14 6月 2019

【ニュース】LG化学、中国業界1位の吉利自動車とバッテリー合弁法人設立 | Joongang Ilbo | 中央日報

・LG化学は13日、中国吉利自動車と電気自動車用バッテリーの合弁法人を設立すると明らかにした。
・合弁法人はLG化学と吉利自動車が50対50で株式を持ち合うもので、それぞれ1034億ウォン(約94億円)を出資する。
・工場の場所と法人名は未定であるが、年末に着工し2021年末までに電気自動車用バッテリー10ギガワット時の生産能力を備える計画だ。
<元記事>https://japanese.joins.com/article/405/254405.html?servcode=300§code=300&cloc=jp|main|breakingnews

中国に限らず、自動車メーカーと電池メーカーのこのような連携がこれから加速していくのであろう。LGは供給先が確保でき、吉利は自社の仕様に合わせた電池が確保できる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

11 3月 2018

【コラム】中国「吉利汽車」がテスラの強敵になる日 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

・中国の自動車メーカー、「吉利汽車」が2010年にスウェーデンのボルボを買収した。
・先日は、メルセデスベンツやマイバッハなど高級ブランドを擁するダイムラーの株式の9.69%を取得した。
・「自動車狂」と称される会長の李は、中国市場の変化を的確に読み当ててきた。
・2000年代は安い大衆車を投入し、2010年代に入ると高級市場にシフトした。中国での乗用車の販売台数は2013年にピークアウトしたが、高級SUVの売れ行きは引き続き好調。
・そのような市場を予測し、成果をあげてきた李会長が、今度はEVに注目している。
・EV業界ではテスラが注目を集めているが、今後は吉利がテスラを猛追するかもしれない。
<元記事>https://forbesjapan.com/articles/detail/20078