05 1月 2019

【市場調査】2018年の電気自動車バッテリー市場…中国が掌握、日本は独走、韓国は後退 | 中央日報

・4日、エネルギー業界市場調査機関「SNEリサーチ」によると、昨年1~11月の世界電気自動車(EV、PHEV、HEV)用バッテリー出荷量は前年比73%増となる76.9GWhだった。
・上位10社には日本が3社、中国が5社、韓国が2社それぞれ入った。
1位:パナソニック、17.6GWh
2位:CATL、16.1GWh
3位:BYD、9.3GWh
4位:LG化学、6.1GWh
5位:AESC、2.7GWh
6位:サムスンSDI、2.7GWh
7位:Farasis Energy
8位:力神
9位:国軒
10位:PEVE、1.7GWh
<元記事>https://japanese.joins.com/article/780/248780.html?servcode=300§code=300

07 9月 2018

【ニュース】トヨタ電池子会社:中国でHV用電池さらなる能増も視野-需要拡大 – Bloomberg

・プライムアースEVエナジー(PEVE)は中国・江蘇省の工場に2棟目の建屋を建設し、HV用ニッケル水素電池の年間生産能力(電池が搭載される車の台数ベース)を現状の10万台に加えて11万台上乗せする計画を進めている。
・中国では自動車メーカーに対して「新エネルギー車」を一定の比率で販売することを求める規制の採用を進めるなど、電池のみで駆動する電気自動車(EV)へのシフトを加速してきた。
・しかし、それとは別に導入されるメーカー平均での燃費規制の達成には販売規模が見込めるHVが中国でも求められてきており、トヨタは現地での事業を強化する方向に転じている。
・国内でのニッケル水素電池とリチウムイオン電池の生産能力も現状の年産160万台から21年ごろまでに250万台規模に増やす見通し。さらに今後湖西市内に新たな用地取得を検討している。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-06/PEM1JS6JIJUO01

<X’s EYE(X氏コメント)>
ビジネス:
CAFÉ目標を視野に入れてHEV向け電池の投資はしていかねければならない。 Read More

15 8月 2018

【ニュース】PEVEの鈴木社長「HV用電池、増産を前倒し」  :日本経済新聞

・トヨタ自動車子会社のプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)が車載用電池の増産を急いでいる。
・鈴木茂樹社長は「ハイブリッド車(HV)用電池の増産を前倒しで進める」と表明。
・トヨタが研究・開発する全固体電池については「製品評価の一部をお手伝いしたい」と述べ、充放電や耐久性試験などの分野でノウハウを生かしたいとの考え。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3410487013082018L91000/

19 7月 2018

【ニュース】トヨタ電池子会社、HV用工場を新設 計画比2割上積み  :日本経済新聞

・トヨタ自動車子会社のプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)は18日、宮城工場(宮城県大和町)に新工場棟を2つ建てると発表。
・2021年に稼働しハイブリッド車(HV)用リチウムイオン電池を年40万台程度生産するとみられる。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33110740Y8A710C1000000/

13 7月 2018

【ニュース】中国・欧州向けのハイブリッド需要増大で、トヨタがバッテリー生産設備を増強 | clicccar.com(クリッカー)

・電動車の生産が世界的に拡大するなか、トヨタ自動車のHV駆動用バッテリー生産を手がけるPEVEが、バッテリ-の大幅増産に向けて動いている。
・同社は今後のバッテリー需要の急増に備え、宮城工場と大森工場(静岡県 湖西市)におけるリチウムイオン・バッテリーの生産能力向上(宮城 40万台増・大森 10万台増)を予定。
・湖西市では2020年代前半をめどに、新工場の稼動も目指している。
<元記事>https://clicccar.com/2018/07/11/607824/

21 6月 2018

【ニュース】トヨタ、車載電池を一貫生産 子会社に最終工程移管 :日本経済新聞

・トヨタ自動車は2018年度後半にもハイブリッド車(HV)に使うリチウムイオン電池の最終工程を移管し、子会社プライムアースEVエナジーで一貫生産する体制にする。
・このほかにも、エコカー向け電子部品事業をデンソーに集約することを決めている。
・電動化や自動運転への対応をにらみ、すべてを本体で自ら手がける姿勢を転換。周辺事業をグループで最適な形になるよう再編する。
<元記事>https://www.nikkei.com/nkd/industry/article/?DisplayType=2&n_m_code=041&ng=DGKKZO31958900Z10C18A6TJ2000

12 5月 2018

【インタビュー】トヨタ系電池メーカー「増産急ピッチ」の勝算

・プライムアースEVエナジー(静岡県湖西市、PEVE)が、ハイブリッド車(HV)用電池の増産を急ピッチで進めている。
・トヨタ自動車の電動化シナリオの実現へ重要な役割を担うPEVEの鈴木茂樹社長に、今後の増産計画や開発の方向性を聞いた。
・「トヨタが発表した電動化シナリオを具現化するには電池が必要。それに合わせ、しっかりモノづくりの体制を整える。宮城工場(宮城県大和町)は第4工場を2019年、第5工場を20年に稼働する。いずれも年産20万台規模でリチウムイオン電池を生産する。中国工場も増強する」
・「リチウムイオン電池は設計をトヨタ、原価低減など製造技術をPEVEが担う。トヨタの開発は全固体電池にシフトしてきた。リチウムイオン電池など従来型の液系電池は当社も解析、評価設備を導入し高容量化の開発を強化している。量産までのハードルは高いが試作できる段階にある」
<元記事>https://newswitch.jp/p/12911

06 4月 2018

【ニュース】トヨタ子会社、中国でHV向けニッケル水素電池生産を倍増  :日本経済新聞

・トヨタ自動車子会社のプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)は4日、中国・江蘇省でハイブリッド車(HV)向けニッケル水素電池モジュールの新工場を建設すると発表。
・投資額は約160億円で、2020年前半の稼働を予定。同社の中国での生産能力は、車両換算で現在の2倍の年間約22万台分になる。
・トヨタは中国でも燃費規制に対応するHV販売を増やす方針で、需要増に応える。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28994050U8A400C1TI1000/

25 3月 2018

【ニュース】トヨタ・パナソニック、HV用の電池工場新設へ 静岡:朝日新聞デジタル

・トヨタ自動車とパナソニックがハイブリッド車(HV)用のリチウムイオン電池工場を静岡県湖西市に新設する方針。
・両社出資の車載用電池メーカー、プライムアースEVエナジーが、本社や主力工場のある湖西市に新たな工場を設ける。
・2023年ごろの稼働をめざす。
<元記事>https://www.asahi.com/articles/ASL3S3RL0L3SOIPE002.html?iref=comtop_list_biz_n03

16 1月 2018

【ニュース】プライムアース、HV用電池5割増の年産60万台分に  :日本経済新聞

・トヨタ自動車とパナソニックが共同出資するプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)は15日、宮城工場(宮城県大和町)でハイブリッド車(HV)用のリチウムイオン電池の新工場を建設すると発表。
・宮城工場では既に同電池の工場を着工しており、今回さらに工場を追加する。
・2020年前半の稼働予定で生産能力は5割増える見通しだ。
・20年前半稼働予定の新工場は宮城工場では5棟目となる。生産能力はリチウムイオン電池が年約20万台となる見込み
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25698810V10C18A1TJ2000/