08 4月 2019

【ニュース】次世代の全固体電池を本格量産、TDKなど(産経新聞) – Yahoo!ニュース

・TDKなどが、次世代電池の本命と目される全固体電池の本格量産に近く乗り出す。
・安全性が高いほか、大容量化しやすいのも特徴で、まずウエアラブル機器などに使える少容量の小型品を生産する計画。
・富士通系のFDKも昨年12月にセラミック系のサンプル出荷を始めたばかり。
・村田製作所は今年度中の製品化を視野に入れる。
・日立造船は、電解質に硫黄化合物系の無機材料を使ったシート状の電池を開発。今年度中の量産開始を目指しサンプルを供給している。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000572-san-bus_all

ハードや部品としての販売だけを考えているのであろうか?
電解液の電池では搭載が難しかったものに電池を搭載でき、新規の商品やサービスの提供ができることになる、それによって新しい市場が生まれるであろう。
売りきりビジネスで終わらない仕込みをしてほしい。大きな生産設備の投資を請け負っているのにコスト競争にさらされることの繰り返しから脱却していくためにも。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

07 2月 2019

【インタビュー】売上高2兆円?急成長を戒める村田製作所社長

Q) 電池事業の2―3年後の黒字化が見えてきました。
A)「リチウムイオン二次電池において、スマートフォンに供給するラミネート型の拡大はコスト的に厳しい。当社の技術を生かせる領域に照準を合わせたい。むしろ電動工具向けの円筒型の方が、年率15%の成長ができそうだ。当分は円筒型に軸足を移す」
<元記事>https://newswitch.jp/p/16383

建設的な方針ではないだろうか。円筒型で利益を稼ぎ、自動車用途で将来技術を検討する。
不確定なイノベーションが必要な技術を過剰に評価する経済紙に惑わされないで現実的な経営を他の企業にも期待したい。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 10月 2018

【ニュース】CEATEC2018:村田製作所が厚さ0.05mmのうすーいリチウムイオン電池を出展 | ニコニコニュース

・『CEATEC JAPAN 2018』において、村田製作所は、厚さ0.05mmと超薄型のリチウムイオン電池を出展。
・“全固体薄膜電池”と呼ぶこちらの電池は、樹脂フィルム上に形成できる薄膜電池。
・ブースでは実際に電圧が発生していることや、二次電池なので充電できることもデモで確認できました。15×15×0.05mmの電池に、50マイクロAhの容量、平均3.0Vの電圧で使用可能。
・薄くて小さい電池が作れることから、眼球の表面に乗せて使う“スマートコンタクトレンズ”をイメージした展示も。
<元記事>https://news.nicovideo.jp/watch/nw4050875

<X’s EYE> 
◯解説:
同時期にTDK、マクセルが同じような商品を発表している。その中でも村田の電池が電圧が大きいことが特徴であろう。特許から推測すると材料系は、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

10 8月 2018

【ニュース】村田の二次電池製造子会社、新生産棟が完成 – NNA ASIA・中国・その他製造

・村田製作所は8日、江蘇省無錫市の生産子会社で、二次電池の製造を手掛ける村田新能源(無錫)の新しい生産棟が完成し、同日竣工(しゅんこう)式を行ったと発表。
・完成したのは村田新能源(無錫)にとって4棟目となる生産棟で、電池の需要増に対応するため、約160億円を投じ、昨年8月から建設を進めていた。生産棟のうち工場棟は鉄骨・鉄筋コンクリート製で5階建て、面積は約8万8,200平方メートル。モバイル用途向けリチウムイオン二次電池を生産する。
<元記事>https://www.nna.jp/news/show/1798359

09 8月 2018

【ニュース】村田の二次電池製造子会社、新生産棟が完成 – NNA ASIA・中国・その他製造

・村田製作所は8日、江蘇省無錫市の生産子会社で、二次電池の製造を手掛ける村田新能源(無錫)の新しい生産棟が完成し、同日竣工(しゅんこう)式を行ったと発表。
・完成したのは村田新能源(無錫)にとって4棟目となる生産棟で、電池の需要増に対応するため、約160億円を投じ、昨年8月から建設を進めていた。生産棟のうち工場棟は鉄骨・鉄筋コンクリート製で5階建て、面積は約8万8,200平方メートル。モバイル用途向けリチウムイオン二次電池を生産する。
<元記事>https://www.nna.jp/news/show/1798359

15 7月 2018

【ニュース】ホンダが「世界初」のハイブリッドバイク、電池は村田製作所製- MONOist(モノイスト)

・ホンダは、原付二種スクーターの「PCXシリーズ」にハイブリッドモデルを追加して同年9月14日から販売すると発表。
・スターターモーターに駆動アシストの機能を持たせることで、走行状況に応じた俊敏な加速を実現する
・エンジンの始動と駆動力のアシストは、高出力型で電圧48Vのリチウムイオン電池を電源として用いる。
・PCX HYBRIDのリチウムイオン電池は村田製作所製。
・モーターの最高出力は1.4kW、最大トルクは4.3Nm。
<元記事>http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1807/12/news048.html

10 7月 2018

【ブログ】全固体電池の勝者は誰なのか?

・Fisker社は 「Flexible Solid-state Battery」 という技術を用いた全固体電池を2023年に量産、1分充電で500マイル(約800km)走行できるようになる」(同社CEOのFisker氏)と豪語しているが、米誌「クオーツ」は極めて懐疑的な見方をしている。
・ダイソン傘下サクティ3はミシガン大学の特許を基にした技術を用いており、ダイソンは最近、ライセンス契約を解除しており、ダイソン自体 EVへの全固体電池搭載を当面見送るとしている。
・硫化物全固体電解質は水分との接触で硫化水素を発生させる危険があるが、トヨタでは「その問題は解決済み」(同社幹部)としている。
・TDKは既に「セラチャージ」の量産を行っているようだが、村田製作所では 2019年の製品化を目指す全固体電池が 世界シェア首位の積層セラミックコンデンサー(MLCC)の技術を使用した「(競合他社より)エネルギー密度の高いものになる」との見通しを示している。
・著者は、個人的にはEV用全固体電池ではトヨタの当面の圧倒、ウェアラブル端末、ロボット等では 村田製作所の世界トップシェアを予想している。
<元記事>https://ameblo.jp/kabuandmoney/entry-12389149453.html

03 3月 2018

【インタビュー】村田製作所が目指すエナジーデバイス事業 – 日経 xTECH Specia

・村田製作所は2017年9月にソニーから電池事業を継承し、エネルギー分野へのソリューションを拡充していく方針を示した。
・2018年2月には具体的なソリューションとして家庭用や産業用の蓄電池を発表するなど、事業展開を本格化させている。
・ソニーから村田製作所に主体が移ったことで、電池事業は今後どのような方向へ進もうとしているのか。
・事業継承に伴いソニーエナジー・デバイス社長から村田製作所に転じた江連淑人氏が、その戦略を語った。
<元記事>http://special.nikkeibp.co.jp/atcl/NXT/18/murata0228/

23 2月 2018

【ニュース】村田製作所、住宅の自家消費向け蓄電池システムを発表 | 日経 xTECH(クロステック)

・村田製作所は2月20日、住宅の自家消費向けニーズに対応した蓄電池関連の新製品を発表した。
・2017年9月に買収完了したソニーエナジー・デバイスの蓄電池技術と、同社独自の電源技術を融合させた初の製品という。
・量産出荷は2018年内の予定。
<元記事>http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/022110792/?n_cid=nbpnxt_twbn

08 2月 2018

【ニュース】ソニービジネスソリューション株式会社 東京都交通局よりリチウムイオン蓄電池UPS電源を受注 – SankeiBiz(サンケイビズ)

・ソニービジネスソリューション株式会社は、東京都交通局より、長寿命・高安全なオリビン型リン酸鉄リチウムイオン蓄電池搭載のUPS電源を受注した。
・本装置には、株式会社村田製作所のオリビン型リン酸鉄リチウムイオン二次電池「“Fortelion” (フォルテリオン)」が搭載されている。
・本システムは、都営地下鉄線の鉄道通信機器用バックアップ電源であり、2018年3月の納品を予定している。
<元記事>https://www.sankeibiz.jp/business/news/180206/prl1802061156073-n1.htm