18 7月 2019

【ニュース】東レ:ハンガリーにバッテリーセパレータフィルム生産設備を新設|MotorFanTECH

・東レは、ハンガリーのニェルゲシュウイファル市において、リチウムイオン二次電池(LiB)用バッテリーセパレータフィルム(BSF)生産設備の新設を決定した。
・新たな生産設備は2018年4月に設立した「東レハンガリー」(英語名:「Toray Industries Hungary Kft.、略称:THU」) に設置し、これによって東レグループ全体のBSF生産能力は年産約20%増強となる。
・稼働開始は2021年7月を予定。
<元記事>https://motor-fan.jp/tech/10010650

欧州市場を見据えてこのような海外投資が増えてきた。日本の工場の生産増強というのは、あまり聞こえてこない。選挙で日本経済を議論されているが、このようなことが続くのはみなおさなくていいのだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 7月 2019

【ニュース】東レ、欧州にEV用電池材工場 240億円投資  :日本経済新聞

・東レは電気自動車(EV)に使うリチウムイオン電池の基幹部材の工場をハンガリーに建設する。
・欧州初の工場で総投資額は2億ユーロ(約240億円)。
・2021年7月の稼働を目指す。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47287510S9A710C1MM8000/

25 7月 2018

【ニュース】東レが電池部材の新ライン稼働 – NNA ASIA・韓国・製造一般

・東レの韓国子会社の東レバッテリーセパレータフィルム(BSF)が、リチウムイオン電池向けの絶縁材(セパレーター)工場(亀尾市)で新設ラインを稼働させた。生産能力は非公開だが、現在よりも90%引き上げた。
・東レは昨年8月、世界でセパレーターの生産能力を17年度比で約3倍に増やす計画を発表しており、今回の投資はその一環。電気自動車(EV)需要の拡大を見込み、「20年までに2,000億ウォンを追加投資する」(東レ広報担当者)。
<元記事>https://www.nna.jp/news/show/1791511

30 5月 2018

【ニュース】東レ、リチウム電池用絶縁材 増産投資「年内に判断」 日刊工業新聞 電子版

・東レの日覚昭広社長は28日に会見し、リチウムイオン二次電池(LIB)用のセパレーターの生産能力増強について、欧州を有力候補に年内にも次の投資判断を行う意向を示した。
・同社は日本を含むセパレーターの生産能力を、2020年近傍に17年末比3倍にする方針。第1弾の投資として、17年10月に韓国工場の生産能力増強を決めており、これに続く投資となる。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00475243

09 5月 2018

【ニュース】New program in Japan to push development of solid-state batteries – Green Car Congress

・日経は、日系の大手メーカーが全固体電池を開発するプログラムで政府と協力していると報じた。
・新しいプログラムは、トヨタ自動車やパナソニックなどの企業と、Libtecがコンソーシアムをつくる。
・このプログラムを支援に、経済産業省は、旭化成と東レ産業を含む研究機関であるLibtecに16億円(14百万米ドル)の資金を提供する。
・トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、パナソニック、バッテリーメーカー、GSユアサも参加する。
・このプログラムの主な目標は、電池性能の向上と新しい電池の安全基準の確立。
・Libtecは2030年までに電気自動車を800km(497マイル)走行できるような全固体を開発することを目標とする。 直近の目標は、2025年までに550km(342マイル)。
<元記事>http://www.greencarcongress.com/2018/05/20180507-libtec.html

20 11月 2017

【ニュース】LG化学 アメリカ市場においてATLを提訴

・LG Chemは10月25日に米国でATLを提訴。
・セパレータに関する米国特許3件にATLの販売する電池が抵触しているとのこと。
・LG化学は2015年に東レにセパレータに関する特許の権利持分の50%を譲渡し、共同保有となっている。
・その東レも共同原告となっている。
<元記事>http://www.iam-media.com/blog/Detail.aspx?g=07f1e43d-2fd1-4642-a849-b7d86a86607d

20 10月 2017

【ニュース】東レ 2020年までに韓国に1千億円投資へ

・先端素材大手の東レ(東京・中央区)の日覚昭広社長は19日、同社の韓国子会社、東レ尖端素材の李泳官(イ・ヨングァン)会長と共にソウルで懇談会を開き、韓国事業への投資拡大計画を発表した。
・東レバッテリーセパレータフィルムコリア(TBSK)は4000億ウォンを投じてリチウムイオン2次電池用セパレータの生産能力を倍増する計画だ。同社のセパレータは携帯電子機器や自動車などのリチウムイオン電池に広く使用されている。これに関するコーティング能力の引き上げにも1500億ウォンが投じられる。
・李氏は「電気自動車(EV)の普及などに伴うリチウムイオン2次電池市場の拡大に能動的に備える」と説明した。
<元記事>http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/10/19/0400000000AJP20171019002200882.HTML

06 10月 2017

【ニュース】東レ、電池部材首位を猛追  :日本経済新聞

・東レは2016年にセパレーター工場の生産能力を2倍にしたばかりだが、息つく間もなく大型増産を決定。17年度末にさらに8割増強した新ラインが稼働を始めることになる。
・この増設を含めて東レが初めて明らかにしたセパレーターの年産能力は6億5千万平方メートル。来年には世界首位の旭化成をしのぐ規模となり、電気自動車(EV)など向けに需要が急増する自動車市場で戦線を広げて旭化成に真っ向勝負を挑む。
・東レは攻勢の手を緩めない。20年ごろまでに世界中で1200億~1300億円を追加投資して生産能力を3倍に引き上げる方針を7月に表明している。
・主要顧客の韓LG化学がポーランドに、韓サムスンSDIがハンガリーに今年、電池工場を新設したのを見逃さず、東欧に拠点を設ける準備に大忙し。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2184373003102017000000/

23 8月 2017

【ニュース】セパレーター“戦国時代”−素材各社、相次ぎ大型投資 EVシフト追い風 日刊工業新聞 電子版

出典:https://www.nikkan.co.jp/

セパレータメーカ各社の事業戦略についてまとめられている。
・旭化成:20年までに生産能力を最大で現状比2・5倍の15億平方メートルに増強する方向で検討。EVシフトが顕著な欧州での工場新設には慎重。
・東レ:韓国拠点の増強を進めており、17年度末までに年産能力を約6億5000万平方メートルまで引き上げる計画。さらに20年頃までに3倍増の約20億平方メートルに高めるため、1300億円の投資を予定。シェア1位を目指す。
・住友化学:パナソニックとの関係が強く、テスラ向けが主力。「モデル3」の増産計画に合わせ、韓国工場を増強中。今夏から順次増設した設備を立ち上げ、生産能力を従来比4倍まで引き上げる。
・宇部興産:乾式セパレーターを手がけ、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」などに採用実績がある。堺工場(堺市)で今春稼働した新設備は、優れたコスト競争力が自慢。
・帝人:ポリエチレン(PE)基材にフッ素樹脂を塗工したセパレーターを生産し、民生用を中心に販売を伸ばす。韓国工場の増強を検討。今の年産能力3600万平方メートルを、17年度末までに6000万平方メートルに引き上げる方針。
・富士経済によると、LIB用セパレーターの16年の生産数量は15億9480万平方メートル(見込み)で、20年は1・8倍の28億7550万平方メートルに伸びる予測。一部の関係者は20年の需要量を35億平方メートル以上とも見積もる。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00440088

02 8月 2017

【ニュース】東レ、欧州に電池材工場 EV需要拡大 世界で1200億円投資  :日本経済新聞

・東レは電気自動車(EV)などに使われるセパレータの新工場を欧州に新設する。
・2020年ごろまでに約1200億円を電池部材に投じる方針で、一部を欧州の新工場に振り向ける。
<元記事>http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19481390R30C17A7TJ2000/