05 7月 2019

【ニュース】ベンツのEVついに出る! メルセデス・ベンツ、初のEV「EQC」発表 価格は1080万円から (1/2) – ねとらぼ

・メルセデス・ベンツ日本は7月4日、同ブランド初の100%電気自動車(EV)「EQC」を発表した。
・EQCは、メルセデス・ベンツブランドの市販EV第1弾として満を持して市場投入する戦略的EV。
・次期モデルからEV専門ブランドになる小型車ブランド「スマート」(関連記事)も含め、2022年までに10車種のEVを投入する計画を明らかにしている。
・容量80kWhのリチウムイオンバッテリー備え、静止から時速100キロまで5.1秒(本国仕様)。
・1回の充電で走行できる航続距離は約400キロ(WLTCモード)。
<元記事>https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/04/news094.html

メルセデスは、これでテスラに奪われた顧客を取り戻せるであろうか。
スマートとEQCのようなラインナップは、自動車メーカーにとって理想的なEVの出し方である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 11月 2014

【ニュース】次世代環境車の本命!? メルセデスもPHVを発表

出展:http://nge.jp/

メルセデス・ベンツ日本が25日、ブランド初となるPHV、「S550 プラグインハイブリッドロング」を発売した。
PHVの基本的な仕組みや各社の違いについては「気になる次世代環境車「PHV」各社の違いまとめ」をご覧いただくとして、今回は発表されたPHVのスペックや注目すべき機能について見ていこう。
<元記事>http://nge.jp/2014/11/28/post-89107