27 12月 2018

【ニュース】日立は車載リチウムイオン電池も諦める、官民ファンドとマクセルに売却(MONOist)

・日立製作所は2018年12月25日、100%子会社で車載リチウムイオン電池事業を担う日立ビークルエナジーの資本関係を再編し、官民ファンドのINCJとマクセルホールディングス(以下、マクセル)との共同出資体制に移行することで合意したと発表。
・日立ビークルエナジーの出資比率はINCJ47%、マクセル47%、日立オートモティブシステムズが6%となり、日立の連結対象から外れる。
・日立ビークルエナジーが手掛ける車載リチウムイオン電池事業は、韓国や中国など海外メーカーが台頭し、厳しいグローバル競争環境にある。
・日立ビークルエナジーは2004年7月、当時の日立グループでリチウムイオン電池を手掛ける3社(日立、新神戸電機、日立マクセル)が合弁で設立した車載リチウムイオン電池に特化した事業会社。
<元記事>http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1812/26/news042.html

<荒木>
大木さんは色々な車載用電池メーカの電池を比較検討する立場にあったと思いますが、もともと日立ビークルエナジーの強みって何だったと思いますか?
<大木>
性能は良かったみたいです。ただ、コストと開発スピードでネガティブな話は聞いたことがあります。大容量電池には注力していないです。
このニュースは、個人的にすごく面白いなと思ってます。日立は、今年の初めぐらいに子会社を半分以下にするって発表しています。自動車向け電池に関しては削る方だったってことなります。マクセルはすでに連結対象外です。他にも材料の子会社を日立は抱えています。どうなるか見守りたいですね。また、日立本体自体も組織編成があると思うので、それからも削る子会社が見えてくるかもしれないです。
半導体やディスプレイに似たような流れですね。

<弊社では、電池・電動車に関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp