26 3月 2019

【ニュース】ルノー、EVによるV2Gの実証実験へ…世界最大規模 | レスポンス(Response.jp)

・ルノーグループ(Renault Group)は3月21日、世界最大規模のEVによる「V2G」(Vehicle to grid)の実証実験を開始すると発表した。
・V2Gは、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)のバッテリーを電力系統に接続して、充放電する技術を指す。電力網に複数のサービスを提供し、エネルギー需給のバランスを取ることや再生可能エネルギーの利用促進を目指している。
<元記事>https://response.jp/article/2019/03/24/320482.html

この実証実験にgoogleは関与するのであろうか?もし、連携するようなことがあれば、彼らに提供する車両情報がまた増え、壁が一つ取り除かれたことになる。自動車メーカーは、googleのような会社との連携は今後必須であろう。ただ、どこで線を引くかが今後の課題だ。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 11月 2018

【ニュース】アライアンス・ベンチャーズ、電気自動車用リチウムイオンバッテリーの 技術進化に向け、エネベート社に出資:時事ドットコム

・ルノー・日産自動車・三菱自動車の戦略的ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」は本日、米国カリフォルニア州アーバインに拠点を置く先進的なリチウムイオンバッテリー技術を開発する「エネベート」社の直近の資金調達ラウンドで投資を行ったと発表。
・エネベート社の電気自動車用HD-Energy® Technologyは、5分の急速充電による高いエネルギー密度と長い航続距離をその特長としている。
・また、低温状況での作動性、低コスト、高い安全性の実現にも焦点が当てられています。この短い充電時間は、既存のどのリチウムイオンバッテリーをも上回るもの。
・同社に出資するのは、Mission Ventures、Draper Fisher Jurvetson、Tsing Capital、Infinite Potential Technologies、Presidio Ventures(住友商事グループ会社)、 CEC Capital, サムスン、 レノボ、 LG化学、ルノー・日産自動車・三菱自動車等。
<元記事>https://www.jiji.com/jc/article?k=20181113005867&g=bw

<X’s EYE> 
◯解説:
サムスン、LGが出資しているので、何らかの革新的な技術を有しているのかもしれない。消費者を驚かす商品が出てくることを期待して待ちたい。ただ、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

28 9月 2018

【ニュース】ルノーグループ EVバッテリーを用いた最大級の定置用電力貯蔵システム構築プロジェクト開始 – Green Car Congress

・ルノーグループは、2020年までにEVバッテリを使用した欧州最大の最大のエネルギー据置型ストレージシステム(電力:70MW /エネルギー:60MWh)を構築することを目的とした「高度なバッテリストレージ」プログラムを開始する。
・このバッテリーはEVのセカンドライフバッテリーをコンテナにまとめて使用する。
・ルノーグループは、自動車メーカーとしての範疇を超えて、スマートな電気とエネルギーのエコシステムにおけるプレーヤーになることを目指す。
<元記事>http://www.greencarcongress.com/2018/09/20180925-renault.html

<X’s EYE>
◯解説:
自動車で使用された電池を再利用するのは容易ではない。新品と異なり、使われ方が様々で一様の性能でないものをまとめて使いこなさないといけないからだ。

[sg_popup id=”16175″ event=”click”]<さらに読む>[/sg_popup]

21 9月 2018

【ニュース】ルノー・日産自動車・三菱自動車、Googleと次世代インフォテインメントシステムで提携 – 日産自動車ニュースルーム

・世界最大の自動車アライアンスがGoogleとグローバルでの複数年契約に合意。高度なインフォテインメントシステムをルノー、日産自動車、三菱自動車の車両に搭載。
・世界で最も普及しているオペレーティングシステムAndroidを使用し、Google アシスタント、Google マップ、Google Play ストアを含む数多くのサービスをお客さまに提供。
・これらのサービスは、アライアンスインテリジェントクラウドをベースとした遠隔でのソフトウェアアップデートおよび車両診断機能と組み合わされる。
<元記事>https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-860852d7040eed420ffbaebb22094419-180918-02-j?lang=ja-JP

<X’s EYE(X氏コメント)>
ビジネス:
先日、アップル関連の記事に触れた。
http://lithiumion.info/myblog/?p=15677 Read More

12 5月 2018

【ニュース】中国CATL、ルノー・日産に車載電池供給  :日本経済新聞

・車載電池の世界大手、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は、仏ルノーと日産自動車が新開発している電気自動車(EV)向けにリチウムイオン電池を供給する。
・CATLにとって日本車向けの車載電池供給で第1弾となる。
・月内には横浜市に営業・開発支援拠点を新設する予定で、日本車メーカーとの取引拡大に弾みをつける。
・日産が18年後半に中国で発売する予定のEVセダン「シルフィ ゼロ・エミッション」に供給する。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30316410Q8A510C1TJ1000/

01 4月 2018

【ニュース】ルノーと日産自の完全統合目指すゴーン氏-生き残りかけ規模拡大へ – Bloomberg

・カルロス・ゴーン氏は難局に見舞われていた自動車メーカー2社を復活させ、3社目の再建に取り組んでいる。
・そして今、複雑な株式持ち合いを通じた提携の下で約20年間協力してきた仏ルノーと日産自動車の完全統合という、同氏にとって最後になるであろう仕事に着手する・・・
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-30/P6DTX46JTSE801

14 2月 2018

【ニュース】ルノー日産、EV向け急速充電ネットワークに参加…最大350kWの高出力(レスポンス)

・ルノーグループと日産自動車は、EV向けの急速充電ネットワーク「E-VIA FLEX-Eコンソーシアム」に参加した、と発表した。
・E-VIA FLEX-Eコンソーシアムは、南欧初の高出力充電ネットワーク。このネットワークの目的は充電時間を短縮し、欧州全域において新世代のEVで長距離ドライブを可能にすること。
・プロジェクトでは、イタリア8台、フランスに2台、スペインに4台の合計14台の高出力充電ステーションを2018年末までに設置する計画。
・高速道路に沿って、150~350kWの出力を持つハイパワー充電ステーションを整備していく。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180213-10286441-carview/

11 1月 2018

【ニュース】ルノー、日産自動車、三菱自動車:ベンチャーキャピタルファンドを設立、全固体電池素材の開発会社にまず投資

・ルノー・日産自動車・三菱自動車は9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ(Alliance Ventures)」を設立し、今後5年間で最大10億ドルを投資すると発表した。
・Alliance Venturesは初年度、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に最大2億ドルを投資する予定。
・高分子固体電解質の研究を進めるionic Materials社に投資する。
<元記事>https://motor-fan.jp/tech/10002327

11 10月 2017

【ニュース】ルノー、電動モビリティの新会社設立…電動化戦略の一環 | レスポンス(Response.jp)

出典:https://response.jp/

・ルノーグループは10月9日、新会社のルノー・エナジー・サービスを設立した、と発表。
・ルノー・エナジー・サービスは、電動モビリティとエネルギーに特化した新会社。スマート充電、スマートグリッド、電動車両のバッテリーの再利用に重点を置く予定。
<元記事>https://response.jp/article/2017/10/10/300863.html

18 9月 2017

【ニュース】ルノー・日産連合:22年までに新たにEV12車種-三菱自も参画 – Bloomberg

・ルノー・日産連合(アライアンス)は、昨年傘下入りした三菱自動車を含めて2022年までに新たに12車種の電気自動車(EV)を投入する方針を明らかにした。
・15日に発表した今後の6年間の中期経営計画で、EVの性能の重要な指標となる満充電時の航続距離は、22年の時点で600キロメートル(日本基準)に到達するとの見通しを示した。
・「アライアンス2022」と名付けられた同計画では、EV用蓄電池コストの30%削減やグループ総売上高を2400億ドル(約26兆5000億円)に拡大することも目指している。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-15/OWB1LF6KLVR501