29 3月 2019

【ニュース】九州電力、次世代蓄電池で東大発ベンチャーと提携 | 電気新聞ウェブサイト

・九州電力は25日、東京大学発のスタートアップ企業で次世代蓄電池システムの開発などを手掛けるエクセルギー・パワー・システムズと業務提携したと発表した。
・次世代蓄電池システムを活用し、海外の需給調整市場での事業展開を目指す。
・2019年度末からアイルランドの需給調整市場へ2万キロワット規模の調整力提供を開始する計画。
・エクセルギーは11年5月に設立。瞬間的に高出力の充放電ができるニッケル水素電池を開発し、蓄電池とその制御システムの実証をハワイなどで進めている。
<元記事>https://www.denkishimbun.com/archives/38960

耐久性能がそれほどよくないニッケル水素電池を大型化すること、またそれを高出入力向けに使うことが正しい判断なのか、多少疑問をもつ。初期費用だけでランニングコストを正確に見積もらないと、20年後巨大な廃棄物になりかねない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

06 4月 2018

【ニュース】トヨタ子会社、中国でHV向けニッケル水素電池生産を倍増  :日本経済新聞

・トヨタ自動車子会社のプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)は4日、中国・江蘇省でハイブリッド車(HV)向けニッケル水素電池モジュールの新工場を建設すると発表。
・投資額は約160億円で、2020年前半の稼働を予定。同社の中国での生産能力は、車両換算で現在の2倍の年間約22万台分になる。
・トヨタは中国でも燃費規制に対応するHV販売を増やす方針で、需要増に応える。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28994050U8A400C1TI1000/

11 4月 2015

【ニュース】パナソニック、富士重工業にハイブリッド自動車用ニッケル水素電池を供給~スバル初のハイブリッド自動車にバッテリーシステム搭載 | Panasonic Newsroom Japan

・パナソニック株式会社は、富士重工業株式会社のハイブリッド自動車「スバル XV クロストレック ハイブリッド」(米国仕様)向けに電池を供給する。
・電池はニッケル水素電池システム。
・「スバル XV クロストレック ハイブリッド」は、同社初のHEVとして、2013年ニューヨーク国際自動車ショーにて発表され、米国では本年秋に発売される予定。
<元記事>http://news.panasonic.com/jp/topics/2013/37921.html

05 7月 2014

【ニュース】中国商務部、トヨタの中国ニッケル水素電池生産JVの設立を承認

中国商務部は2014年7月2日、公告49号で、トヨタの中国のニッケル水素電池生産JVの設立を、製品を第三者にも販売するという条件付で承認したと発表した。
2013年12月31日に申請を受け付け、独禁法に基づき審査してきた。
元記事へのリンク→http://blog.knak.jp/2014/07/jv-8.html
Read More

20 6月 2013

【ニュース】ホンダ、ハイブリッド車用ニッケル水素電池から抽出したレアアースをハイブリッド車用モーターへ再利用

本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)は、TDK株式会社(以下、TDK)、日本重化学工業株式会社(以下、日本重化学工業)と共同でハイブリッド車用ニッケル水素電池中のレアアースを再利用する取り組みを開始すると発表しました。
続きを読む→http://www.secondary-cell.com/news/news/ホンダ、ハイブリッド車用ニッケル水素電池から/
レアアース再利用の流れ.

19 2月 2013

ハイブリッド車向けだけじゃない:パナソニックが切り開く車載ニッケル水素電池の新市場 – @IT MONOist

ハイブリッド車(HEV)などに搭載される車載ニッケル水素電池で世界をリードするパナソニック。同社は、車載ニッケル水素電池の新たな用途を開拓すべく、急激に市場が拡大しているアイドルストップシステムをターゲットにした製品を開発した。

詳細はこちら→http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1302/18/news018.html

10 2月 2013

車載用ニッケル水素電池を活用した「12V エネルギー回生システム」を開発|パナソニックのプレスリリース

パナソニックグループ エナジー社は、車載用ニッケル水素電池を活用した、アイドリングストップ車向けの「12V エネルギー回生システム」を開発しました。開発したシステムは、減速時に発生するエネルギーを蓄電し再活用することで、車の電装品へのエネルギー供給能力を向上させます。加えて、駆動用のアシストモーターへの電力供給を実現することで、さらなる燃費向上に貢献します。また、ハイブリッド自動車(HEV)…

詳細はこちら→http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/02/jn130208-2/jn130208-2.html