12 2月

【コラム】電気自動車か燃料電池車か? トヨタの今と、これからをウォッチする | carview!

・トヨタは、1997年にRAV4をベースに、ニッケル水素電池を搭載したRAV4 EVの開発から始まり、2012年9月に超コンパクトカーの「iQ」をベースとしたEV、「eQ」を限定発売するなど、EV開発を進めてきた。
・こうしたEVの試行錯誤の経験を経て、トヨタはリチウムイオン・バッテリーの価格が今後も大幅に低減できる見通しが暗いこと、大量生産に不向きであることなどから次世代のクルマの主流にはふさわしくないと判断した。
・トヨタは、現状のリチウムイオン・バッテリーに否定的で、事業として成立しないという判断も関わらず、アメリカ、中国、そして近いうちにインドでもEVを製造する必要に迫られ、その結果、マツダ、スズキとの協業という選択肢が選ばれた。
・一方で、トヨタはFCV(燃料電池車)の開発も継続する。
・もともとFCVは日本政府のエネルギーミックス戦略の中で水素エネルギーを新エネルギーとして位置付けたことに端を発し、いわば国家プロジェクトとしてFCVの「ミライ」が開発された・・・
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190210-10382619-carview/

このようなどちらが市場を席巻するかのような議論は不毛である。ICE、EV、FCV、もしくはそれらのハイブリッドを比較すると、それぞれいいところ悪いところがある。技術進化によって各環境に合わせたパワートレーンを選択できるようになったと考えるべきではないだろうか。

<弊社では、電動車ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

12 2月

【コラム】トヨタ・パナソニック連合が狙う「次世代電池」覇権 : J-CASTニュース

・トヨタ自動車とパナソニックが2020年末までに車載用電池の新会社を共同で設立する。
・背景には、車載用電池の需要拡大と性能競争に対するトヨタの危機感がある。トヨタの電動車はハイブリッド車(HV)が中心でEVでは出遅れてきたが、2020年にはEVの販売を始める予定。
・量産化には、大規模な先行投資が必要だ。電池の競争力を高められなければ、大きな投資リスクを抱えることになる。電池覇権をめぐる国際競争に、日本を代表する2社の「日の丸連合」が打ち勝てるかに注目が集まる。
<元記事>https://www.j-cast.com/2019/02/10349714.html?p=all

トヨタに対して「EVでは出遅れてきた」という表現をよく目にするが、正しくないように思う。いつも、後ろから様子を伺いながら最適な攻め方をしてくる会社である。
既存のやり方でトヨタが危機感を持っているのは、電動化ではなく自動化ではないだろうか。また、それを取り巻くビジネス構造の変化。

<弊社では、電動車事業に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

11 2月

【コラム】津賀パナソニックの誤算と危機感 | トヨタ子会社に電池を移管 | 週刊東洋経済プラス

出典:https://premium.toyokeizai.net/

・トヨタとパナソニックの車載用電池事業での合弁会社設立ニュースについてのコラム。
・新合弁はパナの車載電池事業のうち、後述する米テスラ向け以外の事業を丸ごと移管。新会社にはトヨタとパナから合計約3500人が移籍するが、約3000人はパナの社員。工場も国内3拠点に加え、米フォードやホンダ向けのリチウム電池を生産している中国・大連の拠点が新会社に移る・・・
<元記事(有料記事)>https://premium.toyokeizai.net/articles/-/19929

<弊社では、電動車ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

トヨタは、電池供給において半導体のルネサスに当たるような会社があれば嬉しいのではないだろうか。
パナソニックの有利子負債を考えれば、似たような流れがでてもおかしくないかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

27 1月

【ニュース】トヨタ、ホンダ、パナソニック 共同でコバルト調達のための合弁会社設立か? – electrive.com

・トヨタ、ホンダ、パナソニックは、共同で電気自動車用バッテリーのコバルト調達を計画しているとされている。
・合弁会社は、約1年以内に設立されると予想されている。
・経済産業省は、コバルト鉱山を所有する国々との交渉を伴うことによってこれを支援する。
・日産、スズキ、マツダ、スバル、三菱も参加を検討するとみられる。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/01/23/japanese-alliance-for-procuring-cobalt-resources/

競争領域以外は連携していくのがリーズナブルであろう。海外では、リサイクルも踏まえ動きが加速している。各企業でも動いてはいるのでこの取り組みがなくとも不利な状況になることはないと思われるが、有利な環境ができる活動になっていくことを期待したい。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

24 1月

【ニュース】トヨタとパナ EV電池新会社を正式発表 低コスト・安定調達「最善の選択」 – SankeiBiz

・トヨタ自動車とパナソニックは22日、電気自動車(EV)向けなどの車載用電池を開発、生産する共同出資会社を2020年末までに設立すると正式発表した。
・大容量・高性能の車載電池を安定供給できる態勢を整え、需要拡大が見込まれるEVの競争力を強化する。
・他の自動車メーカーにも広く採用を呼びかけ、生産量を増やしてコストを低減。車載電池の分野で急成長する中国勢などに対抗する。
・新会社を共同で設立するのは、世界的な環境規制の強化で需要拡大が見込まれるEV市場の開拓に乗り遅れないため。
・トヨタはEV販売を今後、急速に増やす計画。その心臓部となる電池について、ノウハウを蓄積しながら低コストで安定的に調達できる仕組みづくりに主体的に関わる道を選んだ。
<元記事>https://www.sankeibiz.jp/business/news/190123/bsa1901230500003-n1.htm

トヨタが絡んだ場合強みはサプライヤーの使い方ではないだろうか。決算時によく使われる「原価改善の努力」である。
視点は異なるが、今後重要になるのは生産技術かもしれない。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 1月

【ニュース】EV電池で新会社=20年、中韓勢に対抗-トヨタ・パナソニック:時事ドットコム

・トヨタ自動車とパナソニックが2020年に共同で、電気自動車(EV)向けなど車載用電池で新会社を設立することが20日、分かった。
・出資比率はトヨタ51%、パナソニック49%となる見通し。
・自動車の電動化をめぐっては、中核技術の電池で中国や韓国といった海外メーカーが台頭。
・新会社設立により、コスト競争力の向上と次世代技術の開発強化を図る。週内にも発表する。
<元記事>https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012000233&g=eco

2年前の連携の発表が具体的な形で実行されることになった。日産含め日系の自動車メーカーは自ら製造に関わる方向で、欧米は連携や投資で対応している傾向である。これはガソリン車でも似たようなことが言える。各社の体質に合わせて得意な戦い方が決まってきたのであろう。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

12 1月

【ニュース】トヨタ、米メーカーと燃料電池大型トラックを共同開発 | 日経 xTECH(クロステック)

・トヨタ自動車の北米統括会社であるToyota Motor North Americaは2019年1月8日、米国の大型トラックメーカーのケンワース(Kenworth Truck Company)とゼロエミッション・トラックを共同開発すると発表した。
・Kenworthの「T680」10台にトヨタの水素燃料電池パワートレーンを搭載する。
・水素燃料電池は水素ガスと大気中の酸素を反応させて発電し、モーターを動かしつつLiイオン2次電池を充電する。
・水素燃料電池パワートレーンを搭載したT680の航続距離は、300マイル(約483km)以上となる。
<元記事>https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/03796/

最近、海外でトヨタがFCトラックの事業に積極的である。トラックや電車ではFCの良さを引き出せるところがある。
ところで、日野でなく地場の有力メーカーを選択した点は面白い。このような動きは2輪などでよく見られるが、今後4輪事業でも導入される事例は増えていくのではないだろうか。

<弊社では、自動車事業に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

30 12月

【ニュース】トヨタの中国向けEV、電池調達は中国製ではなくパナソニックから(ニュースイッチ)

・トヨタ自動車は2020年に中国で発売する電気自動車(EV)に、パナソニックのリチウムイオン電池を採用する方針を固めた。
・両社は17年12月から車載用角形電池事業で新たな協業の検討を進めている。
・すでにハイブリッド車(HV)用電池で提携関係にあるパナソニックからEV用電池の調達も開始し、EVの生産量が増加した段階で中国の電池メーカーなどからの調達も検討する見込み。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00010002-newswitch-ind


◯解説:
昨年の関係強化、トヨタからの資金注入の発表を考えるとその連携が順調だと推測できる。
電池が変わると莫大な開発工数と開発費が発生する。場合によっては工場投資にも影響してくる。確実に自社のEV生産に対する軸を設定して注力して、並行して将来のリクス回避案を検討・用意する方針は、多くの自動車メーカーが学ぶべきところかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

13 12月

【ニュース】トヨタの中国向けEV、電池調達はパナソニックから。CATLも虎視眈々

・トヨタ自動車は2020年に中国で発売する電気自動車(EV)に、パナソニックのリチウムイオン電池を採用する方針を固めた。
・両社は17年12月から車載用角形電池事業で新たな協業の検討を進めている。
・すでにハイブリッド車(HV)用電池で提携関係にあるパナソニックからEV用電池の調達も開始し、EVの生産量が増加した段階で中国の電池メーカーなどからの調達も検討する見込み。
<元記事>https://newswitch.jp/p/15627

<X’s EYE>
◯解説:
(会員様限定)