05 6月 2019

【ニュース】電気自動車をバーチャルパワープラント(VPP)のリソースとして活用するV2G実証事業を開始(MotorFan)(ヘッドライン) | carview!

・東京電力ホールディングス、東京電力エナジーパートナー、東京電力パワーグリッド、三菱自動車工業、日立システムズパワーサービス、静岡ガスの6社は、経済産業省が環境共創イニシアチブを通じて公募する実証事業「平成31年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金(V2Gアグリゲーター事業)」にコンソーシアムで申請し、5月30日に採択された。
・本実証事業では、電気自動車をVPPのリソースとして活用することで、継続的な再エネの導入と電力系統安定化の両立を目指す。
・2021年度以降には、電力系統とEV/PHEVの蓄電池との双方向間で電力需給調整を行うV2G事業(Vehicle to Grid)のビジネスモデルを構築し、事業化を検討していく。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190604-10415925-carview/?mode=top

27 4月 2019

【ニュース】東電・ホンダ、太陽光活用で連携 蓄電池で需給最適化  :日本経済新聞

・東京電力ホールディングス(HD)は大型蓄電池を使って電力の需給を調整する実験を始める。
・まずホンダと組み、月内に効果を確かめる。売電先の大型蓄電池を使って需給を調整するのは国内では初めてとみられる。
・太陽光などの再生可能エネルギーは天候に発電量が左右され、安定しにくい。
・東電は今後、蓄電池を使わせてもらう企業を増やす構えで、再生エネの有効活用につながりそうだ。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44262660W9A420C1EA5000/?n_cid=NMAIL007

自動車メーカーの拠点は大抵田舎で広い土地を持っている。また、工場や事業所におけるCO2排出量の管理に積極的に取り組んでいるので、連携する相手としては適切だ。今回はホンダ内の電力供給の調整がメインであろうが、周辺の民家への電力供給も含め検討するのも面白いのではないだろうか。
余談であるが、ソルテックの事業を継続していたらホンダは色々できたのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 3月 2019

【ニュース】EVをつなぐ「V2G」は電力系統の安定化に有効、東京電力らが実証成果を公表 – スマートジャパン

・東京電力ホールディングスなど7社が、電気自動車(EV)などの蓄電池を電力需給調整に活用する「V2G(Vehicle to Grid)」の実証試験結果を公表。
・今回の実証試験は、EVと系統の間で電力を融通する技術の確立や、EVのモビリティ機能と分散エネルギーリソース機能を両立させるビジネスモデルを構築するなど、EVを活用したリソースアグリケーション事業の実現を目的に実施した。
・EV/PHEVと電力系統の間で双方向の電力融通を実現する国内最大規模の実証環境の構築に関する検証を実施し、電力系統安定化に寄与する有効性を確認した。
<元記事>https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1903/08/news046.html

エネルギーの有効活用できる環境が整備されるのはビジネスチャンスが生まれるので、この活動が活発になっていくことを期待したい。
一方で、EV・PHEVをこのような使い方をするのは疑問も残る。電池は使うほど劣化する。300万円を超えるような商品の資産価値が下がるような使い方をするのだから、それなりの対価を所有者に払う必要がある。

<弊社では、エネルギービジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 10月 2016

【ニュース】東電、燃えない「リチウム硫黄バッテリ」を公開 ~経営技術戦略研究所を初披露 – PC Watch

出展:http://pc.watch.impress.co.jp/

・東京電力ホールディングスは、神奈川県横浜市の経営技術戦略研究所(TRI)の様子を公開。
・今回、TRIが公開した研究開発成果のなかで注目されているのがLLZ電解質を用いた新型蓄電池「リチウム硫黄電池」。
・首都大学東京との共同研究を進めており、東京電力オリジナル電池として開発を推進。特許も出願。
・LLZ系電解質Li-S電池では、固体化することに加え、酸化物電解質のため、不燃性で信頼性が高いという特徴を持つ。
・揮発性物質を含まないため、ショートや液漏れがなく、充放電による金属リチウムの樹枝状析出がないため、安全性に優れる。
・また、エネルギー密度はリチウムイオン電池のエネルギー密度の3.3倍を実現する性能を示した。
<元記事>http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1024585.html

06 2月 2015

【ニュース】仮想的な巨大蓄電池で地域の電力網を最適化 – エネルギー – 日経テクノロジーオンライン

「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」の最もユニークな取り組みに、「蓄電池SCADA」がある。SCADAはSupervisory Control And Data Acquisitionの略で、装置などの監視・制御システムを指す。蓄電池SCADAは、多数の蓄電池を仮想的に一つの巨大な蓄電池とみなして蓄電・放電させるためのシステムである。世界的に見てもほとんど例がない仕組みで、これを設けることにより、“穏やかなデマンドレスポンス(DR、需要応答)”を実現する。
<元記事>http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20150120/399707/