22 12月

【ニュース】九電が充放電ステーション、送電網へのEV接続試験で  :日本経済新聞

・九州電力は20日、電気自動車(EV)を送配電網に接続する技術の実証試験に際し、「充放電ステーション」を福岡市内に設置したと発表した。
・2019年1月まで試験する。EVの蓄電池を利用し、充電だけでなく、送配電網に電気を送るシステムの開発や検証を進める。
・九州では太陽光などの再生可能エネルギーの普及が進んでいるが、発電量が不安定な点が課題とされる。
・今回の技術が確立されれば、需給バランス調整への利用も期待できるという。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39199260Q8A221C1LX0000/


◯解説:
電力システムの問題を「充放電ステーション」で解決するのは量的な視点で成立するようには思えない。その点は、テーマが違うのでここでは触れることを避ける。
水素ステーションと「充放電ステーション」は似たような課題を抱えている。ガソリンの給油のような多くの利用者に対応するにはステーションのコストがかかることである。

<弊社では、電力ビジネスに関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 11月

【ニュース】アライアンス・ベンチャーズ、電気自動車用リチウムイオンバッテリーの 技術進化に向け、エネベート社に出資:時事ドットコム

・ルノー・日産自動車・三菱自動車の戦略的ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」は本日、米国カリフォルニア州アーバインに拠点を置く先進的なリチウムイオンバッテリー技術を開発する「エネベート」社の直近の資金調達ラウンドで投資を行ったと発表。
・エネベート社の電気自動車用HD-Energy® Technologyは、5分の急速充電による高いエネルギー密度と長い航続距離をその特長としている。
・また、低温状況での作動性、低コスト、高い安全性の実現にも焦点が当てられています。この短い充電時間は、既存のどのリチウムイオンバッテリーをも上回るもの。
・同社に出資するのは、Mission Ventures、Draper Fisher Jurvetson、Tsing Capital、Infinite Potential Technologies、Presidio Ventures(住友商事グループ会社)、 CEC Capital, サムスン、 レノボ、 LG化学、ルノー・日産自動車・三菱自動車等。
<元記事>https://www.jiji.com/jc/article?k=20181113005867&g=bw

<X’s EYE> 
◯解説:
サムスン、LGが出資しているので、何らかの革新的な技術を有しているのかもしれない。消費者を驚かす商品が出てくることを期待して待ちたい。ただ、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

02 11月

【ニュース】三菱 アウトランダーPHEV、欧州ベストセラーPHVに…導入5年で11万台突破

・三菱自動車の欧州部門は10月30日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の欧州市場における販売台数が、導入から5年で11万5448台に到達した、と発表。
・三菱自動車によると、欧州で最も売れているプラグインハイブリッド車(PHV)であり、ドイツとスウェーデンの両国では、自国の自動車ブランド(メルセデスベンツやBMW、アウディ、フォルクスワーゲン、ボルボカーズなど)のPHVよりも、アウトランダーPHEVが売れているという。
・2019年モデルは、国際基準の新燃費表示「WLTPモード」で、複合モード燃費は49.2km/リットル、CO2排出量は46g/km、EVモードの航続は市街地で最大56km、EVモードの最高速は135km/hに到達する。
<元記事>https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=79188/

<X’s EYE>
◯解説:
日本車が欧州で受け入れられることはそれほど多くはない。この状況は素晴らしい。背景には、いち早く市場にと運輸したことと価格が大きく影響していると思われる。あとは、走りでも欧州勢に差をつけているのであろう。欧州は、


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

09 10月

【インタビュー(動画)】もっと電気で走る楽しさを! 三菱アウトランダーPHEV大幅改良に込めた開発陣の思いを直撃 – WEB CARTOP

・新設計の駆動用バッテリーとエンジンを搭載したことで、PHEVシステムを大幅アップデートさせた三菱アウトランダーPHEV。
・その改良ポイントについて、開発陣へのインタビュー動画・・・
<元記事>https://www.webcartop.jp/2018/10/283222

<X’s EYE>
◯解説:
1分50秒以降に開発者の方々が出てきます。多くの部署の方々が思いを伝えられています。
◯ビジネス:
電動車でしかできない走りを追求した。電動化のコストは数十万である。走りを追求することで着いてくるお客様とそうではないお客様がいる。今回の動画は前者に対するアピールである。もし後者を刺激することを目的としていたら、


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

04 10月

【ニュース】容量を15%高めたPHEV用電池セルに変更、三菱自動車 | 日経 xTECH(クロステック)

・三菱自動車は、SUV(多目的スポーツ車)タイプのプラグインハイブリッド車(PHEV)「アウトランダーPHEV」の2019年モデルに搭載する駆動用バッテリーを初公開した。
・体積当たりの容量を15%高めたリチウムイオン電池セルで、リチウムエナジージャパンが供給する。
<元記事(有料記事)>https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/00032/100200008/

<X’s EYE>
◯解説:
http://lithiumion.info/myblog/?p=16238
アウトランダーPHEVは、日系企業としてはプリウスPHEVに次ぐ販売実績がある。2017年を入れればプリウスPHEVを圧倒する。プリウスと比較してみる。


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

21 9月

【ニュース】ルノー・日産自動車・三菱自動車、Googleと次世代インフォテインメントシステムで提携 – 日産自動車ニュースルーム

・世界最大の自動車アライアンスがGoogleとグローバルでの複数年契約に合意。高度なインフォテインメントシステムをルノー、日産自動車、三菱自動車の車両に搭載。
・世界で最も普及しているオペレーティングシステムAndroidを使用し、Google アシスタント、Google マップ、Google Play ストアを含む数多くのサービスをお客さまに提供。
・これらのサービスは、アライアンスインテリジェントクラウドをベースとした遠隔でのソフトウェアアップデートおよび車両診断機能と組み合わされる。
<元記事>https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-860852d7040eed420ffbaebb22094419-180918-02-j?lang=ja-JP

<X’s EYE(X氏コメント)>
ビジネス:
先日、アップル関連の記事に触れた。
http://lithiumion.info/myblog/?p=15677 Read More

08 8月

【ニュース】三菱自動車と岡山県が「EVシフトに対応した産業と地域づくり」で連携協定締結(Auto Prove) – carview!

・三菱自動車は2018年8月7日、岡山県と「EVシフトに対応した産業と地域づくり」に係る連携に関する協定を締結した。
・三菱が強みを持つ電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)に関して、双方が保有する資源を有効に活用し、岡山県におけるEVシフトに対応した産業振興と地域づくりに共同で取り組んでいく。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180807-10332343-carview/

08 6月

【ニュース】三菱自動車、PHVをタイで生産へ 追ってEVも:朝日新聞デジタル

・三菱自動車は4日、プラグインハイブリッド車(PHV)の海外生産に、タイで乗り出す方針を明らかにした。
・電気自動車(EV)の生産も検討していく。得意とするエコカーの拡販につなげたい考えだ。
<元記事>https://www.asahi.com/articles/ASL645VHTL64ULFA02W.html?iref=pc_ss_date

17 4月

【ニュース】自動車販売店にリチウムイオン電池、災害時にもEVにエネルギー供給 – スマートジャパン

・三菱自動車がさいたま市に次世代販売店舗を整備。
・新たにリチウムイオン電池を設置し、周辺地域が停電した場合でもEVなどに電力供給を行えるようにする。
・電動DRIVE STATIONは通常の店舗機能に加え、電気自動車(EV)やPHEV(プラグインハイブリッドEV)の意義や価値を広く知ってもらうためのプレゼンテーションツールやデモンストレーションコーナーを備えた次世代店舗。
<元記事>http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1804/16/news029.html

27 2月

【ニュース】EV普及へ共同研究 三菱自動車とインドネシア | NHKニュース

・三菱自動車工業は去年12月にインドネシア政府と交わした覚書に基づいて電気自動車10台を提供し、26日、首都ジャカルタで記念の式典が開かれた。
・共同研究では、今後、1年をめどに、充電ステーションなど、電気自動車の普及に必要なインフラ整備の研究が進められる。
・三菱自動車工業としては東南アジアの生産拠点であり、巨大な市場でもあるインドネシアでの事業に力を入れ、将来的な販売促進の足がかりにしたい。
<元記事>https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011343731000.html