や東南アジアで発売する電動スクーターから着脱式の蓄電池を載せる。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32705760W8A700C1MM8000/?n_cid=NMAIL007

21 6月 2018

【ニュース】現代自とアウディ、燃料電池車の技術開発で提携 | ロイター

・韓国の現代自動車と独アウディは、水素で走る燃料電池車の技術開発で提携することで合意した。
・提携では、両社が保有する知的財産への相互アクセスを認めるほか、部品も共有する。
<元記事>https://jp.reuters.com/article/hyundai-audi-idJPKBN1JG0TX

20 5月 2018

【ニュース】トヨタが中国EV市場に参入へ、広州汽車の技術活用=関係筋 | ロイター

・関係筋によると、トヨタ自動車は、中国のパートナーである広州汽車集団(GAC)の技術を活用して、中国の電気自動車(EV)市場に参入する計画だという。
・トヨタは今年末までに「ix4」の販売を開始する計画。
・「ix4」はGACの「伝祺(トランプチ)GS4」をベースにした電池式コンパクトSUVで、2年かけて開発した。トヨタではなくGACのロゴを付け、トヨタの販売網で扱う、という。
・今回のトヨタの措置はNEV規制をにらんだ動きと見られる。
<元記事>https://jp.reuters.com/article/toyota-china-ev-idJPKCN1IJ08I