15 6月 2019

【コラム】VWのバッテリー投資、高リスクも他に選択肢なし – WSJ

・VWは13日、バッテリー生産に約10億ドル(約1080億円)投資することを発表した。その一部はスウェーデンのバッテリー新興企業ノースボルトとの合弁会社設立に充て、EV用バッテリーの中核コンポーネントであるセルを生産する。
・VWは、技術の変化が激しいこの時代に、実績のないバッテリーメーカーと組んで巨費を投じることになる。
・ドイツのニーダーザクセン州はVWの議決権株式20%を保有している。VWとノースボルトの合弁工場が、同州 ザルツギッター に建設されるとみられるのも意外ではない。同地には世界最大のエンジン工場の1つがある。
・EVが従来車に取って代われば、内燃エンジン関連の雇用はバッテリー関連の雇用に置き換えられることになる。
・VWは、排ガス不正で約340億ドルの代償を払うことになったことを考えれば、バッテリー生産はさほど高い賭けではないかもしれない。
<元記事>https://jp.wsj.com/articles/SB12720290320763713670604585364220989643474

決して小さい金額ではないが、数年で10億ドルであれば技術投資としては巨額とまではいう数字ではない気もするが。
この連携でVWが電池価格を下げる取り組みをしなければならない。それができなければ、この費用は無駄になるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【ニュース】VW、自動運転車・EV開発へフォードと提携で合意近い=CEO – ロイターニュース – 経済:朝日新聞デジタル

・自動車大手の独フォルクスワーゲン(VW)と米フォード・モーターは、自動運転車と電気自動車(EV)の開発に向けた提携で合意に近づいている。VWのディース最高経営責任者(CEO)が13日、明らかにした。
・両社は3月にピックアップトラックの開発で提携合意しており、自動運転・モビリティーサービスのほか、フォードがVWのEVプラットフォーム「MEB」を利用するなど提携分野の拡大に向け協議してきた。
<元記事>http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN1TE3BJ.html

フォードは最近騒がれているCASEを数十年前から検証してきた。そこにVWが注目したのかもしれない。
技術連携以外で分析してみると、VWが北米が弱く、フォードは中国でイマイチである。補完関係をとるような連携にも見えなくはない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 6月 2019

【ニュース】フォルクスワーゲン Northvoltとの共同電池事業に10億米ドル投資し、株式の20%を取得 – Green Car Congress

・フォルクスワーゲンAGはNorthvolt ABとの共同バッテリー事業に9億ユーロ(10億1900万米ドル)を投資する。
・これにより、フォルクスワーゲンはNorthvolt ABの株式の約20%を取得する。
・今年中にヨーロッパで16GWhのバッテリーセル工場を建設するための50/50の合弁事業を計画。
・生産施設の建設は最短で2020年に開始される予定。フォルクスワーゲンのバッテリーセル生産は2023年末/ 2024年頃に開始される予定。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/06/20190612-vw.html

トヨタが5000億円程度をパナソニックの連携で出すことを考えると、投資の規模はそれほど大きくないとも見える。
EVがICEを圧倒する市場は今ずぐには想像できないが、着実に伸びていくことは間違えない。10年後20年後を見据えれば、このような投資と事業検討が企業の成長につながるのであろう。FCV事業を検討することで、日本企業は視野が広がり成長した。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

13 6月 2019

【ニュース】フォルクスワーゲン、2025年までに欧州でEV充電ステーション3万6000カ所を設置へ – CNET Japan

・Volkswagen(VW)は、欧州で2025年までに電気自動車(EV)など向け充電ステーションを3万6000カ所設置すると発表した。
・電力小売り事業を手がけるグループ会社Elli Groupの充電サービス「We Charge」ブランドのほか、VW独自ブランドでも1万1000カ所の充電ステーションを展開する。
・この充電ステーション配備計画に向け、VWグループとして合計2億5000万ユーロ(約306億円)の資金を投入する。
・VWが購入予約を受付中の小型ハッチバックEV「ID.3」は、受付開始から1カ月で申込件数が2万件を超えた
<元記事>https://japan.cnet.com/article/35138159/

最近、充電器の規格において、日本と中国が統一していく事が発表された。VWはどの規格で設置していくのであろうか。
ドイツの潤沢な再生可能エネルギーを用いて、今後ビジネスチャンスが広がるシェアリングや事業主向けのサービスを視野にいいれて戦略的に準備していくのであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 5月 2019

【ニュース】フォルクスワーゲン、約500億ユーロに相当するサムスンSDIとの供給契約が中止される可能性が浮上 – electrive.com

・サムスンSDIはVWに20ギガワット時強の総容量の電池を供給することに同意したと言われているが、今回の契約は、5GWhにまで下がったようだ、とブルームバーグは報告している。
・昨年末のフォルクスワーゲンによる大規模な電動化戦略の目標を達成するために、VWはLG Chem、サムスンSDI、CATLとSKイノベーショとバッテリー供給契約を結んだ。
・フォルクスワーゲンもサムスンも、契約が本当に破綻する恐れがあるかどうかは正式には述べていない。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/05/27/volkswagens-battery-supply-may-be-in-trouble/

SKは積極派でサムスンは慎重派といったところであろうか。
それにしても、VWは電池調達を容量でしか考えていないのであろうか?この先厳しい現実に向かい合うことになるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

23 5月 2019

【ニュース】フォルクスワーゲンの48Vシステムが登場。PHEVは果たしてどうなるか。 – carview!

・パワートレイン発表の場として恒例のウィーンシンポジウムにおいて、フォルクスワーゲンが48Vマイルドハイブリッドシステム(mHEV)を発表した。
・欧州においてPHEVは少々強引な手法で導入が進められ、一時期数多くのPHEVが各ブランドから登場した。
・しかし実益を考えるとPHEVの効果は限定的で、95g/CO2を早期に達成しなければならない欧州ブランドを抱える各社は早急に次の手を打たねばならない状況にあった。
・一台あたりの取り代は少ないものの、低コストで数の採用が見込めるmHEVによって全体的な効果を狙う。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190522-10412039-carview/

CO2排出量を議論するときにパワートレーンの種類に注目することが多いが、空気抵抗や転がり抵抗の技術も重要である。これらはPTに関係なく有用な技術である。欧米はそこへの技術投資が日本より進んでいる。特にタイヤ周りは日本は苦手な領域かもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 5月 2019

【ニュース】Scania Northvoltとバッテリー供給契約を締結 – electrive.com

・フォルクスワーゲンのスウェーデンの商用車ブランドScaniaは、NorthvoltとEV用バッテリーセルの供給契約を締結。
・契約の供給量は不明。
・また、ロイター通信はVWの子会社もNorthvoltへの資本参加についても議論していると報じた。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/05/14/scania-signs-up-for-northvolt-battery-cells/

VWは様々な会社から電池を調達しようとしているが、それらの電池の特徴を理解して車体を設計できているのであろうか。できているとしたら相当な工数を割いているのであろう。焦って市場の大きな不具合を連発しないことを祈りたい。
電池を理解している自動車メーカーは、そのような選択をしていない気がするが。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 5月 2019

【ニュース】フォルクスワーゲン 1200億円を投資してバッテリーセル工場を建設を計画

・フォルクスワーゲン取締役会は、バッテリーセル工場建設のため10億ユーロを投資する準備があると発表。
・ドイツのSalzgitterで生産を開始する予定。
・計画および実際の投資額の最終決定は、年末までに行われる予定で、VWは「電池セル工場の設立には少なくとも3年はかかる」
・フォルクスワーゲンはSKI、LG Chem、CATLなどの現在のセルサプライヤとの戦略的パートナーシップで電動化戦略を開始し、次のステップで電池の自社製造を行う。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/05/13/volkswagen-board-releases-e1bn-for-battery-cell-factory/

どのような電池を何年作り続けるのであろうか。自動車工場と同様に電池工場を考えていたら痛い目を見るかもしれない。電池工場は自動車工場というよりは半導体工場の性質に近い。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

13 5月 2019

【レポート】ディーゼルからEVへ-VWの経営戦略-風間信隆 | ユーラシア研究所 レポートサイト

・ドイツ・フォルクスワーゲン(VW)グループが推進する「TOGETHER-Strategy 2025」の詳細や背景についての明治大学商学部教授 風間 信隆先生のレポート。
・ディーゼル不正事件と、欧州と中国で高まる環境規制の強化が背景となり、VWは一気に電動化戦略を加速した。
・しかしこれにはなお、バッテリーの性能向上、バッテリーのコスト、安全性、電インフラ整備といったEVの普及を阻む大きな克服すべき課題が残されている。
・実際、VWはこうした大規模な電動化投資しているが、従来の内燃機関を載せるMQBプラットフォームが依然として今後も主力となることを見込んでおり、実際に2023年までに投資総額の3分の2の投資は内燃機関の改良や車体の軽量化などの分野に投じられている。
・従来のTSI/TDI直噴ターボエンジンの改良や圧縮天然ガス(CNG)エンジンといった技術革新によって再び内燃機関に脚光が浴びる可能性は否定できない。
<元記事>http://yuken-jp.com/report/2019/05/01/vw/

冷静な分析であり、この事実を元に世の中に出回っているニュースや記事を読むことが重要ではないだろうか。
電動化に過激な予想をしていた会社が最近、情報を修正しているようにも感じる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 5月 2019

【ニュース】独VW、新型EVを3万ユーロ以下で | 企業情報FISCO

・独フォルクスワーゲン(VW)は8日、2020年に発売する新型電気自動車(EV)の名称を「ID.3」にすると発表している。
・ドイツでの価格は3万ユーロ(約370万円)以下からとし、同日先行予約を開始したことも伝わっており、数年以内に欧州で年間10万台を販売する計画。
<元記事>http://web.fisco.jp/FiscoPFApl/ThemeDetailWeb?thmId=0010320020190509003&token=

ドイツを中心に電動車が購入される環境を作っていくのであろうか?
ノルウェーなどはICEに高い税金をかける政策をとった。行政が優秀なドイツは、どのような選択をしていくのか勉強になるのはずである。電動車を主体にした時、長期的に企業収益と国の税収を獲得できる有効な提案を持っている国は未だないのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp