20 8月 2019

【インタビュー】マツダの電動化戦略、打ち出す「Well-to-Wheel」その真意とは レスポンス(Response.jp)

・2019年9月25日(水)から3日間、インテックス大阪で『第6回[関西]二次電池展-バッテリー大阪-』の目玉のひとつである専門セミナーの中で、マツダ執行役員 R&D管理・商品戦略・技術研究所担当の工藤秀俊氏が、電動化戦略のロードマップを語る。
・2017年にマツダは『サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030』を発表した。これは、2010年比でCO2を2030年に50%、2050年には90%削減する目標を掲げてもいる。
・「コアは内燃機関の効率を上げること。そこに電動化技術を組み合わせていく。エンジンの効率が高ければモーターやバッテリーのサイズを小さくできる。これをビルディングブロック戦略の順番で手掛けていくつもり。」
・「電池そのものの生産は考えてはいないが、始動用12Vについてはリチウムイオンタイプの電池を共同開発している。車載ということで振動に強く燃えにくいことなどに配慮しており、マイルドHVも視野に入れている。」
・マツダとしては、EVをはじめとした電動化車両の本格普及に向けては、「まずは二次電池の基本性能向上を望みたい」というスタンス。
<元記事>https://response.jp/article/2019/08/19/325524.html

今欧州で議論されている2030年のCO2排出削減を考えると12Vの活用では内燃機関の熱効率が良くなっても限界がある。マツダにとって、2030年は2040年、2050年・・・・と継続的に事業を続けるための通過点でしかない。そのような思想で語られることを期待したい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 5月 2019

【ニュース】エンジン車とEV、環境で利点変化 マツダが工学院大学とCO2排出量比較 (1/3ページ) – SankeiBiz

・マツダと工学院大学は、製品やサービスが環境に与える負荷を総合的に評価する手法「ライフサイクル・アセスメント(LCA)」を活用。国際標準化機構(ISO)の国際規格に規定されたLCAの手順に沿って、各種車両のCO2排出量を地域ごとに算出し比較した。
・石炭火力による発電に依存するオーストラリアでは、発電時に発生するCO2排出量が多いという理由から、ガソリン車の排出量がEVの排出量を上回ることが一度もなかった。
・火力発電が総発電量の6割超を占める米国では、走行距離が短い段階でEVのCO2排出量がガソリン車を上回ったが、6万779キロの時点で両車両が逆転。EVの排出量がガソリン車を下回る状態で一生を終えた。
・風力、太陽光などの再生エネや原子力の活用が進む欧州では、序盤にCO2排出量で優位にあったガソリン車が7万6545キロでEVに逆転され、そのままEVの環境負荷が小さい状態が続いた。
・8割以上を火力発電に頼る日本では、EVのCO2排出量が約11万キロまではエンジン車(ディーゼル、ガソリン)を上回り、EVがバッテリーを交換した16万キロ以降にも再び不利になった。石炭による火力発電を主力とする中国も似た傾向がみられ、EVの排出量が少ない時期は限定的だった。
<元記事>https://www.sankeibiz.jp/business/news/190520/bsc1905200500007-n1.htm

生産時やリサイクル時の排出量を考慮するとEVに対してもっと厳しい数字が出てくるのではないだろうか。自動車のライフサイクルまで考えるとさらに厳しくなる。
EVが不要であることを指摘しているのでなく、このような事実を理解してEVの価値が生かせる商品を作り適した場所で使うことを考えるべきである。ICEの代替という概念から抜けないと・・・

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 5月 2019

【ニュース】マツダが「ロータリーEV」の投入延期、コスト面に壁

・マツダはロータリーエンジンを発電動力とする電気自動車(EV)の市場投入を先延ばしする。
・これまで2020年に発売するとしてきたが、少なくとも1年は延期する。
・コストが目標に達していないことや、人的な開発資源に余裕がないことなどが理由。
・エンジンを積まない純粋なEVや、ロータリー搭載EVと同じ車体を使ったエンジン車は予定通り20年の発売を目指す。
・21年以降に発売を延ばすのは、EVの航続距離延長(レンジエクステンダー)のためにロータリーエンジンを積んだEV。
・ただ、EV向けロータリーエンジンの生産台数は年間2万台を切る水準を想定し、通常のエンジンに比べ生産台数が少なく、コストが高くなる。開発チームの人的資源も限られている。
<元記事>https://newswitch.jp/p/17568

マツダの規模であれば、純粋なEVは自社でやらない選択はあってもいいと思う。しかし、エンジンと電池に組み合わせのシステムはオリジナルの技術を構築する必要はあるのではないだろうか。にも関わらず、「人的な開発資源に余裕がない」という経営側の発言には危機感を感じる。その状態の打開に時間がかかるほど、より一層厳しい状況に追いやられるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

02 12月 2018

【ニュース】マツダ、発電専用でロータリーエンジン復活、2020年にPHEVに搭載、FR車へ布石 | 日経 xTECH(クロステック)

・マツダは、ロータリーエンジンで発電し、モーターで駆動するプラグインハイブリッド車(PHEV)を2020年に発売する。
・欧州や中国、米国などの環境規制への対応を見据える。発電専用にすれば、低回転・低トルク域で熱効率が低いロータリーの弱点を抑えつつ、静かで小さい強みを生かせる。小型車に搭載する可能性が高い。
<元記事>https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nmc/18/00012/00045/

<X’s EYE>
◯解説:
エンジンの特性はPHEV向けかもしれない。ただ、発電専用にするとという解説は???


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方(有料)>[/sg_popup]

18 10月 2018

【コラム】マツダが独自技術で生み出す「ロータリーエンジンレンジエクステンダー」とは?(CarMe) | – carview!

・マツダが先日発表した『ロータリーエンジン×レンジエクステンダー』について。
・吸入・圧縮・燃焼(膨張)・排気という行程を同時に行なうロータリーエンジンは、その出力に対してコンパクトに作ることができる。
・また、ガソリンだけでなく、LPGや天然ガス、水素など様々な燃料に対応しやすいという特徴もある。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181016-10351185-carview/

<X’s EYE>
◯解説:
このレンジエクステンダーがBMWi3と同じ機構のものを想定しているのであれ、正直レンジエクステンダーにロータリーエンジンを活用するのは理解できない。シリーズハイブリッド含むHEV・PHEVであれば、常時エンジンを活用した走りを提供するが、


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

03 10月 2018

【ニュース】マツダ、ロータリーエンジンをEVに活用 発電して距離を延長:イザ!

・マツダは2日、新型のロータリーエンジン(RE)を活用して航続距離を飛躍的に延ばした電気自動車(EV)を、平成32年をめどに投入すると発表した。
・REは市販車で8年ぶりの復活となる。同社は42年に生産する全車両を電動化する方針だが、EVはその5%にとどまると想定、95%はエンジンをモーターなどと組み合わせる。
<元記事>https://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/181002/ecn18100215320021-n1.html

<X’s EYE>
◯解説:
ビジネスの仕方として、お客様の望むものを提供する考え方と自分たちの強みを生かす考え方がある。きれいに分類できる訳ではないが、この記事を読む限りマツダは後者なのであろう。この記事でも扱ったように、マツダの現状ラインナップは電動車にシフトするのが難しい。
http://lithiumion.info/myblog/?p=16344


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]

28 9月 2018

【ニュース】マツダ財団 2018 年度の研究助成を決定

・公益財団法人マツダ財団(理事長 小飼雅道)は、2018 年度の研究助成を決定。
・今年度は、全国の大学・研究機関などから 440 件の応募があり、その中から「科学技術振興関係」として 31 件に助成金額 3,300 万円を、また「青少年健全育成関係」として 6 件に助成金額 400 万円の研究助成を 決定した。
・支援全テーマ名は元記事にて公開。
<元記事>http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201809/180925a.pdf

<X’s EYE>
日本は他国に比べ企業から大学に流れるお金が少ない。大学の多くは科研費など国が出すお金に頼らざるをえない。国側のお金の配分は有名大学、有名研究者に偏っている。

[sg_popup id=”16171″ event=”click”]<さらに読む>[/sg_popup]

16 3月 2018

【ニュース】マツダとエリーパワー、宇部興産、自動車始動用リチウムイオンバッテリー共同開発へ | レスポンス

・マツダ、エリーパワー、宇部興産の3社は3月15日、鉛バッテリーの代替となる、自動車始動用12Vリチウムイオンバッテリーの共同開発を進めると発表。
・3社それぞれの強みを活かし、従来の鉛バッテリーと代替可能で、高温や衝撃に対する安全性、耐久性の高い自動車始動用12Vリチウムイオンバッテリーの共同開発を進め、2021年までの実用化を目指す。
・また将来的には、共同開発で培った技術をベースに、自動車始動用以外の電動化技術へ適用可能な低電圧系(24V/48V)のリチウムイオンバッテリーへ発展させるなど、様々な分野での協業を検討していく。
<元記事>https://response.jp/article/2018/03/15/307279.html

25 1月 2018

【ニュース】マツダがレンジエクステンダーEV用ロータリーエンジンをトヨタに供給? | clicccar.com(クリッカー)

・北米マツダの毛籠(もろ)社長が、デトロイトモーターショー2018のインタビューで、トヨタ向けに小型ロータリーエンジンの供給を検討している事を明かしている。
・毛籠社長は「ロータリーエンジンは軽量で騒音や振動が無く、ジェネレーターを駆動するのに最適」と説明。
・ブルームバーグによると、トヨタはマツダのロータリーエンジンを「e-Palette」のみならず、今後発売を予定しているEVにも「レンジ エクステンダー」として活用する可能性があるとのこと。
<元記事>https://clicccar.com/2018/01/24/553262/

31 12月 2017

【ニュース】スズキ、スバルなど4社参加=トヨタ・マツダEV連合に (時事通信) – Yahoo!ニュース

・スズキやSUBARU(スバル)、ダイハツ工業、日野自動車の4社は31日までに、トヨタ自動車、マツダ、デンソーの3社が共同で進める電気自動車(EV)の技術開発に参加することを決めた。
・欧米に比べ商品化の遅れが指摘されるEVをめぐり、小型車から商用車まで各社が幅広い技術を持ち寄り開発を加速させる。
・4社は既に、トヨタなどが9月に設立したEVの技術開発会社「EVシー・エー・スピリット」(名古屋市)に参画する契約を交わした。1月以降、それぞれ5人程度の技術者を順次派遣し、研究費も負担する。いずれも出資は見送る。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000013-jij-bus_all