18 6月 2019

【ニュース】住友鉱、EV軸に5000億円投資 一貫生産モデル深掘り  :日本経済新聞

・住友金属鉱山が電気自動車(EV)を軸とする成長戦略のアクセルを踏む。
・2019~21年度までの3年間で、EVに欠かせない銅やニッケル部門を中心に約5千億円を投資する方針を打ち出した。
・車載電池向けの正極材など川下の材料生産にも力を入れ、市況変動への耐性が強い収益モデルの構築を急ぐ。
・一方、米中貿易摩擦を受け、非鉄の市況や需要には不透明感が漂う。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46104410U9A610C1TJ1000/

銅やニッケルは自動車に限らず経済成長が望める場合、需要が伸びる。ここ数年は有効に投資をすれば利益を上げらるのであろう。2030年以降は自動車の販売台数もそれほど伸びは示さず世界経済の成長も見込めない可能性もある。その時、このような鉱山ビジネスはどうなっていくのであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

20 5月 2019

【ニュース】住友鉱山社長、ニッケル調達量拡大  :日本経済新聞

・住友金属鉱山の野崎明社長は17日、主力のニッケル生産について「今後もビジネスチャンスを作っていく」と述べ、原料の調達量を拡大する方針を示した。
・ニッケル生産の長期目標である年15万トンの実現に向け、約1万~2万トン分の原料を新たに確保する。
・電気自動車(EV)の電池向け部材を中心に、成長する金属資源に引き続き注力する考えだ。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44925640X10C19A5X93000/

どのように、どの期間といった詳細が気になる。必要量だけを入手したのか、その先も見据えて投資したのか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 3月 2019

【ニュース】住友鉱山、EV用電池からコバルト再利用 新技術確立  :日本経済新聞

・住友金属鉱山は、電気自動車(EV)に搭載される使用済みのリチウムイオン電池から主要素材の希少金属(レアメタル)のコバルトを回収し、電池材料として再利用する新技術を開発した。
・早ければ2021年に実用化する。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42982950X20C19A3TJ3000/

市場に出て帰ってきた電池はほぼない状態だと思うが、確立というのはどのようなレベルなのであろうか?
現状のリサクルは電池工場で廃棄された材料から行われていることが多い。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 2月 2019

【ニュース】住友鉱山、EVシフトで銅山投資加速 新中計発表  :日本経済新聞

・住友金属鉱山は14日、2022年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。
・生産トラブルなどにより19年3月期の業績見通しを下方修正するなか、4月末に権益取得予定のチリの銅鉱山開発を進めるなど3年間で過去最高の計4900億円を投じる。
・電気自動車(EV)やあらゆるものがネットにつながるIoTシフトによる金属需要増を受け、強気の投資に打って出る。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4129775014022019X93000/

Co価格がそれほど高騰していないので、銅を使用する市場が重要になるのであろう。
「IoTシフトによる金属需要」というよりは各国のインフラ増強の方が重要な気がする。あとはモーターか。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 1月 2019

【ニュース】今から加速、“EV大量廃車時代”を見据えるある業界の備え(ニュースイッチ)

・非鉄金属大手各社が電気自動車(EV)などで使用済みとなったリチウムイオン二次電池(LIB)から有用金属を回収し、再資源化する取り組みを加速している。
・JX金属や三菱マテリアルは、2019年度に再資源化の実証事業の規模や内容を拡大する。
・住友金属鉱山はすでに事業化している銅やニッケルの回収に続き、コバルトの試験回収に乗り出す。
・将来の「EV大量廃車時代」を見据え、LIB再資源化の備えを怠りなく進める。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00010005-newswitch-ind

持続可能な電動車ビジネスを継続するためには、資源の再利用は必要不可欠である。そのために技術開発に投資しやすい環境を行政主導で作っていくべきだと思う。
一方で、「EV大量廃車時代」が本当に来るとしたら、その世の中が正しい選択をしたのか疑問である。

<弊社では、電池・電動車ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 11月 2018

【ニュース】住友鉱山、インドネシアにニッケル製錬所を建設へ  :日本経済新聞

・住友金属鉱山はインドネシアでニッケルの製錬所を建設する。
・投資額は2000億円超とみられる。
・ニッケルはステンレス鋼向けの他、電気自動車(EV)に使うリチウムイオン電池の材料としても需要が高まっている。
・新たな製錬所を設けて需要増に対応する。副産物として電池材原料のコバルトも生産する予定だ。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3798980020112018X12000/

<X’s EYE> 
◯解説:
インドネシア含めアセアンの経済的成長により多くのビジネスチャンスが生まれる。
市場が大きくなる時に必要になる元素が銅とニッケルである。両方とも副産物としてコバルトがとれる。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

12 9月 2018

【ニュース】住友鉱社長:EV電池材料を安定確保、海外ニッケル工場の新設に意欲 – Bloomberg

・住友金属鉱山の野崎明社長は、インドネシアでニッケル鉱石を中間製品にまで加工する工場の新設に意欲を示した。電気自動車(EV)に使われる電池材料としてニッケル需要の増加が見込まれることから、新規供給源を確保する。
・事業化を検討しているのは「ポマラ・プロジェクト」。品位(金属含有量)が1%程度のニッケル鉱石から、60%程度にまで高めたニッケルとコバルトが混合する中間製品を生産する。生産規模は年間4万トン程度を視野に入れている。
・一般的に1万トンの能力を持つ設備を建設するのに5億ドル(約560億円)程度かかるといい、総投資額は20億ドル規模が見込まれる。
・住友鉱は操業主体として運営会社の過半を出資する見通し。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-11/PEU1ZN6JTSEC01

<X’s EYE(X氏コメント)>
ビジネス:
Ni比率が高くなるのは電池のエネルギー密度を上げるためである。 Read More

09 9月 2018

【ニュース】住友鉱:テスラ依存を軽減へ、EV向け電池材料の供給先拡大目指す – Bloomberg

・住友金属鉱山は電気自動車(EV)の二次電池に使われる材料の供給で、最終的な需要家である自動車メーカーを米テスラ以外にも拡大する方針を示した。
・同社の材料を使用した二次電池を搭載するEVメーカーは実質1社にとどまっており、リスク分散を図るとともに、EV市場の伸びに合わせた需要を取り込む狙い。
・ニッケル酸リチウムの主力拠点である磯浦工場(愛媛県新居浜市)などに過去5年で計400億円超の増産投資を実施。2013年に月産300トンだった生産能力を3550トンにまで引き上げており、年末には4550トン体制となる予定。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-06/PEM69V6K50XT01

<X’s EYE(X氏コメント)>

【ニュース】住友金属鉱山、EV電池で鉱石から素材まで担う  :日本経済新聞

01 9月 2018

【ニュース】住友金属鉱山、EV電池で鉱石から素材まで担う  :日本経済新聞

・住友金属鉱山が世界に通用する非鉄メーカーにのし上がろうと奮闘している。
・世界のトップ5をうかがうニッケルでは鉱石から製錬、素材供給の垂直モデルを構築。
・電池材料の開発で顧客メーカーにも食い込み、電気自動車(EV)向けでは首位グループにつける。
・金や銅でも鉱山開発から攻め直すため、多角化路線と決別。「ヤマ」の会社として、第二の創業ののろしを上げる。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34791380Q8A830C1X11000/

<X’s EYE(X氏コメント)>

ビジネス:
住友金属鉱山の読みの通り、材料メーカーで安定調達を目的とした資源調達を対応しくれるのは自動車メーカに対して訴求のポイントとなる。 Read More

26 7月 2018

【ニュース】住友鉱:EV電池材料の増産に遅れ、年内体制確立へ-テスラ向け – Bloomberg

・住友金属鉱山は電気自動車(EV)用の電池材料に使われるニッケル酸リチウムの生産能力増強が計画より半年程度遅れる見通しを明らかにした。
・当初は6月までに生産能力を月産4550トンまで増やす予定だったが、足元では3550トンにとどまる。
・主力生産拠点の磯浦工場(愛媛県新居浜市)での能力増強に向けた工事期間が想定よりも長引いており、2018年末までの完成を目指す。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-25/PCEGR66JTSE901