13 4月 2019

【論文紹介】Anti‐Oxygen Leaking LiCoO2 – Sharifi‐Asl – – Advanced Functional Materials

Advanced Functional Materials, 2019; 1901110 DOI: 10.1002/adfm.201901110
・イリノイ大学シカゴ工科大学の研究者らが、グラフェンで被覆したコバルト酸リチウムの熱安定性を高め、高電圧での酸素放出を抑制することを確認した。
・rGO/LCOの界面において、強いC-Ocathode結合を形成しており、それによって酸素放出を抑制する。
・このグラフェン被覆LCOは高いカットオフ電圧において、未被覆品に比べて顕著にサイクル容量維持率が向上することを確認した。
<元記事>https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/adfm.201901110

高電位で活物質が分解しない対策は、ドーパントや形状、結晶性の制御で行われることが多かった。
このような被服でも効果があるのであれば、新しい選択が増えたことになる。C-0結合云々の原理説明が正しければ三元系やNCAなどにも展開できるということになる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 3月 2019

【論文紹介】Detecting Li Dendrites in a Two‐Electrode Battery System

出典:https://abm-website-assets.s3.amazonaws.com/

Advanced Materials.DOI: adma.201807405
・容易にでリチウムデンドライトを検出することができる手法について。
・赤リンを塗工したセパレータを用いて電池を作製。
・デンドライトが成長し、赤リンに触れた瞬間、電池電圧が急激に低下するため、デンドライトショート直前で外部からモニタできる。
・このセパレータによって電池性能への悪影響はないことを確認。
<元記事>https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/adma.201807405

<弊社では、科学技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

充放電カーブから電池反応を解析できると研究開発が捗る。一方で、電池内部の反応は均一でない。平均情報の充放電カーブからだと場所の特定が困難である。今回の成果は、その課題を解決できる可能性がある。赤リンを塗布する場所を変えたセパレーターを用意し評価することで、面内方向で析出しやすい場所の特定ができるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

01 3月 2019

【ニュース】米FAA、旅客機でリチウムイオンバッテリーの貨物扱いを禁止へ – ライブドアニュース

・アメリカ合衆国運輸省と連邦航空局(Federal Aviation Administration:FAA)は安全上の理由から、旅客機でリチウムイオン電池/バッテリーを貨物扱いにすることを禁止する暫定ルールを発表した。
・また、貨物専用機で充電残量が30%を超えるバッテリーの運送も禁止となる。
・今回の暫定ルールは、あくまでも貨物が対象となっており、手荷物扱いならばバッテリーや端末の機内持ち込みも問題ない。
<元記事>http://news.livedoor.com/article/detail/16090301/

日本でも新幹線や電車でLIBが燃える事象が起きている。航空機の中で同様の事故が起きたらどうなるのであろうか?
持ち込みを禁止するのは確かに難しい。少なくともパイロットや客室乗務員のLIBに関する知識と非常時の対応方法などは教育すべきではないだろうか?

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

08 2月 2019

【ニュース】米で電子タバコが「爆発」…喫煙者が破片に当たり死亡 : 東亜日報

・米国で電子タバコが爆発して20代の男性が死亡する事故が起きた。正確な事故原因はまだ明らかにされていないが、リチウムイオン電池の問題である可能性が高いことが分かった。
・最近、米国では電子タバコによる火災や爆発事故が相次いでおり、懸念が高まっている。
・昨年5月、フロリダ州でも電子タバコの爆発により死亡事故があったし、ワシントンポスト(WP)は、2015~2017年の3年間、米国で電子タバコによる火災と爆発事故が2000件以上起きたと報じた。
・韓国でも同期間(2015~2017年)に電子タバコによる火災が6件発生した。死亡事故はなかった。
<元記事>http://japanese.donga.com/List/3/03/27/1631617/1

こういう電池が流通している。
残念なことに、自身の身は自分で守っていかないといけない。また、タバコに限ったことではない。

<弊社では、電池の安全に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

25 1月 2019

【ニュース】リチウムイオン電池の発火などの事故 5年で2.5倍に | NHKニュース

・NITEによると、リチウムイオン電池が突然発火したり発熱したりする事故は、昨年度1年間に175件報告されていて、5年前の70件と比べて2.5倍に増えている。
・この5年間に起きた事故は全体で582件に上っていて、機器別に見ると、モバイルバッテリーが150件、ノートパソコンが142件、スマートフォンが79件などとなっている。
・中でも、リコールされた製品を使い続けていたケースが110件に上るなど、製品の不具合によって起きた事故が368件と、全体の半数以上を占めている。
・モバイルバッテリーについては、来月から規制が強化され、「PSEマーク」がついていない製品は製造や販売ができなくなる。
<元記事>https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190124/k10011789441000.html

LIBを乾電池のような感覚で事業者も個人も使用している。ただ、このニュースのように事故は多発している。各自がこのようなリスクを抱えていることを理解しながら使わないと、不慮の事故の当事者になるかもしれない。

<弊社では、電池事業に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

07 1月 2019

【ニュース】特別対談最新号 公開

・K氏との入社面談の内容を公開している特別対談の最新号。
・中国製電池、テスラモデルS電池、ソニー製電池などのX線CTをとり、そこからK氏は何を語るか?
・中国製電池の危険性はCTにて判別可能なのか?
・K氏は無事に内定がでるのか?・・・・・等
<本文>【特別連載(別冊)】第13回 荒木―K対談 〜入社試験3 実技編2〜

25 11月 2018

【ニュース】エリーパワー、発火しにくい電池量産 25年までに :日本経済新聞

・蓄電池スタートアップ企業のエリーパワーは燃えにくいリチウムイオン電池を2025年までに量産する。
・従来の同電池は液漏れした場合に発火する危険性がある。
・特殊な液体成分を使うことで、発火リスクを抑えられるようになった。
・世界に先行して量産段階に入り、住宅や非常用電源での普及をめざす。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3813341023112018TJC000/

<X’s EYE> 
◯解説:
すでに大和ハウスの支援のもと住宅用に採用されている。あと、ホンダの2輪用始動用に採用されている。
燃えにくことを特徴としているが、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方(有料)>[/sg_popup]

04 11月 2018

【ニュース】ズボンにスマホ、尻もちでリチウム電池破損し炎 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

・スマートフォンやノートパソコンなど携帯型電子機器に多く使われる小型のリチウムイオン電池が発火し、火事になるケースが相次いでいる。
・都内で「火災」として消防隊が出動したケースは2012年の4件から、昨年は56件に増加。このうち5件は、ぼやでは済まずに火が燃え広がり、住宅を焼いた。
・経産省製品安全課は「消費者側もPSEマークを確認し、粗悪品の購入や使用を控えてほしい」としている。
<元記事>https://www.yomiuri.co.jp/national/20181104-OYT1T50013.html?from=ytop_top

<X’s EYE> 
◯解説:
Liイオン電池と乾電池は別物という認識を世の中に定着していかなければならないと思う。最近、消費者庁でも呼びかけてはルールを制定している。CMなどでも訴えていきべきである。消費者ではなく、製造業車がその認識がないとさらに大きな事故を招きかねない。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

01 11月 2018

【ニュース】リチウム電池用電極材の発熱、大阪府立大など要因解明 | 日刊工業新聞

・大阪府立大学大学院工学研究科の塚崎裕文特認助教や森茂生教授らと群馬大学大学院理工学府の森本英行准教授らは、電解液系リチウムイオン電池用の電極材料について発熱の要因を解明した。
・研究グループはニッケルやマンガンなどを含む正極複合体の加熱時の性質を調べた。
・250度C付近の発熱は電解質の分解反応が関わるとわかった。
・300度C付近の発熱は、活物質から抜けた酸素で起きた有機溶媒の酸化が関与しているとみられる。
・これらの反応を抑制することで、リチウムイオン電池の安全性向上が期待できる。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00493972

<X’s EYE>
◯解説:
この記事が意識したかわからないが、毎年、1が月後に開催される電池討論会に向けて各社・大学のプレスリーリースが増えていく。
電池には様々な安全保障の項目がある。この研究は何を意識したものであろうか?この研究の市場価値としては、


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

31 10月 2018

【書籍紹介】リチウムイオン電池における 高容量化・高電圧化技術と安全対策〜2018年10月31日 発刊〜

◯本書のポイント
◆発火・膨張・劣化対策のポイント
・過充電に対する発熱量の変化
・電解液からの分解発生ガスへの対策
・電池セル冷やし方,放熱技術
・コード類など電池周辺部からの発火要因
・デンドライドの可視化と抑制
・コンタミ対策,超低湿度環境での運用
◆4.5V~5V化,高容量化に向けて
・三元系合金,新素材正極の利用
・シリコン負極の膨張対応とバインダー
・セパレーターの耐熱・絶縁性向上
・導電助剤によるイオン伝導性向上
・電解液の難燃化と耐酸性
・固体電解質,ゲル状電解質の利用
◆新しい用途と国際化対応
・ZEV規制(米),NEV規制(中)への対応
・住宅や大規模発電への利用
・航空宇宙,鉄道などての利用
・GB規格(中),UL(米),UN(国連規格)の違い
・圧壊・耐火・水没などの過酷試験法
・生産環境や輸送リスクへの対応
<詳細>http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1971.htm